NEVER MIND THE SEX PISTOLS

SEX PISTOLSの有益な情報をお届けいたします。 パンクというロックのカテゴリーのバンドです。 ANARCHY!

≫ EDIT

ザ・プロフェッショナルズのNEW PV「Going Going Gone」が公開


Zipper1

ポール・クック率いるザ・プロフェッショナルズのNEW PV「Going Going Gone」が公開されました。

ザ・プロフェッショナルズのギター、トム・スペンサー/Tom Spencerは、多くのバンドを見てきたと語っています

「私は16歳の時にオデオンの会場で働いていたんだ。
Motörheadが演奏したとき、誰かが照明器具を盗んだ!
この曲(「Going Going Gone」)は、スティーブ・ジョーンズのボウイのジギースターダストの時の盗難と結びつけたんだ。
約1ヶ月の間に2つのアイコン(レミーとボウイ)を失ってしまったんだよ」


レミーキルスターは2015年12月28日、デヴィッド・ボウイは2016年1月10日に亡くなっています。

「Going Going Gone」はレミーキルスターとデヴィッド・ボウイをトリヴュートした曲です。

「これは私の大好きな曲の一つです。
なぜなら、非常に多くのコードチェンジ(かなり奇妙なもの)があって、しかもスティーブ・ジョーンズとビリー・ダフィーの素晴らしいソロがあるしね。
ドラムはかなり美味しいよね」
ポールクック
Paul-Cook.jpeg


この曲にはピストルズのギタリストのスティーヴ・ジョーンズとCultのギタリストのビリー・ダフィーが参加しています。

▼「Going Going Gone」


▼ピストルズは最高だけどそれ以外のバンドも探してみてください!DO IT YOURSELF!
にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村
関連記事

| Paul-Steve | 23:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ジョンライドンとアフリカバンバータ合体Time Zone World Destruction「バンバータはオレみたいだ、音楽を愛している」

World Destruction
Zipper1

タイム・ゾーンの「World Destruction」は、ジョン・ライドンと、ヒップホップ界の大御所アフリカ・バンバータ/Afrika Bambaataa、プロデューサーのビル・ラズウェルとのコラボ作品です。

タイムゾーン最初のシングルは1983年のエレクトロニックソング「The Wildstyle」。翌年のセカンドシングル「World Destruction」でジョンライドンと一緒にやってます。

「オレはビル・ラズウェルと話しあって、「本当に狂った人が必要だ」と言ったんだ。
彼はジョン・ライドンを思いついてね。
オレは彼がパーフェクトだと思ったんだ、彼の出演した映画「Cop killer」を観ていたからね。
セックスピストルズとパブリックイメージリミッテッドも知っていたよ。
オレたちは一緒になって、狂ったバージョンと、クイーンを罵倒したバージョンをやったんだ。
どっちらも決してリリースされなかったけどね」
アフリカ・バンバータ

Afrika Bambaataa / seekoh


「World Destruction」、「世界破壊」という曲にはジョンライドンは適任です。

このことについて1987年来日時インタビューではPILに専念していたせいかさらりとコメントしています。

(World Destructionについて)以前ニューヨークでやったセッションは、たまたまちょっと演っただけ。
今はなんにしてもこのPILってバンドが最優先で大切なバンドだよ。

John Lydon: Stories of Johnny: A Compendium of Thoughts on the Icon of an Era



ジョン・ライドンのWorld Destructionについて、もうちょっと突っ込んだインタヴューです。

「バンバータには惚れ込んだね。
あいつは「ズールーネーション」っていう組織を作ってブロンクスのギャング同士の抗争を止めさせたんだ。
みごとなものだった。
DJのは時に、パーラメントからクラフトワークまでかけてたけど、それが今やヒップポップの基本のビーツとして定着してる。
タイムゾーン/Time Zoneを一緒にやったのは、お互いすごく楽しかったし、なかなかない体験だった。
アメリカ出身の人間がああいう音楽の組み合わせを理解していたのはすごいことだーしかもとても興味深く純粋な形で。

1年後にランDMCがエアロスミスと一緒に曲を作って、案の定それがロックとヒップホップの融合という功績を全部かっさらったけどね」
RUN-DMC_Walk_This_Way.jpg
Aerosmith ft. Run DMC - Walk This Way ←音源
ジョンライドン


Run DMCがエアロスミスとやった「Walk This Way」は1984年4月発売されていますのでジョンライドンの言うとおりです。

ジョン・ライドンHipHopDXサイトにてバンバータについてコメントしています。
World Destruction [Analog]

「バンバータはオレみたいだ。
奴はすべての音楽を愛している。 DJだった時、奴はパーラメントオハイオ・プレイヤーズようなすごいファンクバンドとクラフトワークとの素晴らしいクロスオーバーを成し遂げた。
5 Classic Albums ファイヤー 人間解体
聞いてみると面白かったね。
観客は目をひんむいていただろうね。
オレはいつもそのダンスフロアの真ん中が楽しいんだ。
オレたちは一緒スタジオに入り、そこでビル・ラズウェルに会ったよ。
アルバムを制作した仲間だよ。
タイムゾーンを一緒にやり、本当にラップがキックアウトされたんだ。

afrika bambaataa / cássio abreu

ジョン・ライドン 
ソース:HipHopDX
誤訳あったらスミマセン


ジョンライドンは「ドラムビートをマシンに入れ、約4時間半ですべてをやった。とても速かった」とコメントしていて短時間で制作されたとのこと。

こちらは2018年時のインタビュー。収録時間は短かったものの、スタジオはジョン・ライドンにとってあまり居心地よくなかったようです。

「オレの快適ゾーンからは完全に外れていたな。 スタジオには見知らない奴らでいっぱいだった。
オレはここで自分自身がバカになるつもりだった、パーフェクトにね!」
「ラップはそれまで存在していなかったが、オレが好きだったジャマイカ人のトーストと関連づけたのさ。
ピストルズでWhoの曲をカバーしてたんで、オレは他人の歌詞を歌っても構わなかった。 難しかったのは、それが心を打つ音で、関連して...オレは、すべての言葉を悪用しすぎていたね」
ジョン・ライドン
ソース:theguardian



以前一緒にやる人間は性格が一番大事だといっていたジョンライドン。
とりあえずバンバータのことは人間的にも好きみたいです。

タイム・ゾーンの「World Destruction」は1984年12月1日にCelluloid Recordsによってリリース、1985年2月英国のシングルチャートで最高44位です。
World Destruction


▼Afrika Bambaataa & John Lydon - World Destruction



▼PISTOLSは最高だけどそれ以外のバンドも探してみてください!DO IT YOURSELF!
にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村
関連記事

| John Lydon PIL | 21:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ザ・ストゥージズ映画『ギミー・デンジャー』予告編ナレーション永瀬正敏

ギミー・デンジャー~ストーリー・オブ・ザ・ストゥージズ
Zipper1

セックスピストルズはストゥージズの「アイ・ワナ・ビー・ユア・ドッグ」をカバーしました。

「オレはザ・ストゥージズをアーリーパンクとして見たことなんかないね。
そいつはメディアの操作だ。
オレは彼らのことが大好きだったんだけど、いつもその長い髪の毛にぞっとしていたんだよ」
ジョンライドン・ジョニーロットン
Anger-johnlydon.jpg



そんなパンクにも影響をあたえたストゥージズの映画『ギミー・デンジャー』がジム・ジャームッシュ監督作品として完成。

もともとジムジャームッシュ監督自身がイギーポップの大ファンで自身の作品でジョニー・デップ主演の『デッドマン』や2003年の作品『コーヒー&シガレッツ』などにイギーを起用、出演しています。
デッドマン スペシャル・エディション [DVD] コーヒー&シガレッツ [DVD]


イギーはジャームッシュに「俺たちストゥージズの映画を撮って欲しい」とオファーしたことから始っています。

この映画はストゥージズのメンバーと本当に身近な関係者のみを取材して制作されています。

デヴィッド・ボウイとの出会いや再結成にも触れられているようです。

今回アップされた映画予告編では永瀬正敏さんがナレーションを担当。

「“ジム・ジャームッシュ×イギー・ポップ&ストゥージズ”その組合せを聞いただけでもワクワクしたが、観終わった今もその胸の高まりがおさまらない! 最高!!」
永瀬正敏
アクターズ・ファイル 永瀬正敏


永瀬さん2ndアルバム『Vending Machine』でイギー・ポップから曲提供されています。(このアルバムジョーストラマーも参加しています)
Vending-Machine.jpg

またジム・ジャームッシュ作品『ミステリー・トレイン』に出演していますし、次回作にも出演予定の絡みでのことみたいです。

この映画は史上最高のロックン・ロールバンドに宛てたラヴレターだ
ジム・ジャームッシュ監督



映画『ギミー・デンジャー』
監督:ジム・ジャームッシュ
出演:イギー・ポップ、ロン・アシュトン、スコット・アシュトン、ジェームズ・ウィリアムスン 他
2016年/アメリカ/英語/108分/アメリカンビスタ/カラー、モノクロ/5.1ch/原題: GIMME DANGER

カンヌと、北米ではトロント国際映画祭で上映されています。

全米では10月28日公開。
日本では9月2日より新宿シネマカリテほかで全国順次公開されることが決定していて、7月15日~8月18日にわたって開催される「カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション 2017」のクロージング作品として先行上映されることも決定しています。


追記

映画『ギミー・デンジャー』のBlu-ray&DVDリリース決定。

映画『ギミー・デンジャー』のブルーレイ&DVDが3月28日(水)に発売されます。

【早期購入特典あり】 ギミー・デンジャー (メーカー多売:B2ポスター) [Blu-ray]

また『ギミー・デンジャー』の発売に合わせて、2010 年 9 月に行われたストゥージズのアルバム「RAW POWER」全曲再現ライヴをおさめた『実演!淫力魔人/イギー&ザ・ストゥージズ』が初のブルーレイ化、DVD再発です。

ジム・ジャームッシュがキュレーターを務めた All Tomorrow’s Parties でのこのライヴが完全日本語字幕で登場です。

実演! 淫力魔人/イギー&ザ・ストゥージズ [Blu-ray]

▼映画『ギミー・デンジャー』予告編



▼PISTOLSは最高だけどそれ以外のバンドも探してみてください!DO IT YOURSELF!
にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村
関連記事

| NEWS | 22:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

PILポーランドのJarocin Festival、2018年7月15日出演決定!


Zipper1


ジョンライドン率いるパブリックイメージリミッテッドが2018年7月15日ポーランドのJarocin Festivalに出演決定しました。

今回Jarocin Festivalはジョンライドンに敬意を示し、映画館展覧会本や街のディスプレイもPILが取り入れられるそうです。

今年はPIL忙しくなってきました。
JarocinFestivalPIL.jpg

情報が入り次第追記します。

▼2017年のJarocin Festivalのニュース映像


▼PISTOLSは最高だけどそれ以外のバンドも探してみてください!DO IT YOURSELF!
にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村
関連記事

| NEWS | 21:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

セックスピストルズ1977年選出Kerrangの「1977年〜2017年のベスト・パンク・アルバム40」

ニムロッド
Zipper1

英国のロック雑誌Kerrang!が発表した「1977年〜2017年のベスト・パンク・アルバム 40」です。



1977年から2017年までの40年間を、その年それぞれ代表するパンク・アルバムを1タイトルずつ選んでいます。

1977年はセックス・ピストルズを選出しています。

1977年 セックス・ピストルズ/SEX PISTOLS - 勝手にしやがれ!!/NEVER MIND THE BOLLOCKS HERE’S THE SEX PISTOLS


1978年 エックス・レイ・スペックス/X-RAY SPEX - GERM FREE ADOLESCENTS


1979年 ザ・クラッシュ/THE CLASH - LONDON CALLING


1980年 ラモーンズ/RAMONES - エンド・オブ・ザ・センチュリー/END OF THE CENTURY




1981年 ブラックフラッグ/BLACK FLAG - ダメージド/DAMAGED


1982年 ディセンデンツ/DESCENDENTS - MILO GOES TO COLLEGE


1983年 マイナー・スレット/MINOR THREAT - OUT OF STEP


1984年 ミニットメンMINUTEMEN - DOUBLE NICKELS ON THE DIME


1985年 ザ・ポーグス/THE POGUES - ラム酒、愛 そして鞭の響き/RUM SODOMY & THE LASH


1986年 バッド・ブレインズ/BAD BRAINS - I AGAINST I




1987年 デッド・ケネディーズ/DEAD KENNEDYS - GIVE ME CONVENIENCE OR GIVE ME DEATH


1988年 バッド・レリジョン/BAD RELIGION - SUFFER


1989年 ノーミーンズノー/NOMEANSNO - WRONG


1990年 ポイズン・アイディア/POISON IDEA - FEEL THE DARKNESS


1991年 レザーフェイス/LEATHERFACE - MUSH


1992年 NOFX - WHITE TRASH, TWO HEEBS AND A BEAN




1993年 ビキニ・キル/BIKINI KILL - PUSSY WHIPPED


1994年 グリーン・デイ /GREEN DAY - DOOKIE




1995年 ランシド/RANCID - ・・・アンド・アウト・カム・ジ・ウルブス/…AND OUT COME THE WOLVES


1996年 プロパガンディ / PROPAGANDHI - LESS TALK MORE ROCK


1997年 グリーン・デイ /GREEN DAY -ニムロッド/ NIMROD


1998年 リフューズド/REFUSED - THE SHAPE OF PUNK TO COME


1999年 ミスフィッツ/MISFITS -フェイマス・モンスターズ/ FAMOUS MONSTERS


2000年 AFI - THE ART OF DROWNING


2001年 ラーズ・フレデリクセン・アンド・ザ・バスターズ/LARS FREDERIKSEN AND THE BASTARDS - LARS FREDERIKSEN AND THE BASTARDS


2002年 ザ・ディスティラーズ/THE DISTILLERS - シング・シング・デス・ハウス/SING SING DEATH HOUSE




2003年 ギブ・アップ・ザ・ゴースト /GIVE UP THE GHOST - BACKGROUND MUSIC


2004年 ライズ・アゲインスト/RISE AGAINST - サイレン・ソング・オブ・ザ・カウンター・カルチャー/SIREN SONG OF THE COUNTER CULTURE


2005年 モダン・ライフ・イズ・ウォー /MODERN LIFE IS WAR - ウィットネス/WITNESS


2006年 ギャロウズ/GALLOWS - ORCHESTRA OF WOLVES


2007年 ゴースト・オブ・ア・サウザント/THE GHOST OF A THOUSAND - THIS IS WHERE THE FIGHT BEGINS


2008年 ザ・ガスライト・アンセム/THE GASLIGHT ANTHEM - THE ‘59 SOUND




2009年 レザーマウス/ LEATHERMOUTH - XO


2010年 ホワイト・ラング/WHITE LUNG - IT’S THE EVIL


2011年 ロッティング・アウト/ROTTING OUT - STREET PROWL


2012年 OBLITERATIONS - POISON EVERYTHING


2013年 オフウィズゼアヘッズ /OFF WITH THEIR HEADS - HOME


2014年 アゲインスト・ミー!AGAINST ME! - TRANSGENDER DISPHORIA BLUES


2015年 G.L.O.S.S.- GIRLS LIVING OUTSIDE SOCIETY’S SHIT
gloss.jpg

2016年 ジ・インタラプターズ/THE INTERRUPTERS - セイ・イット・アウト・ラウド/SAY IT OUT LOUD


2017年 BAD COP / BAD COP - WARRIORS




ピストルズをスタートとしたパンクですが、こうやってパンクを流れとして眺めると2作品も入っているグリーン・デイは重要なポイントです。

ソース:kerrang

▼PISTOLSは最高だけどそれ以外のバンドも探してみてください!DO IT YOURSELF!
にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村
関連記事

| RANKINGS | 21:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

映画【SAD VACATION ラストデイズ・オブ・シド&ナンシー】日本版予告「シドがナンシーを殺せるわけないと思ってた」

sad-vacation.jpgZipper1
▲映画「SAD VACATION ラストデイズ・オブ・シド&ナンシー」ツイッターより転載

映画『SAD VACATION ラストデイズ・オブ・シド&ナンシー』の日本版予告編が公開されたました。

『SAD VACATION ラストデイズ・オブ・シド&ナンシー』は、1979年に死去したSex Pistolsのベーシスト、シド・ヴィシャスと、前年に遺体で発見された恋人のナンシー・スパンゲンの破滅的で激しい恋愛模様をクローズアップしたドキュメンタリー作品。

死の直前まで2人と親交を持っていた友人らの証言や、写真などの資料を通して、当時の様子を探る内容となっています。

マルコム・マクラーレンをはじめ、ピストルズ加入を勧められたシルヴェイン・シルヴェイン(New York Dolls)、リー・ブラック・チルダース、スティンカー(ピュアヘル)、シンシア・ロス(ザ・ビーガールズ)、ピストルズカメラマン・ボブ・グルーエンらが出演。

監督はザ・クラッシュのドキュメンタリー『ザ・ライズ&フォールズ・オブ・クラッシュ』や『Looking for Johnny ジョニー・サンダースの軌跡』を手掛けたスペイン人のダニー・ガルシア。

▼予告編のコメント

「シドは愛嬌もユーモアのあるやつで、賢い悪ガキって感じだった」
「シドから離れないナンシーの誘拐も試みたよ」
ピストルズのローディー、スティーヴ・コノリー


「ヘロインはもちろんメタドンやらツイナールまで手に入るドラックなら何でもやっていた」
ハウイーピロ


「ナンシーは麻薬中毒のグルーピー」
ロベルタベイリー


「シドがナンシーを殺せるわけないと思ってた」
ボブ・グルーエン


「仲間で吸っちまえと-結局シドの遺灰を吸ったのは俺だけだった」
ハウイー・ピロ(D Generation)



12月17日から東京・新宿K’s cinema、渋谷ユーロスペースほかにて順次公開。

映画『SAD VACATION ラストデイズ・オブ・シド&ナンシー』
公開日:2016年12月17日(土)
監督:ダニー・ガルシア
脚本:ダニー・ガルシア、ブレット・ダンフォード
プロデューサー:ダニー・ガルシア、シザー・メンデス、ヴァネッサ・ダメリオ
編集:シザー・メンデス
出演:シド・ヴィシャス(Sex Pistols)、ナンシー・スパンゲン、シルヴェイン・シルヴェイン(New York Dolls)、リー・ブラック・チルダース、ボブ・グルーエン(写真家)、マルコム・マクラーレンほか
2016 Chip Baker Films
2016年/スペイン/英語/94分

映画『SAD VACATION ラストデイズ・オブ・シド&ナンシー』公式サイト



追記 DVD発売決定  2018年3月20日 発売
『SAD VACATION ラストデイズ・オブ・シド&ナンシー』
品番:VPBU-15725(JAN:4988021157254) 価格:3,800円+税

ディスク:本編ディスク1枚
収録時間:本編94分+映像特典26分
仕様:片面2層/モノクロ,COLOR/16:9 ビスタサイズ/ドルビーデジタルステレオ/音声1:英語/日本語字幕

【映像特典(予定)】
・The Heartbreakers『TAKE A CHANCE』オリジナルMV
・未公開インタビュー集
・海外ティザー
・日本版劇場予告

【封入特典(予定)】
・オリジナルブックレット(掲載内容 ライナーノーツ:大鷹俊一/インタビュー全編:水上はるこ)
・特製アウターケース

▼Amazon.co.jp限定は缶バッジの特典付きです。

【Amazon.co.jp限定】SAD VACATION ラストデイズ・オブ・シド&ナンシー (非売品プレス+缶バッジ3個セット付) [DVD]




▼映画『SAD VACATION』は最高だけどそれ以外のバンドも探してみてください!DO IT YOURSELF!
にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村
関連記事

| NEWS | 19:39 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT