NEVER MIND THE SEX PISTOLS

SEX PISTOLSの有益な情報をお届けいたします。 パンクというロックのカテゴリーのバンドです。 ANARCHY!

≫ EDIT

ジョンライドンの嫌いなものインターネット「でもNewsNowサイトが非常に好きだね」

CNN through the worldCNN through the world / AlejandraPT
Zipper1

ジョンライドンの嫌いなもの「インターネット」です。以前「若者が信じられないほど馬鹿になった」のはインターネットのせいだとコメントしていますが、今回は「インターネット」でもさらに細分化されています。

ジョン・ライドンはFacebookやCNNは偽モンでNewsNowサイトは情報の世界を完全に担っているように感じるので好きだそうです。

PiL / p_a_h



「インターネットは本当にゴシップや気まぐれに過ぎなくなってしまって、信じられないほど不満足だね。
オレはそれが機能不全を感じる人々につながる傾向があると思うな。
彼らは社会的スキルが不足していて会話中の人々の相互作用はなくなっている。 単に入力しているだけだ。
幻想を嘘をついて改革しようとする傾向は圧倒的だね。
真実とは何かを制御ければならない。
オレは、真実または可能な限りそれに近いものを読むのがが好きだ。 ちょっとばかげた、孤独なおばあさんの狭い見方だけじゃないんだよ。
Facebookに行ってみると、みんな意見を扱っていることを知っているだろ。
そしてみんな自分の不十分さを補うために自分自身の偽のイメージを提示しているとおもうね。

facebook / Sole Treadmill


そいつはオレにとって楽しいものではない。
それは偽モンなんで興味深いものを探求していない。
誰もが偽造することができてしまう。
特にCNNだな。やつらはスゴイね。

CNN Center / red, white, and black eyes forever


CNNはただ少しの映像があるだけで十分な情報がない。
明らかに、視聴者は多大なスキルを持っていなければならないんだ。
物語のすべてのつながりに入っていなければいけない。
そこのどこで実際に何が起こったか。
だからオレはどこに行ったとしても、 読んだり吸収したりできるような会話があるんで、より大きな全体の絵を理解することができるんだよ。
オレは、地域、時間、日付、名前、関係者を知る必要があるのさ。
オレはそれから意見を出したい。
オレが意見を求めるんだったら、本だな。
でもオレが好きなインターネットの部分もある。
オレはNewsNowサイトが非常に好きだね。
オレはこのサイトが目の前にあるときに、情報の世界を完全に担っているんだよ」
ジョン・ライドン
John-lydon-smoking.jpg
ソース:esquire


▼こちらがNewsNowサイト(画像リンクしています)
NewsNow.jpg

トップは写真は一切なく文字だけで整然と情報が並べられています。

こちらのサイトにいけば情報の世界を担っているように感じているジョンライドンの気持ちに浸れますよ

internet tunnel / kin.lane


いつもながら誤訳あったらスミマセン。

▼ピストルズは最高だけどそれ以外のバンドも探してみてください!DO IT YOURSELF!
にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村

| Interview | 21:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ロンドン・タイムズ表紙を飾ったX JAPAN、YOSHIKI「パンクロックも好きだったので、セックスピストルズにも憧れました」

アームチェア・シアター(紙ジャケット仕様)
Zipper1

X JAPAN、『ロンドン・タイムズ』で“世界一不幸なバンド”と紹介されました。

10月13日付け(英国時間)の英紙ロンドン・タイムズ/The Timesの表紙面に登場しました。
イギリスで1788年に創刊された世界最古の新聞媒体と言われている同紙で、日本のバンドが表紙に登場するのは創刊以来初めてです。(ニューヨーク・タイムズとは別紙)

XJapantimes.jpg
▲ロンドン・タイムズ「The world’s unluckiest band: the bizarre story of X Japan」「世界一不幸なバンド:X JAPANの奇妙な物語」と題された記事。

『不幸なバンド』として紹介されていて意外に思うかもしれませんがかなり掘り下げた内容の記事になっています。

「この人生は単なる夢だと感じています。子供のじぶん、私は重度の喘息を患っていたので、半分は入院していました。 母は私に大人になるまで生きないと言われたんです。 私は人生が嫌いです。 音楽だけが私を助けてくれたんです。


ロンドンタイムズの記事はYOSHIKIが4歳でピアノを弾き始め、11歳のときに父親の自殺、ロックスターになると決めた幼少期から始まります。

X-JAPAN / Julio Fugimoto


YOSHIKIは喘息の他に、人工椎間板、腱炎および手根管症候群などを告白。

インディーズレコードレーベルを設立 、メジャー・デビュー人気を不動のものに。

その後後拠点をロサンゼルスに移し海外進出へ。「彼は音符を書けたが、英語の発音ができず、それが彼の自信を損なった」とToshiの話と解散

X Japan / swimfinfan


Toshiの「ホームオブハート」に参加し洗脳の部分にも触れています。

またギタリストHideがアパートのドアノブに縛られたタオルでの自殺も取り上げています。 Hideの死後一週間以内に三十代の女性のと十代のファンが後追い自殺。

さらにベーシスト、TAIJIは1992年ギャラのアップ要求(記事内では金銭的な問題)などで解雇され、2011年東京からサイパンへ飛行機で逮捕され翌日、サイパンの刑務所で自殺。

「彼は完全に変わった彼はケンカで歯がなく、彼はストリートに住んでいてアルコール依存症だった。 私は彼にいくらかのお金を渡して歯を入れるように言ったんです」



X-JAPAN / Julio Fugimoto


こうして書き並べてみるとたしかに「世界一不幸なバンド」かもしれません。

が、「世界一なりたいバンド」の1つなのも事実です。

「X Japanがアメリカやイングランドで生まれて、英語で歌ったとすると、世界で最大のバンドかもしれないな」とKISSのジーン・シモンズの言葉を引用しつつ「X Japanを世界的な現象に変える計画はそれほど遠いものではないようだ。」と記事は締めくくっています。

記事にもKISSなどYOSHIKIの好きなバンドが登場しますがピストルズについて語っているvogueのインタヴューを引用します。

「(ロックについて)若い頃は特に大好きでしたね。
バンドでいうと、キッス、デヴィット・ボウイはもちろんのこと、ジャパンというイギリスのバンドもありましたよね。
パンクロックも好きだったので、セックス・ピストルズにも憧れました。
若い頃はよくロックスターたちの真似もしました。
14歳くらいから、髪の毛を赤や青に染めたりするようになって。でも校則の厳しい学校に通っていたので丸刈りにする羽目になったりして」
YOSHIKI X JAPAN
引用:vogue



X Japan / Jase The Bass


無敵バンド. Anarchy in the U.K 映像はこちら
豪華なメンツですVOWWOWの映像でも「みんな無名だった、だけど…無敵だった」と決め台詞のコメント。

▼"WE ARE X" NOW AVAILABLE ON​​ ITUNES, AMAZON AND BLU-RAY​ in US​!


▼ピストルズは最高だけどそれ以外のバンドも探してみてください!DO IT YOURSELF!
にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村

| NEVER MIND WIKI | 20:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「キャンプ・フレディ」スティーヴ・ジョーンズもゲスト参加のオールスターカバーバンド

DSCN1406DSCN1406 / tom91381
Zipper1

1969年の映画The Italian Jobのキャラクターに由来するバンド名を持つオールスターバンド、キャンプ・フレディ/Camp Freddy。

結成のきっかけは「ロックンロールを楽しむために友人たちが単に一緒に音楽を演奏する」とデイヴ・ナヴァロとビリー・モリソンがロサンゼルスを拠点に活動しているミュージシャンに声を掛け結成されたユニット。その為演奏曲全てカヴァー曲。

「バンドではないかもしれないが、ジャム・セッション以上のものではある。
キャンプ・フレディは、ハリウッドにおける自然の変種である『時折のハプニング』なんだよ」
ビリー・モリソン

Aspen Bud Light Spring Jam concert - Billy Morrison gets down / richpalpine


バンドのコアメンバー

マット・ソーラム/Matt Sorum(ドラム)Guns n Roses、Velvet Revolver
デイヴ・ナヴァロ/Dave Navarro(ギター)Jane's addiction・元Red Hot Chili Peppers
ビリー・モリソン/Billy Morrison(ギター)The Cult
Donovan Leitch、Jr.(ボーカル) 俳優
Chris Chaney(ベースギター)The Living End、Jane's addiction


DSCN1376 / tom91381


実際のライヴでは様々なゲストミュージシャンが参加していて、ピストルズのスティーヴ・ジョーンズも参加しています。

スティーヴキャンプ・フレディ参加したアーティストは、ガンズのスラッシュ、イジー、ダフ、エアロのスティーヴン・タイラーにビリー・アイドル、スコット・ウェイランド、トム・モレロ等豪華なメンバーです。

キャンプ・フレディはL.A.のIndie 103.1 FMで毎週ラジオ番組を持っていたようです。

バンドは映画にチープトリックのカバー「サレンダー」を提供したりしてますがアルバムは発売していません。


「何年も何度も話してきたけど、アルバムはオレたちを変換できない。
オレたちはライブバンドなんで、ステージで楽しみ、一緒に起きることは誰でも知っている。
すでに録音された曲を持ってスタジオに入っても、エネルギーと自発性を再現することは難しいんで、好きじゃないんだ」
デイヴ・ナヴァロ

Dave Navarro of Jane's Addiction / Just|n W|se



DSCN1415 / tom91381


▼Camp Freddy, featuring Sex Pistols Steve Jones & Paul Cook

▼レミー参加Camp Freddy: Lemmy Kilmister & Steve Jones - Something Else

▼Camp Freddy Holidays In The Sun 12-23-08 @ The Roxy

▼PIL cover "Public Image"スティーヴは参加していません


関連記事:Ducati All Stars スティーヴ・ジョーンズバイクサークルバンド?

▼ピストルズは最高だけどそれ以外のバンドも探してみてください!DO IT YOURSELF!
にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村

| Paul-Steve | 21:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ジョンライドン参加疑惑?Doc Tahri 「Einstein was a Bullfighter」

Einstein Was a Bullfighte
Zipper1

Doc Tahriの1997年のアルバム「Einstein Was a Bullfighter」。

Doc TahriのメンバーはBret Haskell Helm,、Ivan Dragotin Grguric、ジェニファー・バトゥン/Jennifer Batten

Doc-Tahri.jpg

ジョン・ライドンがBrett Helm(PILベーシスト1984-85) と共に、このアルバムに参加しているという噂があります。

アルバムのオープニング曲「Arrest This」のバッキングヴォーカルに「Logan」という名前がクレジットされいてこの「Logan」がジョンライドンの変名とされていました。

このアルバムは、Doc Tahriの10周年記念ということもありPIL元メンバーも含むゲストが多数参加していてさらに参加の信憑性を増していました。

しかし、ジョン・ライドンはその後このアルバムへの関与を完全に否定しています。

John Lydon - Sex Pistols Live 2008 / Edvill


謎のバックヴォーカリスト「Logan」は同じThumpasaurasレーベルの歌手だったことが判明。

ジョンライドン参加疑惑の噂は、バンドのプレスリリースで彼が出演すると報告したことから始まったとのこと。

Brett Helmの参加の他に、元PiLのギタリストMark Schulz(1984-85)もこのアルバムに参加しています。2人ともPIL「アルバム」に伴いPILを解雇されています。

今回は残念ながらジョン・ライドン全く関与していませんでした。

Einstein Was a Bullfighter

Doc Tahri「Einstein Was a Bullfighter」
1. Arrest This
2. Dirt Cheap
3. Desperate Moments
4. Birth Of A Concept
5. Life's Litte Questionnaire
6. Brain Dead Endorsee
7. Coffee Saved My Marriage
8. There Was A Time
9. Sex Attack Revisited
10. Watch Your Step
11. No Te Preocupas
1997年発売

Ziua Chitarelor 3 / oldschoolrocker


▼ピストルズは最高だけどそれ以外のバンドも探してみてください!DO IT YOURSELF!
にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村

| NEVER MIND WIKI | 21:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

SOME GIRLS・PILカバー「Religion II」2nd[Heaven's Pregnant Teens]収録

Heaven's Pregnant Teens
Zipper1

カリフォルニア州 サンディエゴのハードコア・バンド、サム・ガールズ/SOME GIRLS。

メンバーはウェスレイ・アイソルド、 ジャスティン・ピアソン、 ロッキー・クレーン

サム・ガールズの「All My Friends Are Going Death」に続くセカンド・アルバム「Heaven's Pregnant Teens」です。

全13曲にプラス「WARM MILK」の映像を収録したCD-Extra仕様になっています。

このアルバムにPILのカバー「Religion II」が収録されています。 オリジナルとだいぶ違っています。

SOME GIRLS
[Heaven's Pregnant Teens]


1. 美しきルーンBeautiful Rune
2. ホット・ピス Hot Piss
3. ウェブにはまって死亡/Dead In A Web
4. 温かいミルク/Warm Milk
5. 高望みするもんじゃない/You'll Be Happier With Lower Standards
6. 元尼さんと死犬 Ex Nuns / Dead Dogs
7. 妊娠した未成年/Totally Pregnant Teens
8. ボーン・メタル/ Bone Metal
9. 結婚は死体安置所で/Marry Mortuary
10. レリジョン II /Religion II
11. 骸骨の昔の彼女達/ Skull's Old Girlfriends
12. 羽のある愚か者 /Retard And Feathered
13. 死顔/Deathface
14. (エンハンスド)ビデオ「WARM MILK」
レーベル:Epitaph
EICP-594
2006年発売

▼「美しきルーン」「Religion II」は残念ながらブロックされています。

▼こちらはオリジナルPIL「Religion II」


▼ピストルズは最高だけどそれ以外のバンドも探してみてください!DO IT YOURSELF!
にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村

| NEVER MIND WIKI | 22:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT