FC2ブログ

NEVER MIND THE SEX PISTOLS

SEX PISTOLSの有益な情報をお届けいたします。 パンクというロックのカテゴリーのバンドです。 ANARCHY!

≫ EDIT

ジョン・ライドンが大好きなVan Der Graaf Generator

The Aerosol Grey Machine: 50th Anniversary Edition (Remastered) (2CD+LP+7
Zipper1

以前にも紹介したstuffサイトでのインタヴュー。

「バンドの主な演奏曲は、私が影響を受けた60年代のものだった。
私はThe Kinks、The Who、Small Faces、The Yardbirdsを流す海賊ラジオ局で育った。
スティーヴジョーンズもその曲を気に入っていたが、ポール(クック)はレゲエが好きで、ジョン(ライドン)は bloodyのVan Der Graaf Generatorのレコードをかけたんだ!
それはセックスピストルズのサウンドの中にあるんだよ」
グレンマトロック
ソース:stuff.



▼こちらがジョンライドンが大好きなヴァン・ダー・グラフ・ジェネレーターの『Every Bloody Emperor』


ヴァン・ダー・グラフ・ジェネレーターは1967年にピーター・ハミル、クリス・ジャッジ・スミスにより結成イギリスのプログレッシブ・ロックバンド。

ヴァン・ダー・グラフ・ジェネレーター 1967年ピーター・ハミル、クリス・ジャッジ・スミスにより結成されています。
Van der Graaf generator. Discesa nel Maelstroem progressivo

グループ名はオランダの静電気型発電機の発明者の名前からとられています。

この後にニック・パーン、マギーが加入するも1968年に脱退しピーター・ハミル、クリス・ジャッジ・スミス2人だけとなります。

その後 ヒュー・バントン、キース・エリス、ガイ・エヴァンス加入するもヴォーカル争いでクリス・ジャッジ・スミスが脱退してしまいます。解散。

ピーター・ハミルは契約の関係から元メンバーを集めて「エアロゾル・グレイ・マシーン(The Aerosol Grey Machine)」(68年)録音。その後再結成。この後何度かの再結成。解散を繰り返し現在も活動中です。

重たいプログレです。

▼The Aerosol Grey Machine


▼PISTOLSは最高だけどそれ以外のバンドも探してみてください!DO IT YOURSELF!
にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村

関連記事

| NEVER MIND WIKI | 23:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ジョンライドンNY Q&Aトークショー、ジリアン・マケインのインタビュー



Zipper1

ジョンライドンは4月15日ニューヨークのMuseum of Arts and Designにて、Q&A形式のトークショーに出演します。

インタビュアーはジリアン・マケインGillian McCain。

■John Lydon New York Q&A MAD
2019年4月15日 - 2:00 pm
料金:$30 general / $20 students / $10 members

こちらはジリアン・マケインの著書。
Please kill me

Too Fast to Live, Too Young to Die Punk Graphics, 1976–1986

追記

2019年4月15日当日の動画がアップされました。

▼John Lydon Q and A at MAD 2019年4月15日


▼ピストルズは最高だけどそれ以外のバンドも探してみてください!DO IT YOURSELF!
にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村
関連記事

| NEWS | 20:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ザ・ホットラッツ/The Hotrats ピストルズカバー「E.M.I.」

Turn Ons
Zipper1

スーパーグラスのギャズ・クームスとダニー・ゴフィー のカバーバンドとして結成されたザ・ホットラッツ/The Hotrats。

Picture 019 / Julio Enriquez


ここにプロデューサーのナイジェル・ゴッドリッチがレコーディングのみ参加しています。

バンド名はフランク・ザッパのアルバム『ホット・ラッツ』から名付けています。
ホット・ラッツ


ザ・ホットラッツ、セックスピストルズのカバー『E.M.I.』です。

この曲は2009年発表したアルバム『ターン・オンズTurn Ons』に収録されています。

ザ・ホットラッツはアメリカのTV番組でスティーヴ・ジョーンズと共演しこの曲を演奏したようです。

THe Hot Rats / p_a_h


▼The Hot Rats - EMI

▼The Hot Rats - EMIライブ


▼PISTOLSは最高だけどそれ以外のバンドも探してみてください!DO IT YOURSELF!
にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村
関連記事

| Cover | 23:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

スティーヴジョーンズ出演「The Therapist」全映像がアップ

TheTherapist-VICELAND.jpg
Zipper1

スティーヴジョーンズが出演「The Therapist」全映像がアップされました。

番組のホストSiri Sat Nam Singh医師相手にスティーヴジョーンズが告白しています。

スティーブ・ジョーンズ10歳の時から義父に性的虐待を受けていたと自伝で告白しています。

そのトラウマでセックス中毒者になり、愛情のある人間関係を維持できなくなったそうで現在もピストルズのメンバーでも唯一独身です。

ピストルズの解散後ドラッグ中毒にもなっています。

スティーブ・ジョーンズ出演した「The Therapist」全映像はこちら↓


にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村
関連記事

| Steve Jones | 23:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

スティーヴジョーンズのソロアルバム2作品リマスターで再発「Fire & Gasoline」「Mercy」

Fire & GasolineMercyFire & GasolineMercyMercyFire & GasolineMercyFire & GasolineFire & GasolineMercyFire & GasolineMercy
MercyFire & GasolineMercyFire & GasolineZipper1

スティーヴジョーンズのソロアルバム2作品がリマスターされ2019年1月18日海外にて再発されます。

リマスターのアルバムは「MERCY 」(1987) と 「FIRE & GASOLINE」 (1989)。

Mercy  Fire & Gasoline

ドラッグから抜け出したスティーヴジョーンズがパンクとは違う場所で戦っています。

気になるのは過去の作品がリマスター再発されるということは噂されるニューアルバムの発売が近いんでしょうか?

▼スティーヴジョーンズ 「MERCY」

▼スティーヴジョーンズ「FIRE & GASOLINE」


追記
ヘヴィメタル・ハードロックレヴューサイト「The Mighty Decibel」にて1989年ベストアルバムトップ10でスティーヴジョーンズ「FIRE & GASOLINE」が7位に選出されています。

10位. EXCEL - The Joke's On You
Joke's on You

9位. SEPULTURA - Beneath The Remains
Beneath The Remains -Remaster-

8位. ACID REIGN - The Fear
Fear/Humanoia

7位. STEVE JONES - Fire & Gasoline
Fire & Gasoline

6位. OBITUARY - Slowly We Rot
Slowly We Rot -Digi-

5位. VENOM - Prime Evil
Prime Evil

4位. TERRORIZER - World Downfall
World Downfall (CD Digipack Fdr Audio)

3位. CRO-MAGS - Best Wishes
Best Wishes

2位. KREATOR - Extreme Aggression
Extreme Aggression

1位. SODOM - Agent Orange
Agent Orange

引用:The Mighty Decibel

▼PISTOLSは最高だけどそれ以外のバンドも探してみてください!DO IT YOURSELF!
にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村
 
関連記事

| NEWS | 19:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ダムドのヴォーカルにシドヴィシャス?「オレはシドが大好きだった」とキャプテン・センシブル

My WayMy WayMy WayMy WayMy WayMy WayMy WayMy WayMy WayMy WayMy Way地獄に堕ちた野郎どもZipper1

シド・ヴィシャスは、ジョニー・ロットンがピストルズ・オーディションを受ける前に加入(この時点ではバンド名はスワンカーズ)を誘われています。

ヴィヴィアン・ウエストウッドがシドにぞっこんでスキンヘッズのシドがバンドイメージにピッタリだったようです。

残念ながらオーディションによばれた当日シドはポートベロ・ロードの露店で働く予定だったため参加できませんでした。

Portobello Road Market 1977 - 02 / Billy Black and White (Mostly)


その後フラワーオブロマンス、スージー・アンド・ザ・バンシーズとピストルズ加入するまで渡り歩いています。

またシドはデイヴ・ヴァニアン加入前にシンガーとしてダムドにも誘われています。


「オレはシドが大好きだった。
奴はフロントマンはオモシロいんじゃないかと思ってたけど、俺たちはその銃弾を避けたんだ。
オレははいつもヴィシャスとは皮肉だなと思っていた、奴はタフガイだったが少しやせこけていなかった?
デイヴ・ヴァニアンは、 驚異的な声の持ち主で本当に驚異的なシンガーだが・・・・ ブタ だな」
キャプテン・センシブル ダムド
Power of Love



Captain Sensible and the Damned / deargdoom57


ダムドのヴォーカルにシドヴィシャスはイメージわきません。



▼PISTOLSは最高だけどそれ以外のバンドも探してみてください!DO IT YOURSELF!
にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村
関連記事

| Sid Vicious | 22:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT