NEVER MIND THE SEX PISTOLS

SEX PISTOLSの有益な情報をお届けいたします。 パンクというロックのカテゴリーのバンドです。 ANARCHY!

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ポールクックの娘ホリークックのゴッドファーザーはボーイジョージ「私たちは音楽で繋がっている」

Greatest HitsZipper1

セックス・ピストルズのドラマー、ポール・クックと、カルチャー・クラブのバック・ヴォーカルとして活動したジェニを両親に持つレゲエ/UKラヴァーズ・シンガー、ホリー・クック/Hollie Cook 。

DSC_5270 hollie cook / roger_art des choix


しかもゴッドファーザー(名付け親)はボーイ・ジョージ。
ホリーの母ジェニがカルチャー・クラブで活動していたことからジョージが彼女の後見人に選ばれてます。

しかし、彼女が誕生したのが1987年。

カルチャー・クラブは1983年シングル「カーマは気まぐれ」をリリースし、全英と全米で1位、2nd アルバム『カラー・バイ・ナンバーズ』は日本のオリコンでも1位になっていて80年代を代表するバンドでした。

しかし1986年ごろから数々のトラブルに見舞われて人気も下降しています。
キッシング・トゥ・ビー・クレヴァー カラー・バイ・ナンバーズ+5 Waking Up With the House From Luxury To Heartache グレイテスト・モーメンツ~ザ・ベスト・オブ・ボーイ・ジョージ&カルチャー・クラブ

▼こちらはボーイジョージトラブル年表です。

1986年にボーイ・ジョージがドラッグの不法所持で逮捕、カルチャー・クラブは活動休止。

1987年ボーイ・ジョージ、ソロ・アルバム「Sold」をリリース。
     医者から3ヶ月以内に薬物を断たないと死ぬと宣告され薬物中毒を克服。

1998年にカルチャー・クラブとして活動を再開するも翌年活動を休止。

2005年「泥棒に入られた」と泥酔状態で通報し偽証罪と違法薬物の所持で逮捕。

BOY GEORGE & COBY KOEHL GIVING US THE FINGER / coby koehl


2007年ゲイ専門の出会い系サイトを通じて知り合ったノルウェー人男性を自宅に手錠を使って監禁し、鎖で殴打したとしてして、逮捕。被害者のヌード写真を所持。

2008年監禁事件で本国イギリスで起訴中のためツアーでアメリカ入国を拒否される。

2009年監禁事件で禁固15ヶ月の実刑判決(勤勉な態度のため4か月で出所)。

Boy George / Eva Rinaldi Celebrity and Live Music Photographer


2014年カルチャー・クラブ活動を再開。UKツアーとUSAツアーも行ってます。
     18年ぶりのソロ完全オリジナル新作『ディス・イズ・ホワット・アイ・ドゥ』発表。復活

このように1986年から薬物中毒によるトラブル続きの時期で、ホリーと過ごす時間はなかったそうです。

Hollie Cook at Glastonbury / sachab

「彼が誰だか、カルチャー・クラブのことも知ってたわ。
だから(彼がゴッドファーザーで)クールだって思ってた。
でも、子供のときは親しくなかった。
私が音楽の道を進み始めてから、彼は支援して助けてくれているの。
(絆は)いまのほうが強い。
私が子供のころ、彼はそばにいなかった。
彼が薬物と闘っていたことはよく知られているけど、最近の彼はクリーンで健康的よ。
私たちは音楽で繋がっているの」
ホリー・クック『BANG Showbiz』


HOLLIE COOK TWICE [輸入盤CD] [MRBCD112] HOLLIE COOK IN DUB Shuffle Them Shoes feat Hollie Cook [輸入アナログ盤 / 7インチ] (TRU7334)_371 [Analog]

▼Hollie Cook 「 Ari Up 」48歳で急逝したアリ・アップに捧げたナンバー。Prince Fattyプロデュース。ホリー・クックは再結成後のザ・スリッツに参加してました。


ソース:barks

関連記事:ポール・クックの娘ホリー・クック米ラジオ局KEXPにてスタジオ・セッションを披露
関連記事:速報!ポール・ウェラーとボーイ・ジョージが何かやってます
関連記事:ボーイ・ジョージ復活記念!ジェイミー・リードデザインジャケット
関連記事:ボーイ・ジョージ「Sold」マルコム・マクラーレンとの関係

▼PISTOLSは最高だけどそれ以外のバンドも探してみてください!DO IT YOURSELF!
にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村

| Paul Cook | 21:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ポールクック参加のシャークス 新曲「One Last Thrill」のミュージックビデオを公開

Like a Black Van Parked on a DZipper1

フリーを脱退したアンディ・フレイザーとピストルズをプロデュースしたこともあるクリス・スペディング/Chris Speddingらが70年代に組んだブリティッシュ・ロック・バンドのシャークス(Sharks)。

新たにポールクックがドラムスで参加し再結成した新生シャークスが新曲「One Last Thrill」のミュージックビデオを公開しています。

この曲は9月30日発売予定の新アルバム『Killers of the Deep』に収録される予定です。

スタジオ・アルバムの発表は、90年代の再結成時に発表した1995年リリースの『Like a Black Van Parked on a Dark Curve』以来、21年ぶり。


Sharks - One Last Thrill from Floodwater Films on Vimeo.



2015年3月に亡くなっているアンディ・フレイザーは当たり前ですが今回のシャークスには不参加です。

英国音楽/VINYL JAPAN presents
【 SHARKS 】( feat CHRIS SPEDDING & PAUL COOK ) 

●2017年01月14日 (sat) 下北沢 GARDEN
Ticket in advance 7,800yen (inc VAT)
plus one drink charge at door of the venue

More informations at
英国音楽/VINYL JAPAN:03-3365-0910

ソース:amass

関連記事:ポール・クック、シャークスのメンバーとして 来日公演2017年1月決定
関連記事:
海賊盤 And We Don’t Care クリス・スペディング デモ
関連記事:シャークスがロンドンのキングスクロスステーションにて路上パフォーマンス!

▼PISTOLSは最高だけどそれ以外のバンドも探してみてください!DO IT YOURSELF!
にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村

| Paul Cook | 22:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ポールクック参加曲も「オレンジ・ジュース&エドウィン・コリンズのベスト・ソング TOP10」

Lovesick/Blue BoyZipper1

先日誕生日を迎えたポールクック。エドウィン・コリンズとの作品を紹介したいと思った矢先、英国の新聞The Guardianが「オレンジ・ジュース(Orange Juice)&エドウィン・コリンズ(Edwyn Collins)のベスト・ソング TOP10」を発表しています。

サイトがシリーズ展開しているベストリスト企画「10 of the best」のオレンジ・ジュース&エドウィン・コリンズ編。The Guardianのベストリスト企画は毎回その独特なセレクトが話題とのこと。

こちらに絡めてポール・クックワークスも紹介します。

10位. In Your Eyes 
Losing Sleep
"Losing Sleep"収録 こちらのドラムはポール・クックです。


9位. Home Again
Home Again
"Home Again"収録 2007


8位. A Girl Like You
Gorgeous George
"Gorgeous George"収録 こちらのドラムもポール・クック


7位. Don’t Shilly Shally
The Possibilities Are Endless
アルバムThe Possibilities Are Endless収録


6位. Rip It Up オレンジ・ジュース
キ・ラ・メ・キ・トゥモロー
アルバム Rip It Up(邦題キ・ラ・メ・キ・トゥモロー)


5位. Felicity オレンジ・ジュース (UK No.63)
Felicity
1982


4位. Falling and Laughing オレンジ・ジュース(UK Indie Chart No.48)
The Glasgow School
1980ポストカード初シングル。


3位. Louise Louise (original version) オレンジ・ジュース
キ・ラ・メ・キ・トゥモロー
アルバム Rip It Up収録 1982


2位. Simply Thrilled Honeyオレンジ・ジュース(UK Indie Chart No.5)
1980


1位. Blue Boyオレンジ・ジュース (UK Indie Chart No.15)
Lovesick/Blue Boy
1980


ということで1位は「Blue Boy」でした。

日本ではフリッパーズ・ギターが「元祖ネオアコバンド」として盛り上げました。
カメラ・トーク

「イルカだけが手を振るさよなら」byフリッパーズ・ギターということで終わりです。

ソース:amass

関連記事:アズテック・カメラ、僕はノイジーなギターサウンドをかき鳴らすピストルズに惹かれた


▼PISTOLSは最高だけどそれ以外のバンドも探してみてください!DO IT YOURSELF!
にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村

| Paul Cook | 22:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ビルグランディ事件の余波?「居心地の良いダイニング」本日ポールクック誕生日

パンクファンクルーツロックZipper1

本日、7月20日ポールクック誕生日

1976年12月19日セックスピストルズ、クラッシュ、ハートブレイカーズはアナーキーツアーを終え10日ぶりにエレクトリックサーカスに戻ってます。その時のお話。

12月1日 セックスピストルズがTV番組「トゥデイ」に出演。放送禁止用語を連発するというビルグランディ事件が起こります。
Pistols_DM.jpg

その為アナーキーツアーはキャンセルが相つぎ、イギリス全土でピストルズ・パッシングが起こります。

パンクスがそこらじゅうで散々ぶちのめされる状況にまでになっています。まさにスケープゴートです。

そんな過酷な状況下唯一の味方である肉親のポール・クックのお母さんは

「息子はもう帰ってこなくてよい。息子の寝室を居心地の良いダイニングにリフォームする


とデイリーミラーに打ち明けたとのこと。

なんか可哀想だなポールクック・・半年後には右翼にパイプで襲われてるし。

以前ビートたけしさんが「フライデー編集部襲撃事件」で捕まった時ことがありました。

マスコミがたけしの実家に押し寄せたとき

「あんなどうしようもないのは、死刑にでもしてください!」
ビートたけし母、北野さき
菊次郎とさき (新潮文庫)


と一括しました。あんな感じなんでしょうか。

とりあえず

誕生日おめでとうポールクック!

【ノーブランド】誕生日 クリスマス ケーキ用ろうそく 【カラーフレームバースデーキャンドル 5色セット】×2セット (合計10本) カラフルカラーの炎 ロマンチックなキャンドル
追記
この日の2日後ポールクックバースデイパーティーがThe Elgin Pub, Ladbroke Groveで開催されたようで当日の写真がアップされています。
paulcook60thbirthdayparty.jpg


関連記事:ビル・グランディ事件の真相 完全再現
関連記事:ビル・グランディ事件の真相2
関連記事:ビル・グランディ事件の真相3

▼PISTOLSは最高だけどそれ以外のバンドも探してみてください!DO IT YOURSELF!
にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村

| Paul Cook | 21:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ポール・クック参加再結成シャークス、アルバム『Killers of the Deep』9月リリース

First Water/Jab It in Yore Eye Zipper1 

シャークス/Sharksはフリーを脱退したアンディ・フレイザーとピストルズをプロデュースしたこともあるクリス・スペディング/Chris Speddingが70年代に組んだブリティッシュ・ロック・バンドです。

1stアルバム後にもうアンディ・フレイザー脱退してます。セカンドアルバム「 Jab It in Yore Eye」では残されたメンバーで制作、3rdをレコーディングするもまたしてもメンバー脱退でお蔵入り。

シャークス、クリス・スペディングのセッション人生もあって不遇なイメージがぬぐえません。
First Water

そんなシャークスが2度目の再結成をします。

オリジナル・メンバーのクリス・スペディングとスニップス(スティーヴ・パーソンズ)、そしてセックス・ピストルズのポール・クック(Paul Cook)らを含んだラインナップです。

クリス・スペディングChris Spedding (ギター)
スティーヴ・パーソンズSteve (Snips) Parsons (ボーカル)
Nicky Judd (キーボード)
ポール・クックPaul Cook (from Sex Pistol/Professionals ドラムス)
Toshi Ogawa (from Kingmob and Hey! Hello! ベース)



シャークスは9月に新アルバム『Killers of the Deep』のリリースと英国ツアーの開催を予定しています。

スタジオ・アルバムの発表は、再結成時に発表した1995年リリースの『Like a Black Van Parked on a Dark Curve』以来、21年ぶりとのこと。
Like a Black Van Parked on a..

▼新アルバムのEPK映像(Electric Press Kit:音声や映像をまとめた宣伝キット)

Sharks June16 EPK-HD from peter mack on Vimeo.



ソースteamrock/amass

関連記事:海賊盤 And We Don’t Care クリス・スペディング デモ
関連記事:ポール・クック、シャークスのメンバーとして 来日公演2017年1月決定!
関連記事:シャークスがロンドンのキングスクロスステーションにて路上パフォーマンス!

▼PISTOLSは最高だけどそれ以外のバンドも探してみてください!DO IT YOURSELF!
にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村

| Paul Cook | 12:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT