NEVER MIND THE SEX PISTOLS

SEX PISTOLSの有益な情報をお届けいたします。 パンクというロックのカテゴリーのバンドです。 ANARCHY!

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ホーリークックのアルバム「Vessel of Love」発表でお父さんポールクックがサポート

VESSEL OF LOVEZipper1

ポール・クックは2018年1月26日ラフ・トレード・ウェスト(Rough Trade West、Portobello Rd)での娘のホーリークックのアルバム「Vessel of Love」発表で手助けしたようです。


Rough Trade west / Matt From London


ホーリークックの4年振りのアルバム「Vessel of Love」のプロデュサーはキリング・ジョークのユース/Youth。リリース元はMerge Recordsです。

娘がかわいいポールクックです。

■Vessel of Love Hollie Cook

1.Angel Fire
2.Stay Alive
3.Survive
4.Ghostly Fading
5.Freefalling
6.Lunar Addiction
7.Turn It Around
8.Vessel of Love
9.Together
10.Far From Me




bandcamp

▼アルバム英語解説

▼「Angel Fire」

▼「Freefalling」

▼「Survive」


関連記事:ポール・クックの娘ホリー・クック米ラジオ局KEXPにてスタジオ・セッションを披露
関連記事:ポールクックの娘ホリークックのゴッドファーザーはボーイジョージ「私たちは音楽で繋がっている」

▼PISTOLSは最高だけどそれ以外のバンドも探してみてください!DO IT YOURSELF!
にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村

| Paul Cook | 22:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

元オレンジ・ジュースのエドウィン・コリンズをポールクックが総括「一緒に演奏することを本当に楽しんだ」

Casual Introduction 1981
Zipper1

エドウィン・コリンズ/Edwyn Collinsはネオ・アコースティックのオレンジ・ジュースを率いたスコットランド出身のミュージシャン。

オレンジ・ジュースはインディレーベルのポストカードからシングルをだし後にポリドールと契約。


1982年『ユー・キャント・ハイド・ユア・ラヴ・フォーエヴァーTexas Fever』


1982年『リップ・イット・アップ』

オレンジ・ジュースのセカンドアルバムは『キ・ラ・メ・キ・トゥモロー』という目まいがするような邦題がつけられています。

このアルバムには1983年に全英シングルチャート8位になった「Rip It Up」などのヒット曲も収録。

1984年『テキサス・フィーバー』


1984年『ザ・オレンジ・ジュース』


後年、日本ではフリッパーズギターによって注目されCDの再発もされました。

▼全英シングルチャート8位になった「Rip It Up」


1985年、オレンジ・ジュースは解散しエドウィン・コリンズはソロ活動を開始。エドウィン・コリンズの多くのアルバムでセックスピストルズのポールクックが参加しています。

1989年『ホープ&ディスピアー /Hope and Despair』


1990年『ヘルベント・オン・コンプロミス/Hellbent on Compromise』


1994年『ゴージャス・ジョージ/Gorgeous George』

1994年発表のシングル『ガールズ・ライク・ユー』全英4位、ビルボードでも32位のヒットを記録。

1997年『アイム・ノット・フォローイングI'm Not Following You』


2002年『ドクター・シンタックス』



「(エドウィン・コリンズとの活動について)うん、それは楽しかった。明らかに違ったスタイルの音楽でしたが、素晴らしい曲だったね。
エドウィンの前は、ピストルズ、プロフェッショナルとすこしチィーフ・オブ・リリーフと本当にロックでいっぱいだった。
でもエドウィンは、素晴らしいソングライターであり、あらゆる種類のフレーバーがあって、ドラマーとして自分の古い曲を覚えて、彼の新しいものを録音したんだ。」
ポールクック



私はエドウィンと一緒に演奏することを本当に楽しんだよ。まだやるよ。彼は新しいアルバム制作しててね。
私は時間をかけて演奏してないんだけど、少し魅力的なんだ。私たちはまだ制作途中なんだよ。
ポールクック


2005年2月18日、エドウィン・コリンズはBBCラジオのインタビューを受けている最中気分が優れないで吐き気や目まいなどの症状を訴えています。

2日後にはロンドンの病院へ緊急入院し脳溢血と診断され、手術を受けました。

手術は無事成功しましたが、リハビリ生活を余儀なくされています。


Edwyn Collins at the Empire. / fotologic


2007年にアルバム『ホーム・アゲイン』をリリースし奇跡の復帰。

2009年、Ivor Novello Awardsにて表舞台にも復帰し、特別賞(The Ivor Inspiration Award)を受賞しています。

2010年『ルージング・スリープ Losing Sleep』


2013年には現時点で最新アルバム『アンダーステイテッド』発表しました。


エドウィン・コリンズ復活についてポールクックはこう語っています。

「ああ、彼は本当にインスピレーションを得ている。
彼はひどいストロークがあって死にかけたんだ。
私はその後の彼の3枚のアルバム、すべて本当によかった。
彼は(脳溢血で)まだ右側がマヒしているし、ギターを弾くことができないのに、彼は3枚のアルバムを書いてライブショーをやっていることは素晴らしことだよ。
彼は本当のインスピレーションの持ち主なのさ」
ポール・クック
Paul-Cook.jpeg
引用:getintothis



Edwyn Collins 7 / Der Robert


オレンジジュースやエドウィン・コリンズの音を聴くとパンクから程遠い音でセックスピストルズのドラマー、ポールクックの参加に違和感を覚えると思います。

しかしオレンジジュースもポストパンクから出てきたバンドでパンクの姿勢やファッションを否定したからこその音です。

音楽ジャンルではありますがパンク・ニューウエーブは思想で繋がっているだけで音楽的には多様になっています。

ピストルズのドラマーであるポール・クックの参加はある意味自然な流れともいえます。

エドウィン・コリンズ完全復活とNEWアルバムの発表を待ちましょう。

▼Edwyn Collins - A Girl Like You

あいかわらず誤訳あったらスミマセン。

関連記事:ポールクック参加曲も「オレンジ・ジュース&エドウィン・コリンズのベスト・ソング TOP10」
関連記事:アズテック・カメラ、僕はノイジーなギターサウンドをかき鳴らすピストルズに惹かれた

▼ピストルズは最高だけどそれ以外のバンドも探してみてください!DO IT YOURSELF!
にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村

| Paul Cook | 18:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ピストルズのドラマー・ポールクック、娘のホリークックと親子でBBCラジオに出演

bbcpaulcookholie.jpgZipper1

11月25日BBCラジオ「My London」にピストルズのドラマーポールクック、娘のホリークック/HOLLIE COOKと親子で出演しました。

ホリークックはカルチャー・クラブのバック・ヴォーカルとして活動したジェニとの間の子供で、現在UKのレゲエシンガーとして活躍しています。

Hollie Cook at Glastonbury / sachab


今回の共演はポール・クックのプロフェッショナルズのNEWアルバムととホリー・クックの来年春に発売予定のアルバム「VESSEL OF LOVE」のプロモーションのようです。

娘との共演にポール・クック幸せそうです。





TOP画像からBBCのラジオ音源に飛びます。短いですが1部聴けます。

▼ホリー・クック Postman


関連記事:ポール・クックの娘ホリー・クック米ラジオ局KEXPにてスタジオ・セッションを披露
関連記事:ポールクックの娘ホリークックのゴッドファーザーはボーイジョージ「私たちは音楽で繋がっている」

▼PISTOLSは最高だけどそれ以外のバンドも探してみてください!DO IT YOURSELF!
にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村

| Paul Cook | 22:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ポールクック、デヴィッドボウイの機材盗難語る「当時は豊かではなかったことを理解してもらわなとね」

Rise & Fall of Ziggy Stardust: 40th Anniversary
Zipper1

スティーヴジョーンズはデヴィッド・ボウイの機材をかっぱらい、ピストルズはその機材で練習していたのは有名な話です。


今回は、珍しくピストルズのドラマーのポール・クックがそのことについて語っているultimate classicrockのインタヴュー抜粋です。

セックス・ピストルズが始まったときは、時間が十分あったんで、、デヴィッド・ボウイのようなツアーアーティストからの楽器をスワイプすることに気づいたと語っています。

「当時は豊かではなかったことを理解してもらわなとね」


「バンドを結成したいと思っていたんだけど、それが機材を手に入れるひとつの方法だったんだ」


「その場所に入るのはとても簡単だったし、背中を回るだけだった。
ハマースミスに住んでいて、多くのバンドが、ハーマスミス・オディオンで演奏していたので、演奏する前にPAを含めてフルレンジの楽器を手に入れたんだ」



sEx PiStolS Sold Out Hammersmith Odeon / Edvill

「デヴィッドボウイがZiggy Stardustツアーの最後のショーをやっていたとき、スティーヴについての有名な話があるんだ。
ショーの期間中、彼らは一晩中すべての機器を放置したままにしていたんだよ。
それは大きなミスだったね」
ポール・クック
Paul-Cook.jpeg


こうしてデヴィッド・ボウイの機材はピストルズにわたっています。

グラム・ロックはいろんな形でパンクに影響を与えています。



ソース:ultimateclassicrock

関連記事:デヴィッドボウイ映画「ジギー・スターダスト」撮影会場に忍び込んでいたスティーヴ・ジョーンズ

▼ピストルズは最高だけどそれ以外のバンドも探してみてください!DO IT YOURSELF!
にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村

| Paul Cook | 23:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

新生プロフェッショナルの「WHAT IN THE WORLD」営業まとめ

WHAT IN THE WORLDZipper1

ポール・クック率いる新生プロフェッショナルの35年ぶりのアルバム「WHAT IN THE WORLD」が発売されました。

それに伴いあってこっちでアルバムの宣伝を行っています。

ラジオ番組等の営業をまとめてみました。

ファンとしてはうれしいです。

新生プロフェッショナルズはポールクックのバンドかの質問に対し

「うーん、それはしたくないな、それは私にとっては新しいプロフェッショナルズのようなものだよ。
私たちは前進しているんだ。
私たちは新しいアルバムを出した。それは新しいラインナップと新しい曲なんだ。
私はこのバンドを戻してすべての古い曲を演奏したいと思っていなかったんだよ。
私たちがやろうとしたのは、新しい曲を書いて、それを前進させなければならないと思っていたんだ。
本当にやっているよ。
それは私のための新たなる冒険のようなものなんだよ」
ポール・クック
Paul-Cook.jpeg
引用:getintothis


▼The Sex Pistols - Wikipedia: Fact or Fiction?

▼Podcasters


▼BBC6
Steve Lamacq's Roundtable


関連記事:The ProfessionalsNEWアルバム『What In The World』アートワークとトラックリスト発表
関連記事:再結成プロフェッショナルズ、アルバム発売!「バンドの次のエキサイティングな章でお会いしましょう」
関連記事:ポールクック、プロフェッショナルズ解散の理由「ツアー中重大な自動車事故が発生したんだ」
関連記事:本日再結成復活プロフェッショナルズ、コンプリート・コレクション・アルバム『The Complete Professionals』
関連記事:まさかのRich Kids & The Professionalsジョイントライヴ19 May 2016
関連記事:ポールクックインタヴュー「スティーヴは一緒に曲を作ったわけではなく、既にそこにあるリズムトラックを弾いたんだ」
関連記事:プロフェッショナルズのアルバム『What In The World』チャートの結果は?

▼プロフェッショナルズは最高だけどそれ以外のバンドも探してみてください!DO IT YOURSELF!
にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村

| Paul Cook | 23:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT