NEVER MIND THE SEX PISTOLS

SEX PISTOLSの有益な情報をお届けいたします。 パンクというロックのカテゴリーのバンドです。 ANARCHY!

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

P.I.L.「The Body」にインスパイアさせた「キャシー・カム・ホーム」とは 歌詞和訳付き

Cathy Come Home
Zipper1

PIL「The Body」はアルバム「Happy?」に収録のシングル曲です。

「The Body」は俺が子どもの頃に観て凄く印象に残っていた、ケンローチ監督の「キャシー・カム・ホーム/Cathy Come Home」って TVドラマがほぼそのままベースになっている
ジョンライドン



ということでテレビ作品「キャシー・カム・ホーム/Cathy Come Home」の紹介です。


キャシー・カム・ホーム」は、家族、ホームレス、親子など社会的問題を扱ったBBC1のTVドラマです。1966年制作され、最初の放送時だけでも1200万人見たとされています。その後BBCで何度も再放送されています。日本では1968年に劇場公開。

監督は「ケス」「麦の穂をゆらす風」のケン・ローチ。ケン・ローチはこの時まだBBCでディレクターという立場でした。この作品で注目を浴び翌年長編『夜空に星のあるように』で映画監督としてデビューしています。


ken loach / festivals gallery


農村地帯の田舎を後に都会にでてきたキャシー。
彼女は仕事を見つけ、裕福なローリー運転手であるレグと出会います。
2人は恋に落ち、結婚し、子供を禁止されたおしゃれなアパートを借ります。
キャシーはすぐに妊娠し、仕事を辞めるの覚悟で出産。
しかし、レジが仕事で負傷し、失業してしまいます。
職もなく、家も失ったキャシーたちはホームレス状態で違法と知りつつ空き家に無断で身を寄せます。
そしてキャシーはレジと子供達と一時的に離れ施設で生活することに。
しかし耐えられなくなり子どもたちを引き寄せますが・・・・

「望まれない妊娠と未婚の母の上にのしかかるほとんど犯罪者みたいな意識、そして彼女に降りかかる様々な苦難 - 男に捨てられ、家族からの支えもなく、社会から孤立していく様が描かれているんだ」
ジョン・ライドン



監督: ケン・ローチKen Loach
脚本: ジェレミー・サンドフォード
出演者:キャロル・ホワイト レイ・ブルックス ウィニフリッド・デニス ウォリー・パッチ


TV Shows We Used To Watch - BBC British TV 1966 - Cathy Come Home / brizzle born and bred


ジョン・ライドンはガンダーグローブのプラットホームを借りていた時期(PIL初期)、この作品をもう一度見直し最初っから最後までほとんど泣きっぱなしだったそうです。

「キャシーが可哀想でどうしょもなくってさ
自分の両腕で、デッカい翼みたいに彼女を包み込んでやりたかったよ」
ジョン・ライドン
Anger-johnlydon.jpg
引用:ジョンライドン新自伝


Cathy Come Home

こちらがジョンライドンが「キャシー・カム・ホームから影響を受けてできたPIL「The Body」歌詞和訳です。
歌詞にはたしかに「キャシー」という言葉もでてきます。

PIL「The Body」歌詞
We want
Body
We want
We want
Body
We want
We want
Body
We want
We want
Body
We Want
When you run about - without precautions
You'll get diseases - need abortions
And up till now - no vaccination
Can give you back your reputation
We want - We want your body
We want - We want your body
We want - We want your body
We want - We want your body
We want - We want your body
We want - We want your body
We want - We want your body
Cathy go home - without your daughter
In a welfare state - she'll be wll looked after
And it's easy now - this other person
Is off your back - not a burden
We want - We want your body
We want - We want your body
We want - We want your body
We want - We want your body
We want - We want your body
We want - We want your body
We want - We want your body
Body!
When you run about - without precautions
You'll get diseases - need abortions
And up till now - no vaccination
Can give you back your reputation
We want - We want your body
We want - We want your body
We want - We want your body
We want - We want your body
We want - We want your body
We want - We want your body
We want - We want your body
Your body!

written: Dias / Edmonds / Lydon / Mcgeoch / Smith

PIL「The Body」和訳


オレたちは欲しい

オレたちは欲しい
オレたちは欲しい

オレたちは欲しい
オレたちは欲しい

オレたちは欲しい
オレたちは欲しい

オレたちは欲しい
オマエが実行するとき - 予防措置なし
オマエは病気になるだろう - 中絶が必要だな
今まで - 予防接種なし
オマエの評判を元に戻すことができるだろう
オレたちは欲しい - オレたちはオマエの体が欲しい
オレたちは欲しい - オレたちはオマエの体が欲しい
オレたちは欲しい - オレたちはオマエの体が欲しい
オレたちは欲しい - オレたちはオマエの体が欲しい
オレたちは欲しい - オレたちはオマエの体が欲しい
オレたちは欲しい - オレたちはオマエの体が欲しい
オレたちは欲しい - オレたちはオマエの体が欲しい
キャシーは家に帰る - あなたの娘なし
福祉国家では、彼女は世話をするだろう
そして今は簡単だ - この他の人
オマエの背中は負担ではあない
オレたちは欲しい - オレたちはオマエの体が欲しい
オレたちは欲しい - オレたちはオマエの体が欲しい
オレたちは欲しい - オレたちはオマエの体が欲しい
オレたちは欲しい - オレたちはオマエの体が欲しい
オレたちは欲しい - オレたちはオマエの体が欲しい
オレたちは欲しい - オレたちはオマエの体が欲しい
オレたちは欲しい - オレたちはオマエの体が欲しい
体!
オマエが実行するとき - 予防措置なし
オマエは病気になるだろう- 中絶が必要だな
今まで - 予防接種なし
オマエの評判を元に戻すことができるぜ
オレたちは欲しい - オレたちはオマエの体が欲しい
オレたちは欲しい - オレたちはオマエの体が欲しい
オレたちは欲しい - オレたちはオマエの体が欲しい
オレたちは欲しい - オレたちはオマエの体が欲しい
オレたちは欲しい - オレたちはオマエの体が欲しい
オレたちは欲しい - オレたちはオマエの体が欲しい
オレたちは欲しい - オレたちはオマエの体が欲しい
オマエの体!

Generation Xにも「Cathy Come Home」という曲がありますね。

▼Public Image Limited - The Body (12" Remix)


▼Cathy Come Home clip


「Cathy Come Home」本編英語字幕


関連記事:P.I.L.「Seattle」歌詞和訳「調べ尽くしたと思ったら、もっと考えるんだ!」とジョンライドン
関連記事:PIL Happy?至福のジョンライドン「辛くないかい?」

▼PILは最高だけどそれ以外のバンドも探してみてください!DO IT YOURSELF!
にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村

| John Lydon PIL | 22:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「Slaves Of New York/ニューヨークの奴隷たち」PIL Warrior

Inner City, Neneh Cherry, PIL, Boy George.. / Vinyl record [Vinyl-LP]
Zipper1

日本では1990年劇場公開された「Slaves Of New York/ニューヨークの奴隷たち」 。

流行の先端を行くニューヨーク・マンハッタンでで夢を追う芸術家たちの世界を描いたドラマです。

この映画にジョンライドン率いるPublic Image Ltdが「Warrior」の曲をを提供しています。
PublicImageLtdwarrior.jpg

監督は『眺めのいい部屋』『モーリス』のジェームズ・アイヴォリー、原作・脚本はタマ・ジャノウィッツ、撮影はトニー・ピアース=ロバーツ、音楽はリチャード・ロビンスが担当しています。


出演はバーナデット・ピータース、クリス・サランドンほか。タマ・ジャノウィッツのベストセラー短編小説が原作です。

マンハッタンに住む売れないハット・デザイナーのエレノア(バーナデット・ピータース)は、駆け出しファッション・アーチストのスターシュ(アダム・コールマン・ハワード)との生活に飽き足らず、ある日出会った前衛芸術家のマーレイ(ニック・コルソ)と恋に陥てしまいます。

一方、スターシュは個展を控えて何者かに作品を壊されてしまい、失意の中落ち込んでいるところをところを助けてくれたダリア(メデリン・ポッター)に魅かれだし、エレノアのことをしだいに忘れてゆく。

マーレイとうまくいかなくな一人暮らしを始め、帽子のデザインに打ち込みだしたエレノアに、ファッション・ショーを開くチャンスが巡っていきます。

スターシュらの見守る中ショーは見事成功を収め、彼女の大事さに再び気づいたスターシュだったが、エレノアは新しい恋人と共に旅立っていってしまい・・・

ニューヨークの奴隷たち (字幕版)


監督: ジェームズ・アイボリー
脚本:タマ・ジャノウィッツ
原作:タマ・ジャノウィッツ
製作:イスマイル・マーチャント・ゲイリー・ヘンドラー

キャスト
バーナデット・ピータースEleanor
クリス・サランドンVictor_Okrent
マデリーン・ポッターDaria
アダム・コールマン・ハワードStash
劇場公開日 1989年3月
上映時間:125分
製作国:アメリカ

■Slaves Of New York Original Motion Picture Soundtrack

Inner City Good Life
ジギー・マーリー・Ziggy Marley And The Melody Makers ./Tumblin Down
ネネ・チェリーNeneh Cherry /Buffalo Stance
Maxi Priest /Some Guys Have All The Luck
ボーイジョージ・Boy George /Girlfriend
パブリックイメージリミッテッド・PIL /Warrior
Ambitious Lovers /Admit It
イギーポップ・Iggy Pop /Fall In Love With Me
Ambitious Lovers /Love Overlap
Les Rita Mitsouko /Tongue Dance

サントラにはPILの他にも、ボブマリーの息子ジギー・マーリー、イギーポップ、ボーイジョージ、そして小さい頃からジョンライドンと親交のあったネネ・チェリー(前夫は元ポップ・グループ のブルース・スミス)などヴァージンレコード勢で固められています。

このころのヴァージンはPILに対しそれなりのプロモーションをしています。

Slaves of New York [Import anglais]


▼Slaves of New York by Original Soundtrack

▼ニューヨークの奴隷たち トレイラー


FULL MOVIE字幕なし

関連記:ジョンライドンの好きなもの「映画」「メリル・ストリープに夢中になってしまうんだ」
関連記:ピストルズ「わかってたまるか」カバーバナナラマ!PARTY PARTYサントラ film
関連記:ジョンライドン主演映画「コップキラー」PIL ORDER OF DEATH
関連記事「ウルフェン」PILジョンライドンが音楽制作希望していた映画

関連記:事NEVER MINDトリビア「ポールクックの芸名は『奴隷』の予定だった」

▼PISTOLSは最高だけどそれ以外のバンドも探してみてください!DO IT YOURSELF!
にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村

| John Lydon PIL | 21:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ジョンライドン「英国ポストカードコンペティション」ヘッドジャッジの感想と自身の絵への解説

Lydon-Bird.jpgZipper1
画像転載:bigissue

セックスピストルズ、PILのジョンライドンがヘッドジャッジを務めた「英国ポストカードコンペティション/The Great Britishar Postcd Competition」が開催されました。

8月末までに応募された数百のエントリー作品に対してジョン・ライドンはこう評しています。

「オレは作品のクオリティーに非常に感銘を受けたね。 イギリスは才能のある場所だ!オレは圧倒された。
それはオレの意思決定プロセスを困難にした。
実際に、オレは本当に感謝している。
オレはポストカードの達成に関わったからね。 アートってのは個性的な選択なんだよ。
オレはすべての宣伝文章を無視し、感情にまかせてぶん殴られたんだ」



優勝賞金5,000ポンドは、夜に発表されのためにヘレン・ノディング(Helen Nodding)「 End Of The Road.」でした

▼ヘレン・ノディング紹介しているsaxoprintページ
HelenNodding.jpg

この絵は、英国のバックストリート、英国の旗が茂みの上にあってゴミを積もっている様子を描写しています。

オレは椅子に座りながら吹き出しちゃったよ。
それはオレたちの英国のゴミだ。 大好きだ。 それはパブの外の裏庭でたばこを持っていることを思い出させる。
細部の感覚はオレに影響を与えたね。 オレはそれの巨大な大きなプリントが大好きさ」
ジョン・ライドン



ジョン・ライドン画伯の絵「Fog of War(Benwell Rd London N7)」は、ロンドンの北ロンドンに住んでいた初期の時代を反映した個人的な作品です。

▼ジョン・ライドンの絵「Fog of War(Benwell Rd London N7)」
John-Lydon-Fog-Of-War.jpg


「オレが育った街、ベンウェル・ロードってのは、エミレーツ・スタジアムを設置した場所だ。

Emirates Stadium / fakelvis


オレたち家族は2つの部屋とトイレしか持ってなくって、通りの角にある2つのパブの常連客と共有していた。
オレは当時、地域社会の感覚があった。彼らは地元のパブの地元住民だった。 それはコミュニティ精神だったんだ」

「そんな道の下絵を描き始めたんだ。
オレは、オレたちより前の奴らはさほど重要ではない。
オレは第二次世界大戦とロンドン大空襲(ナチス・ドイツがイギリスに対して行った大規模な空襲)を題材にして、それを絵のバックグラウンドに入れたんだ。
ロンドン大空襲を描くことは、明るい光のように見えたんだ。袋小路から続く道のりで大きな街のね

Peter McIntyre, The Blitz, Canea Crete area defended by NZ'ers, May 1941 / Archives New Zealand

その炎の真ん中あたりに、図書館があった場所さ。
そこはオレが病気の時に救ってくれた場所だ。
オレは7歳の時に記憶をすべて失ってしまってね。
オレはその図書館で多くの時間を過ごしたんだよ」



「社会変革をもたらすのは美術を使用するという考え方さ。

壊滅的な背景として認識できるものを最大限に生かす。
でも、機会を得るには、賢くなくっちゃね」



実際にピストルズで社会変革しています。

「ピストルズに参加する機会があり、オレはそれに飛びついた。
オレは読書と書くことが大好きだった。
これをどうやって活かすのか考えが及ばなかった。
オレは自分の声を見つけたんだ。覗き見は自分の哀れみではなかった...」
ジョン・ライドン
Anger-johnlydon.jpg
bigissue





▼BGM:PIL The Great British Postcard Competition: 5 top picks





▼ピストルズは最高だけどそれ以外のバンドも探してみてください!DO IT YOURSELF!
にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村

| John Lydon PIL | 22:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Muriel Spark『The Public Image』「教育はすべての問題を解決するのを手助けできる」とジョンライドン

PiLPiL / p_a_h
Zipper1

ジョンライドンは本好きで有名です。髄膜炎で記憶を無くした時も図書館に通ってリハビリしています。

(最近の若者の問題はについて)
彼らは教育が人生の中で与えられた最高で無料の贈り物であることを認識していないんだよ。
太陽と月、酸素とは違うんだよ。

Education is All / cogdogblog


教育はすべての問題を解決するのを手助けできるんだから、本を多くを読んで肯定的な影響を与えるようにしてくれよ。俺もそうさ、助けてもらったよ。
特定の本はないんだけど、ミュリエル・スパーク/Muriel Spark著の『The Public Image』で出てきたときは役立ったね。
ファンタスティックな小さな本だよ。
よく書かれたものではないけど、スーパースターの概念とそれが彼女の周りの人に与えるダメージについて書かれていた。
オレがPiLを結成した時、ピストルズから距離をおいてたんで、スーパースターになることをすべて諦めていたんだよ...オレは平等なバンドメンバーからスタートしたかったのさ。
決して「The Johnny Rotten Roadshow」ではなかったんだよ。
オレはベースの数を増やしたかったんで、それはオレの声を埋めるトラックが半分になることを意味したんだ。
ポップスターの陥る罠は決してオレのような奴とはうまくいかないんだ。
オレは自分のやっていることを信じていなければ、本当に安心できないんだよ」
ジョンライドン
Anger-johnlydon.jpg
ソース:vice



インタヴューにあるようにミュリエル・スパークの『The Public Image』はジョンライドンが影響を受けた本です。

1968年に出版され「 the Booker Prize the following year」も受賞しています。

あらすじは女性映画スターアナベル・クリストファーがパブリック・イメージを保つために、自身のキャリアを保持し、才能不足を隠そうとします。それは夫婦関係にもおよび・・・というストーリーです。

この作品からパブリック・イメージ・リミッテッドのバンド名を拝借しています。

The Public Image (New Directions Paperbook)


▼パブリックイメージリミッテッドは最高だけどそれ以外のバンドも探してみてください!DO IT YOURSELF!
にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村

| John Lydon PIL | 21:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

TV番組『Juke Box Jury』にジョニーロットン出演

JukeBox-Jury.jpg
Zipper1

1979年6月30日、ジョンライドンは、イギリスBBCのテレビ番組『Jukebox Jury』にゲスト出演しました。

この番組は1959年から放送開始され過去にビートルズやローリングストーンズも出演した人気番組です。
beatles-its-beatles-juke-box-jury-f.jpg

このパネル・ショーの司会者はジョンライドンに対し「セックス・ピストルズ、パブリック・イメージ・リミッテッドのジョニー・ロットン」と紹介していてまだこの時点では「ジョニー・ロットン」の名前を使用しています。

その他のパネリストには、女優のジョーン・コリンズ(映画『夢去りぬ』)とミュージカル女優エレイン・ペイジ(『エビータ』、『キャッツ』)そしてDJのアラン・フリーマン。

「あなたは個人的にどんな音楽を楽しんでいますか?」



「まともなやつ」


かなり斜めに構えているジョニー・ロットンが観れます。

▼John Lydon on Juke Box Jury 1979 1/2

▼John Lydon on Juke Box Jury 1979 2/2


▼ジョニー・ロットンは最高だけどそれ以外のバンドも探してみてください!DO IT YOURSELF!
にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村

| John Lydon PIL | 21:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT