NEVER MIND THE SEX PISTOLS

SEX PISTOLSの有益な情報をお届けいたします。 パンクというロックのカテゴリーのバンドです。 ANARCHY!

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ビリーアイドル・トニージェイムス Jonesy's Jukeboxに出演ジェネレーションX再結成?

Radio One SessionsZipper1

ビリー・アイドルとトニー・ジェイムスがスティーヴジョーンズのラジオ番組「Jonesy's Jukebox」に 5月21日出演しました。

この2人ビリー・アイドルがチェルシーから脱退して結成した元ジェネレーションXのメンバーです。

番組内でのちょっとしたジェネレーションX再結成です。

マルコムやシドの昔話や「ダンシング・ウィズ・マイセルフ」収録時の話に花が咲いています。

トニー・ジェイムスはジェネレーションX解散後ジグ・ジグ・スパトニックを結成し注目を浴びています。
ラヴ・ミサイル

▼Tony James and Billy Idol on Jonesy's Jukebox2018年5月21日



関連記事:ビリーアイドルがプロフェッショナルライヴにゲスト出演!
関連記事:Gen X 「dancing with myself」スティーヴ・ジョーンズがギター参加
関連記事:スティーヴ・ジョーンズ、ビリー・アイドル、ダフ・マッケイガン、ロブ・ゾンビが出演したジョニー・ラモーンのトリビュート・ライヴ
関連記事:PILの歌詞に駄目だしジェネレーションX時代のビリーアイドル「あれじゃ観客も歌えない」
関連記事:スティーヴジョーンズ・ビリーアイドル参加ジョニー・ラモーントリビュート2017
関連記事:スティーヴジョーンズ、ビリーアイドル共演「Dancing With Myself 」@ Ramones exhibit

▼PISTOLSは最高だけどそれ以外のバンドも探してみてください!DO IT YOURSELF!
にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村

| Steve Jones | 21:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アメリカンパール唯一のアルバム「American Pearl」「かなり良いと思うぜ」とスティーヴジョーンズ

アメリカン・パールアメリカン・パールアメリカン・パールアメリカン・パール
Zipper1

アメリカカリフォルニア州ロサンゼルスで1997年に結成されたハードロック・バンド・アメリカン・パール/American Pearl。

今回はアメリカン・パールが2000年に唯一残したアルバム「アメリカン・パール」の紹介です。

このアルバムがデヴュー作にしてラストアルバムで2年後に解散しています。1枚で解散したのはセックスピストルズと同じです。

メンバーはKevin Roentgen(ヴォーカル・ギター),Kevin Quinn(ギター), Rodney Rocha(ベース), Noah Shain(ドラム)。

フロントマンのケヴィン・クィンはSunset Boulevardのタトゥーショップを経営する刺青師でバックチェリーのタトゥー入れてます。
他にも漢字で「信」の文字も見えます。

■アメリカン・パール/American Pearl
American Pearl

1 California
2 Automatic
3 Giveaway
4 Underground
5 Free Your Mind
6 Bleed
7 Truth
8 Bleed
9 Seven Years
10 Revelation
11 If We Were Kings

このアルバムはセックスピストルズのスティーヴ・ジョーンズとマッドロックがプロデュースしています。

一緒にライブをしたアメリカンパールについての質問にたいしてのスティーヴジョーンズのインタヴューです。

そうだな。彼らは実際にシングル「Kings」をリリースしている。
奴らはそれをもう一度混ぜて新しくした。それはかなり良いと思うぜ。
スティーブ・ジョーンズ



2曲目「Automatic」は映画「Dragon Ball Z:Lord Slug邦題:超サイヤ人だ孫悟空」のサウンドトラックに、10曲目 「Revelation」 「Seven Years」は「Dragon Ball Z: Cooler's Revenge邦題:ドラゴンボールZ とびっきりの最強対最強」に使用されています。
DRAGON BALL THE MOVIES #04 ドラゴンボールZ 超サイヤ人だ孫悟空 [DVD] 劇場版 ドラゴンボールZ とびっきりの最強対最強

▼アルバム「アメリカンパール」

▼アメリカンパール "If We Were Kings"PV


▼アメリカンパールは最高だけどそれ以外のバンドも探してみてください!DO IT YOURSELF!
にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村

| Steve Jones | 22:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

スティーヴジョーンズ「Fire & Gasoline」ザ・カルト・ガンズ参加の豪華ゲストアルバム

Fire & Gasoline Zipper1

スティーヴ・ジョーンズが1989年に発表したソロ2作目のスタジオ・アルバム「ファイアー&ガソリン/Fire & Gasoline」の紹介です。

セックス・ピストルズの曲「Did You No Wrong (アルバムでのタイトルは「I Did U No Wrong」)」をセルフ・カヴァーしていて、この曲にはGuns N' Rosesのアクセル・ローズ/Axl Roseとザ・カルトのイアン・アストベリーがボーカルで参加し話題となりました。

Axl Rose Duff McKagan and Slash / Gunner Gus



Ian Astbury (The Cult) / Alberto Cabello Mayero


2曲目「We're Not Saints」ではモートリ・クルーMötley Crüeの Nikki Sixxが詞を書きおろしています。

Motley Crue SECC Glasgow 2005 / AMKs_Photos


8曲目「Get Ready」ではザ・カルトのビリー・ダフィーBilly Duffy が ギター・ソロを弾いています。

The Cult / Teresa Sedó


アルバム通してブライアンアダムスやホール&オーツで活躍したMickey Curryがドラムを担当。

スティーヴジョーンズが過去に機材を盗んだこともあるデヴィットボウイの「サフラジェット・シティ」もカバーしています。この曲はCDのみでLPには未収録です。

ソロ1作目「マーシー」では戸惑っていたファンにもこのハードロックな路線がすっかり定着し、スティーヴジョーンズは完全にセックスピストルズのイメージから脱却しています。

「2枚目のアルバムは、「マーシー」の後だったんで、全く違ったアプローチだよ。
これはよりハードロック色を強めている」
スティーヴジョーンズ



スティーヴジョーンズは自身の声が好きではなかったようですが、豪華ゲストに囲まれてまさに火に油を注いだようなアルバムに仕上がっています。

「ファイアー&ガソリン/Fire & Gasoline」
Fire & Gasoline

1"Freedom Fighter"
2"We're Not Saints" (S. Jones, N. Sixx, T. Nails)
3"God in Louisiana" (S. Jones, Tonio K.)
4"Fire and Gasoline"
5"Hold On"
6"Trouble Maker" (S. Jones, P. Wells, A. Anderson, D. Royal, G. Leach, T. Nails)
7"I Did U No Wrong" (S. Jones, J. Rotten, P. Cook, G. Matlock)アクセル・ローズ・イアン・アストベリー参加
8"Get Ready" (S. Jones, I. Astbury) ビリー・ダフィー参加
9"Gimme Love"
10"Wild Wheels"
11"Leave Your Shoes On" (S. Jones, I. Astbury)
12"Suffragette City" (D. Bowie)

プロデュース:マーク・ディーンリー Mark Dearnley、イアン・アストベリー(ザ・カルト)

日本盤CDビクター音楽産業 (VDP-1485)は、曲順が違います。(5曲目の「Hold On」が「Wild Wheels」の後になっています)

「ファイアー&ガソリン」Billboard 200で169位。2005年のRock Hard MagazineのThe Greatest Rock&Metal Albums of All Timeで460位に選ばれています。

▼スティーヴ・ジョーンズ「Fire & Gasoline」



▼PISTOLSは最高だけどそれ以外のバンドも探してみてください!DO IT YOURSELF!
にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村

| Steve Jones | 21:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

スティーヴジョーンズがアメリカのNBCのコメディドラマ「A.P. Bio」に出演

apbio.jpgZipper1

自伝本を出したりDJをしたりと新しいことに挑戦しているピストルズのギタリスト、スティーヴジョーンズ。今度はドラマです。

スティーヴジョーンズがアメリカのNBCのコメディドラマ「A.P. Bio」のエピソードに登場します。

以前「All Time Comics」トレイラーに出演しましたがここでの演技が評価されたんでしょうか。

どんな役なんでしょうか。1週間前に撮影されたとのこと。

「A.P. Bio」学園ものみたいです。

詳細が分かり次第報告します。



この記事が2017年9月5日の記事でしたが詳細が見えてきました。

Youtubeにスティーヴジョーンズの登場する回のクリップがアップされてます。

A.P. Bio Miles' (Tom Bennett) publisher offers Jack (Glenn Howerton) a contract to write a book of feel-good philosophy in this new episode. Patton Oswalt also stars, with guest stars Bill Nye and Steve Jones of the Sex Pistols. 8:30 p.m. NBC
latimes番組インフォメーションより



▼A.P. Bio: Selling Out (NBC) CLIP 1:30過ぎからスティーヴジョーンズ登場します。


▼A.P. Bio: Patton Oswalt Says the Show Has a Trump-Like Character

▼A.P. Bio (NBC) Promo


▼ピストルズは最高だけどそれ以外のバンドも探してみてください!DO IT YOURSELF!
にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村

| Steve Jones | 23:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Toilet Boys「彼らは良いね。オレにうってつけだ」とスティーヴジョーンズ

トイレ・ボーイズZipper1

ピストルズのギタリスト、スティーヴジョーンズ2001年のインタヴューです。

「オレはいくつかのバンドをチェックしてきた。
ニューヨークでオレ関心を持っていたバンドにトイレ・ボーイズがある。 しかし奴らはレーベルから捨てられちまってね。
オレは奴らのアルバムを作ろうとしていたんだがね。
別のレーベルを手に入れようとしている。 2つのレーベルを変えたけど、興味があるかどうかは分からないんだ。
彼らは今、ちょっとヒップじゃないんだよ。
彼らはパンクロックのたぐいだな。 彼らは良いね。オレにうってつけだ」
スティーブ・ジョーンズ
steve-jonesjpg.jpg



下品なバンド名を持つトイレット・ボーイズ/Toilet Böysは1995年に結成されたアメリカのニューヨークのロックバンド。

伝説のクラブSqueezeBoxでハウスDJだった女装ヴォーカル、ミスガイ/Miss Guyがエレクトリックエディーと出会いバンド結成を決意。
ミスガイは女装についてショー用に偶然始めたとのことで深い意味はないそうです。

メンバーは
ミスガイ/Miss Guy(Vo)
ショーン/Sean Pierce(ギター)
ロケット/Rocket(ギター)
アダム・ヴォミット/Adam Vomit(ベース)
エレクトリックエディー/Electric Eddie(ドラム)

彼女(?)のアイドルであったブロンディーのデボラ・ハリーのオープニングアクトとしてSqueezeBoxにてデヴューしています。

1998年にRoadrunnerと契約するもサウンドとヴィジュアルで折り合いがつかず2000年のフルアルバムの話も流れています。

2001年にアルバム「Toilet Boys」をギターのショーン/Sean Pierceがプロデュースし自身のレーベルMasterplan Entertainmenから発売。このアルバム制作前時期にスティーヴ・ジョーンズ・プロデュースの話が出ています。

ミスガイはバンドはRAMONES, KISS, THE MISFITS, MOTLEY CRUEから影響を受けたといいます。
個人的な影響についてのコメント。

「私は音楽ファンなんです!私はジャックホワイト(ザ・ホワイト・ストライプス)が大好き!そしてミッシー・エリオット!
 

私は子どもの頃エルトン・ジョンとデヴィッド・ボウイが本当に好きだったの。
 

そしてボーイジョージは非常に魅力的であり続けています」


ミス・ガイ トイレット・ボーイズ



Toilet Boys(1996)
Squeeze Rox!からデヴューアルバム6曲入り

Living Like a Millionaire(1998)
2ndアルバム


Sinners and Saints(1999)
Coldfront Recordsからの3rdアルバム。


Toilet Boys(2001)
Masterplan Entertainmentから発売された最後のスタジオアルバム。日本盤も発売されています。


Live In London
RAMONESのメドレーの日本公演も収録。


Sex Music
メンバーのremix収録。


Toilet Böysは、2003年に解散し、メンバーのSean PierceとRocketはAfterpartyというグループを結成しています。

2010年6月14日ニューヨークのLe Poisson Rougeで再結成。

スティーヴジョーンズがプロデュースしてたらどうなってたんでしょうか。


Toilet Böys official MySpace

▼Toilet Boys 'Another Day In The Life' Official Video


▼PISTOLSは最高だけどそれ以外のバンドも探してみてください!DO IT YOURSELF!
にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村

| Steve Jones | 19:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT