NEVER MIND THE SEX PISTOLS

SEX PISTOLSの有益な情報をお届けいたします。 パンクというロックのカテゴリーのバンドです。 ANARCHY!

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Toilet Boys「彼らは良いね。オレにうってつけだ」とスティーヴジョーンズ

トイレ・ボーイズZipper1

ピストルズのギタリスト、スティーヴジョーンズ2001年のインタヴューです。

「オレはいくつかのバンドをチェックしてきた。
ニューヨークでオレ関心を持っていたバンドにトイレ・ボーイズがある。 しかし奴らはレーベルから捨てられちまってね。
オレは奴らのアルバムを作ろうとしていたんだがね。
別のレーベルを手に入れようとしている。 2つのレーベルを変えたけど、興味があるかどうかは分からないんだ。
彼らは今、ちょっとヒップじゃないんだよ。
彼らはパンクロックのたぐいだな。 彼らは良いね。オレにうってつけだ」
スティーブ・ジョーンズ
steve-jonesjpg.jpg



下品なバンド名を持つトイレット・ボーイズ/Toilet Böysは1995年に結成されたアメリカのニューヨークのロックバンド。

伝説のクラブSqueezeBoxでハウスDJだった女装ヴォーカル、ミスガイ/Miss Guyがエレクトリックエディーと出会いバンド結成を決意。
ミスガイは女装についてショー用に偶然始めたとのことで深い意味はないそうです。

メンバーは
ミスガイ/Miss Guy(Vo)
ショーン/Sean Pierce(ギター)
ロケット/Rocket(ギター)
アダム・ヴォミット/Adam Vomit(ベース)
エレクトリックエディー/Electric Eddie(ドラム)

彼女(?)のアイドルであったブロンディーのデボラ・ハリーのオープニングアクトとしてSqueezeBoxにてデヴューしています。

1998年にRoadrunnerと契約するもサウンドとヴィジュアルで折り合いがつかず2000年のフルアルバムの話も流れています。

2001年にアルバム「Toilet Boys」をギターのショーン/Sean Pierceがプロデュースし自身のレーベルMasterplan Entertainmenから発売。このアルバム制作前時期にスティーヴ・ジョーンズ・プロデュースの話が出ています。

ミスガイはバンドはRAMONES, KISS, THE MISFITS, MOTLEY CRUEから影響を受けたといいます。
個人的な影響についてのコメント。

「私は音楽ファンなんです!私はジャックホワイト(ザ・ホワイト・ストライプス)が大好き!そしてミッシー・エリオット!
 

私は子どもの頃エルトン・ジョンとデヴィッド・ボウイが本当に好きだったの。
 

そしてボーイジョージは非常に魅力的であり続けています」


ミス・ガイ トイレット・ボーイズ



Toilet Boys(1996)
Squeeze Rox!からデヴューアルバム6曲入り

Living Like a Millionaire(1998)
2ndアルバム


Sinners and Saints(1999)
Coldfront Recordsからの3rdアルバム。


Toilet Boys(2001)
Masterplan Entertainmentから発売された最後のスタジオアルバム。日本盤も発売されています。


Live In London
RAMONESのメドレーの日本公演も収録。


Sex Music
メンバーのremix収録。


Toilet Böysは、2003年に解散し、メンバーのSean PierceとRocketはAfterpartyというグループを結成しています。

2010年6月14日ニューヨークのLe Poisson Rougeで再結成。

スティーヴジョーンズがプロデュースしてたらどうなってたんでしょうか。


Toilet Böys official MySpace

▼Toilet Boys 'Another Day In The Life' Official Video


▼PISTOLSは最高だけどそれ以外のバンドも探してみてください!DO IT YOURSELF!
にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村

| Steve Jones | 19:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ロイ・オービソンをマネージャー繋がりのスティーヴジョーズが語る「とてもスイートな男だった」

Mystery GirlZipper1

「オー・プリティ・ウーマン」のヒットで知られビッグ・オー/The Big Oの愛称を持つロイ・オービソン。

ジョンライドンが好きなラブソングにもロイ・オービソンが選ばれています。

意外にもデビュー当時はエルヴィス・プレスリーのバッタモン的な売り出され方をしています。


Roy Orbison - Clearwater, Florida 12-1-61 / rockinred1969


モニュメント・レコードへ移籍してからは全盛期を誇り「オー・プリティ・ウーマン」「ブルー・バイユー」などヒットを連発しています。1963年にはビートルズとジョイント・ツアーを敢行。

そんなロイ・オービソンとの思い出をセックス・ピストルズのスティーヴ・ジョーンズが語っています。

「ロイはとてもスイートな男だった。
当時は同じマネージャーだったんだけど、彼は新しいレコードを出したんだ。
オレはマリブで数回彼の家に行き、オレたちがカセットに録ったんだがノックアウトして死んじまった。
誰も何が起こったのか分からなくって、その曲はどっかいっちまったのさ」
スティーヴ・ジョーンズ
Steve_Jones_face1.jpg


1988年12月6日心筋梗塞で亡くなっています、享年52才。

スティーヴの言っている新しいレコードとは1988年発表の遺作『Mystery Girl』。
このアルバムにはオールスター覆面バンド、トラヴェリング・ウィルベリーズメンバー繋がりでトムペティーやジョージ・ハリスンも参加しています。



スティーヴ・ジョーンズとのセッション音源が残っていれば未発表音源集の『キング・オブ・ハーツ/King of Hearts』に収録されていたかもしれません。



Roy Orbison's Glasses / Sam Howzit


▼ロイ・オービソン遺作『Mystery Girl』


関連記事:ボブ・ディラン、ピストルズとクラッシュと共演 スティーヴ・ジョーンズ

▼PISTOLSは最高だけどそれ以外のバンドも探してみてください!DO IT YOURSELF!
にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村

| Steve Jones | 21:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

スティーヴジョーンズwith Royal Machines がボウイカバー「Suffragette City」

royalmachines.jpg
Zipper1

ピストルズのギタリスト、スティーヴ・ジョーンズとロイヤル・マシーンズ/Royal Machinesが共演しました。

曲はスティーヴジョーンズもソロアルバムでもカバーしたデヴィットボウイの「Suffragette City」。

ロイヤルマシーンズはオールスターのカバーバンド、キャンプフレディの進化したバンドです。
ガンズのマット・ソーラムが抜けてJosh Freeseが加入しています。

royalmachines01.jpg

ロイヤル・マシーンズメンバー

Chris Chaney(ベースギター)The Living End、Jane's addictionCamp Freddy
Josh Freese (ドラム)
デイヴ・ナヴァロ/Dave Navarro(ギター)Jane's addiction・元Red Hot Chili Peppers
マーク・マクグラス/Mark McGrath(ギター) Sugar Ray Camp Freddy
ビリー・モリソン/Billy Morrison(ギター)The Cult Camp Freddy
Donovan Leitch、Jr.(ボーカル) 俳優 Camp Freddy

スティーヴと共にJesse Hughes (Eagles Of Death Metal) も参加しています。

▼スティーヴ・ジョーンズとロイヤル・マシーンズのデヴィットボウイカバー「Suffragette City」


関連記事:「キャンプ・フレディ」スティーヴ・ジョーンズもゲスト参加のオールスターカバーバンド

▼ピストルズは最高だけどそれ以外のバンドも探してみてください!DO IT YOURSELF!
にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村

| Steve Jones | 21:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

優勝は誰?スティーヴジョーンズが審査する「neXt2rock 2017 Finaleイベント」@Viper Room

zimbio.jpgZipper1

ビッグ・マシン・レーベル・グループのヘッド、スコット・ボーチェッタがファッション・デザイナー・ジョン・バーバトスと共に開催している新人ロックミュージシャンを発掘イベント『neXt2rock 2017』

neXt2rock2017.jpg

このイベントの審査員にセックスピストルズのスティーヴジョーンズが就任しています。

今月カリフォルニア州ウェストハリウッドのジョニー・デップの経営するViper RoomにてneXt2rock 2017 Finaleイベントが行われます。(Viper Roomはニューロティックアウトサイダーズが定期的に活動していた場所でもあります)


Terner´s / The Viper Room / JF10


TOP画像はZIMBIOサイトで審査員の写真がアップされています。Gavin Rossdale, John Varvatos,スティヴジョーンズ, Desmond Child, Matt Pinfield, Scott Borchetta, Chris Lord-Alge, Mike McVay。
※画像がサイトにリンクしています。

現在5組のアーチストが勝ち残っていています。

個人的にはこの2組がおもしろかったです。

▼Will Evans

▼Marina City


▼その他のノミネートアーチスト
Migrant Motel
Another Day Dawns
IVØRY BLACK

IVØRY BLACKはBOØWYの影響でししょうか?

追記
『neXt2rock 2017』がIVØRY BLACK優勝しています。




▼PISTOLSは最高だけどそれ以外のバンドも探してみてください!DO IT YOURSELF!
にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村

| Steve Jones | 20:58 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

スティーヴジョーンズ「クリアな目で物事を見ることができたし、麻薬やアルコール逃げてなかったしね」Iggy pop・Instinct

InstinctZipper1

スティーヴ・ジョーンズは1987年にデュランデュランのアンディ―・テイラーのソロアルバム「Thunder」に参加。このアルバムは実質アンディーテイラーと2人で共同して制作されています。


イギーポップとは1987年の「Blah Blah Blah 」と 1988年のInstinct」と2枚のアルバムに参加しています。
 
この時期、スティーヴジョーンズはドラッグも抜けて充実していたとコメントしています。


それは良かったよ、オレがまともになったときだった。 それはオレが持っていた2つの人生のようだった - 穏やかになる前のね。
オレが穏やかになって、それは80年代なんだけど、イギーポップ、アンディ―テイラーなんか一緒に働いて、何度も何度も再スタートするようなものだったね。
そして、それは素晴らしかったのさ
オレはクリアな目で物事を見ることができたし、麻薬やアルコール逃げてなかったしね。
オレはその時代が好きだったよ。
スティーヴジョーンズ
Steve_Jones_face1.jpg



この時期より前の「チェッカード・パスト」や「プロフェッショナルズ」については「本当はあまり面白くなくって、ますますドラック漬けになっていった」とコメントしているのとは対照的です。


スティーヴジョーンズが参加したイギーポップ「Instinct」



1 Cold Metal
2 High On You
3 Strong Girl Written-By – Steve Jones
4 Tom Tom
5 Easy Rider Written-By – Steve Jones
6 Power & Freedom  Written-By – Steve Jones
7 Lowdown
8 Instinct
9 Tuff Baby
10 Squarehead  Written-By – Steve Jones

Guitar – Steve Jones
Bass – Leigh Foxx
Drums – Paul Garisto
Keyboards – Seamus Beaghen
プロデューサー: ビル・ラズウェル
リリース: 1988年6月20日
レーベル: A&Mレコード

Iggy Pop live 1980 / angrylambie1

「Instinct」プロデューサーはPILの「アルバム」も手掛けた元マテリアルのビル・ラズウェル。

ビル・ラズウェルはこのアルバムの前に坂本龍一の「NEO GEO」の共同プロデュースもしていて収録曲「RISKY」にイギーポップがゲスト参加(作詞も)しています。その繋がりと思われます。

坂本龍一RISKY


▼Iggy pop-Instinct


▼スティーヴ・ジョーンズは最高だけどそれ以外のバンドも探してみてください!DO IT YOURSELF!
にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村

| Steve Jones | 19:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT