NEVER MIND THE SEX PISTOLS

SEX PISTOLSの有益な情報をお届けいたします。 パンクというロックのカテゴリーのバンドです。 ANARCHY!

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

デモ音源Never Mind The Bollocks - Alternative takes 7インチ・シングル・ボックスセット!

WESSEX_pistols_top.jpg
Zipper1
77年未発表デモ音源も収めた7インチ・シングル・ボックスセット『Never Mind The Bollocks - Alternative takes (7×7” box set)』です。

このボックスセットには7枚の7インチ・シングル盤が収録されています。

シングルにはそれぞれ、アルバム『Never Mind the Bollocks, Here's the Sex Pistols(勝手にしやがれ!!)』収録曲の別テイク(デモ、ラフ・ミックスなど)を収めています。

1977年9月にロンドンで録音された「Belsen Was A Gas」のデモ音源2ヴァージョン(そのうち1つは未発表音源)も収めています。

アートワークはジェイミーリードのポスターを中心にセックスパックからHolidays in the Sunなどレアなジャケットとなっています。

WESSEX_pistols_b.jpg
WESSEX_pistols_a.jpg
ディスク枚数: 7



『Never Mind The Bollocks – Alternative takes (7×7” box set)』

Label: Universal UMC
Catalogue Number: SexPissbox1976
Release Date: April 19th, 2014

SINGLE 1
Holidays in the Sun (Rough Mix)
Produced by Chris Thomas, Engineered by Bill Price
Wessex Studios, London, April 22nd 1977
John Lydon: Vocals / Steve Jones: Guitar & Bass / Paul Cook: Drums

Body (Demo)
Produced by Chris Thomas, Engineered by Bill Price
Wessex Studios, London, June 11th 1977
John Lydon: Vocals / Steve Jones: Guitar / Paul Cook: Drums / Sid Vicious: Bass

SINGLE 2
No Feeling (Demo)
Produced by Dave Goodman
Riverside Recordings Studio July 27th 1976
John Lydon: Vocals / Steve Jones: Guitar / Paul Cook: Drums / Glen Matlock: Bass

Liar (Demo)
Produced by Dave Goodman
Recorded at Gooseberry Sound Studios, London, January 17-20th 1977
John Lydon: Vocals / Steve Jones: Guitar / Paul Cook: Drums / Glen Matlock: Bass

SINGLE 3
No Future (Demo)
Produced by Dave Goodman
Recorded at Gooseberry Sound Studios, London, January 17-20th 1977
John Lydon: Vocals / Steve Jones: Guitar / Paul Cook: Drums / Glen Matlock: Bass

Problems (Demo)
Produced by Dave Goodman
Recorded at Gooseberry Sound Studios, London, January 17-20th 1977
John Lydon: Vocals / Steve Jones: Guitar / Paul Cook: Drums / Glen Matlock: Bass

SINGLE 4
Seventeen (Rough Mix)
Produced by Chris Thomas, Engineered by Bill Price
Wessex Studios, London, May 16th 1977
John Lydon: Vocals / Steve Jones: Guitar & Bass / Paul Cook: Drums

Anarchy in the UK (Alternate Mix)
Produced by Chris Thomas, Engineered by Bill Price
Wessex Studios, London, November 11th 1976
John Lydon: Vocals / Steve Jones: Guitar & Bass / Paul Cook: Drums

SINGLE 5
Submission (Rough Mix)
Produced by Chris Thomas, Engineered by Bill Price
Wessex Studios, London, April 22nd 1977
John Lydon: Vocals / Steve Jones: Guitar & Bass / Paul Cook: Drums

Pretty Vacant (Demo)
Produced by Dave Goodman
Recorded at Gooseberry Sound Studios, London, January 17-20th 1977
John Lydon: Vocals / Steve Jones: Guitar / Paul Cook: Drums / Glen Matlock: Bass

SINGLE 6
New York (Demo)
Produced by Dave Goodman
Recorded at Gooseberry Sound Studios, London, January 17-20th 1977
John Lydon: Vocals / Steve Jones: Guitar / Paul Cook: Drums / Glen Matlock: Bass

EMI (Rough Mix)
Produced by Chris Thomas, Engineered by Bill Price
Wessex Studios, London, April 22nd 1977
John Lydon: Vocals / Steve Jones: Guitar & Bass / Paul Cook: Drums

SINGLE 7
Belsen Was A Gas (Demo)
Produced by John Tiberi
Denmark Street Rehearsal Room, London, September 20th 1977
John Lydon: Vocals / Steve Jones: Guitar / Paul Cook: Drums / Sid Vicious: Bass

Belsen Was A Gas (Demo 2) *previously unreleased←今回の目玉
Produced by John Tiberi
Denmark Street Rehearsal Room, London, September 20th 1977
John Lydon: Vocals / Steve Jones: Guitar / Paul Cook: Drums / Sid Vicious: Bass

安易なピストルズのブート盤が最近多く発売されていましたがそれを一掃するために発売されたんでしょうか。

レコードストアデイの4月19日に海外の一部店舗で限定発売。




▼PISTOLSは最高だけどそれ以外のバンドも探してみてください!DO IT YOURSELF!
にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村

| SINGLE official | 18:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Ultimate Classic Rockが決めたピストルズ代表曲ソングベスト10、1位は…

Sex Pistols i Norge, 1977Sex Pistols i Norge, 1977 / Riksarkivet (National Archives of Norway)
Zipper1

アメリカのクラシック・ロック系サイトUltimate Classic Rockが決めたセックスピストルズソングベスト10です。
Ultimate Classic Rock


10. No Feelings
From: 'Never Mind the Bollocks, Here's the Sex Pistols' (1977)


9. Did You No Wrong
From: 1977 Single


8. Silly Thing
From: 1979 Single


7. Submission
From: 'Never Mind the Bollocks, Here's the Sex Pistols' (1977)


6. Problems
From: 'Never Mind the Bollocks, Here's the Sex Pistols' (1977)


Holidays In The Sun

5. Holiday in the Sun
From: 'Never Mind the Bollocks, Here's the Sex Pistols' (1977)


bodies_201401221958011e2.jpg
4. Bodies
From: 'Never Mind the Bollocks, Here's the Sex Pistols' (1977)


Anarchy In The U.K.

3. Anarchy in the U.K.
From: 1976 Single


Pretty Vacant [7 inch Analog]

2. Pretty Vacant
From: 1977 Single


God Save the Queen

1. God Save the QueenFrom: 1977 Single


堂々の1位は「God Save the Queen」でした。「Silly Thing」が8位にランクインしていて意外な結果です。

みなさんのピストルズ・マイ・ベスト10はどんな順位ですか?


ソース:Ultimate Classic Rock Top 10 Sex Pistols Songs  amass.jp

▼PISTOLSは最高だけどそれ以外のバンドも探してみてください!DO IT YOURSELF!
にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村

| SINGLE official | 20:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ピストルズ、これがラストシングルWHO KILLED BAMBI

WHO KILLED BAMBI top
Zipper1
The Great Rock 'N' Roll Swindle偉大なるペテンの最終章。

SEX PISTOLSという名義を使用したという意味ではピストルズラストシングル「WHO KILLED BAMBI」です。

この時点では「WHO KILLED BAMBI」は「Silly Thing」、「Rock Around The Clock」は「The Great Rock 'N' Roll Swindle」のB面として既にシングルカットされています。

ヴォーカルはAB面ともにピストルズボーカル候補に挙げられたエドワード・チューダーポール/Edward Tudor-Poleです。

Ed Tudor Pole @ SO36 / Libertinus


非常にピストルズのコミカル部分を強調したすぎたキャラ設定ですね。

この人俳優として『ビギナーズ』、『シド・アンド・ナンシー』やボージン役で『ハリー・ポッターと秘密の部屋』に出演しています。
ビギナーズ ハリー・ポッターと秘密の部屋 シド・アンド・ナンシー

WHO KILLED BAMBI a
WHO KILLED BAMBI b

a WHO KILLED BAMBI
b ROCK AROUND THE CLOCK
UK7インチ
VIRGIN VS443
1981年9月発売

WHO KILLED BAMBIは作詞作曲のクレジットはチューダーとヴィヴィアン・ウエストウッド。

ROCK AROUND THE CLOCKは言わずと知れたビル・ヘイリー・アンド・ヒズ・コメッツのロックの古典名曲。
Rock Around the Clock
ジャケットにはTenpole TudorとSEX PISTOLSの両方のクレジットが記載されています。

よくわからないシングルですがJamie ReidのアートワークとSEX PISTOLSの名前が刻まれている点でのみ価値があります。

マルコムは映画を成功させようとしていたから、ジョンが抜けた後でたくさんセックス・ピストルズの名前ででてきた。やつはもう破れかぶれだったし、ヴァージンはやつに金をやって映画を完成させようとしていた。セックスピストルズの名前をだすことが資金集めの唯一の方法だったのさ。
ポール・クック
PAUL_COOK_M
Kiss Thisライナーより


誰がバンビを殺したんでしょうかね?



関連記事:Great Rock N Roll Swindleサントラ大っ嫌いだとジョンライドン

▼PISTOLSは最高だけどそれ以外のバンドも探してみてください!DO IT YOURSELF!
にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村

| SINGLE official | 20:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

日本盤ゴッド・セイブ・ザ・クィーン日本コロムビア YK-90-AX

GOD_SAVE_THE_QEEN_TOP
Zipper1
日本盤ゴッド・セイブ・ザ・クィーン

日本盤は1975年(昭和50年)にエリザベス2世が来日したせいかイギリス王室に気を使ってジャケットが差し替えられています。日本らしい対応ともいえます。

Queen Elizabeth wearing gown, sash and crown in doorway / La Reine Élizabeth portant la toge, la ceinture et la couronne dans une entrée de porte / BiblioArchives / LibraryArchives


GOD_SAVE_THE_QEEN_A
GOD_SAVE_THE_QEEN_B
Sex Pistols‎– God Save The Queen

A God Save The Queen
B Did You No Wrong
日本コロムビア YK-90-AX
Vinyl, 7", 45 RPM

発売当時の平凡パンチ(昭和52年11月14日号)のインタビューをみるといくつか日本関連のインタビューがあります。
‐ピストルズのメンバーに日本での「全面放送禁止」のことについて伝えると

ポール:エッ!放送禁止?日本で
スティーブ:なんでなんだ?
イギリス王室に対し敬意を欠いている理由説明
スティーブ:バカバカしい!
ほかの3人も「話にならねえよ」というゼスチャーでエキサイト。


-日本でのキミ達のニュースは伝わっている?

ポール:NO NO。ただ日本でオレたちのことを知っている奴がいるってのはわかっているよ
スティーブ:あとはまるで何も聞かないよな。
(ここで記者が『GOD SAVE~』)の好調なすべりだしを伝えると、ポールは上機嫌身をのりだして大喜び、すると
ジョニー:つまんねぇことさわいで浮かれんじゃねえよ
と怒鳴る。とポールもやり返して「なんでだよ!つまんねえことじゃねぇだろう」軽いジャブの応酬でチョン(原文のまま)となった。


このインタビューシドのことをシッドと記載されてて笑えます。プロレスラーの方になっちゃいますね(笑
Superstar Series: Sid Vicious [VHS] [Import]
またコロムビアレコードなどが中心になり来春(昭和53年)の日本公演にむけて交渉中とあります。

結果からいうと流れてしまったんでしょうね。結局初来日は再結成の1996年まで待たなきゃいけませんでした。

自分のようなタイムリーに体験していない後追いPUNKSには貴重な情報です。

Queen Elizabeth II and the Lord Mayor of Brisbane at the Royal Ball, Brisbane, 1954 / State Library of Queensland, Australia


関連記事:God save the Queen 歌詞 和訳
関連記事:日本コロムビア当時広告その名も「性の拳銃!!!」
関連記事:日本コロムビア当時広告「処女アルバム!犯すのは君だ!!」
関連記事:ジョニーロットン英国の王室批判?「王室は嫌いじゃない。制度が嫌いなんだ」

▼PISTOLSは最高だけどそれ以外のバンドも探してみてください!DO IT YOURSELF!
にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村

| SINGLE official | 20:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |