NEVER MIND THE SEX PISTOLS

SEX PISTOLSの有益な情報をお届けいたします。 パンクというロックのカテゴリーのバンドです。 ANARCHY!

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「1978年ニューウエーブベストソング10曲」にPIL「Public Imag」選出

Only OnesZipper1

independentサイトが発表した「1978年ニューウエーブベストソング10曲」です。

1978年はパンクの嵐の後ニューウエーブが開花した時期です。

ジョンライドン率いるPILのデヴュー曲「Public Imag」が5位にランクインしています。

1位は意外にもあの曲です。

10位 マガジン/ Magazine – Shot by Both Sides
1977年にハワード・ディヴォートがバズコックス脱退して結成したバンドマガジン。



9位
イアン・デューリーIan Dury and the Blockheads – What a Waste


8位 スージー・アンド・ザ・バンシーズ/ Siouxsie and the Banshees – Hong Kong Garden


7位 トーキングヘッズ/Talking Heads – Take Me to the River


6位 パティ・スミス・グループ/Patti Smith Group – Because the Night


5位 Public Image Ltd – Public Image


4位 エルヴィス・コステロ&ジ・アトラクションズ/Elvis Costello and the Attractions – Radio Radio


3位 ザ・アンダートーンズ/The Undertones – Teenage Kicks


2位 バズコックス/The Buzzcocks – Ever Fallen in Love (With Someone You Shouldn’t’ve)


1位 オンリー・ワンズ/The Only Ones – Another Girl, Another Planet


ソース:independent

▼PILは最高だけどそれ以外のバンドも探してみてください!DO IT YOURSELF!
にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村

| RANKINGS | 22:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

RadioX「過去最高の伝記映画15作品」に「シド・アンド・ナンシー」選出


Zipper1

RadioXサイトが「過去最高の伝記映画15作品」を発表しました。その15作品のなかに「シド・アンド・ナンシー」が選ばれています。

シド・アンド・ナンシー/Sid And Nancy

セックスピストルズのベーシスト、シドヴィシャスとその恋人のナンシースパンゲンを描いた映画。実際とは違いかなり美化された演出です。


■ウォーク・ザ・ライン/君につづく道-Walk The Line

カントリー・ミュージシャンのジョニー・キャッシュの伝記映画。


■イングランド・イズ・マイン/England Is Mine

モリッシーの伝記映画。イギリス人監督マーク・ギルの長編映画デビュー作。


24アワー・パーティー・ピープル/24 Hour Party People 2002年 イギリス

マンチェスターのレーベル、ファクトリー・レコードの社長であったトニー・ウィルソンの伝記を軸にマンチェスター・ムーヴメントを描いた作品。監督はマイケル・ウィンターボトム。

■ラッシュ/プライドと友情-Rush

1976年のF1世界選手権でのジェームス・ハントとニキ・ラウダのライバル関係を元に映画化。

■ボヘミアン・ラプソディ/Bohemian Rhapsody

イギリスが生んだロックバンドQueenの伝記映画、2018年12月25日公開予定。

グッドフェローズ/Goodfellas


■TINA/ティナ What’s Love Got To Do With It
ティナ・ターナーの自伝を映画化。


■コントロール/Control 2007年

ジョイ・ディヴィジョンのイアン・カーティスの半生を描いた伝記映画。


■ストレイト・アウタ・コンプトン/Straight Outta Compton 2015年 アメリカ

N.W.A.の結成から脱退、再結成までを描いた伝記的音楽映画

■エド・ウッド/Ed Wood

「アメリカで最低の映画監督」と呼ばれたメリカ合衆国の映画監督。映画プロデューサー、脚本家、俳優エド・ウッドの人生を映画化。

■それでも夜は明ける/12 Years A Slave

ワシントンD.C.で誘拐され奴隷として売られた自由黒人ソロモン・ノーサップによる奴隷体験記の映画化。

■ウルフ・オブ・ウォールストリート/The Wolf Of Wall Street 2014年

株式ブローカー、ジョーダン・ベルフォートの回想録を映画化した作品。

■ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ/Nowhere Boy 2009年イギリス

ビートルズ結成前の若きジョン・レノンを描いた伝記映画。


■ブレイブハート/Braveheart 1995年

メル・ギブソン主演・監督作品。
スコットランドの独立のために戦った実在の人物ウィリアム・ウォレスの生涯を描いた歴史映画。


ソース:RadioX

▼PISTOLSは最高だけどそれ以外のバンドも探してみてください!DO IT YOURSELF!
にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村

| RANKINGS | 23:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Girlschoolエニッド・ウィリアムズ「人生を変えた10枚のレコード」にピストルズ選出


Zipper1

女性ロック・バンド、ガールスクール/Girlschoolのベーシスト、エニッド・ウィリアムズ/Enid Williamsが人生を変えた10枚のレコードを発表しました。ハードロックとパンクの関係がわかる興味深いコメントです。

イギリスのClassic Rockサイトが発表。

ガールスクールはNWOBHMムーヴメントからド美出してきたイギリスの史上最長寿の女性ロック・バンド。

セックスピストルズ/Sex Pistols – Never Mind The Bollocks, Here's The Sex Pistols (1977)

私はパンクについて夢中になったことはなかったの。ブラック・サバスとツェッペリンが好きだったから。
でも、私にとってこれは本当のロックアルバムで、パンクのエネルギーを持っていたわ。
私が好きだった曲は、『Submission』。
これは初期のモーターヘッドみたいに聞こえるけど、この曲がどのようにNWOBHM(ニュー・ウェイヴ・オブ・ブリティッシュ・ヘヴィメタル)につながったかを知ることができる。
私たちはイエス、ELPなどの時代を経験していたんで、セックスピストルズが私たちに与えたショックが必要だったわけ」
エニッド・ウィリアムズ




ジャニスジョップリン/Janis Joplin – Greatest Hits (1973)




バッド・カンパニー/Bad Company - Bad Company (1974)




Various - Motown Chartbusters Vol. 4 (1970年)
モータウンのソウル・ナンバーを集めたコンピレーション・シリーズ4作目。




ブラック・サバス/Black Sabbath – Paranoid (1970)

「図書館にはいくつかのアルバムがありました。
そこが私がブラック・サバスを発見した場所なの。
このアルバムを聞いたとき、私は何がおこったのか分からなかった。
『War Pigs』で凍りついていた。 耳にしたこと信じられませんでした」




レッド・ツェッペリンLed Zeppelin – 1 (1969)

「彼らが1975年にアールズ・コートで演奏した時、Kim(McAuliffe)と私はチケットを買うために一晩中待っていたの。
私たちは誰かのドアステップで寝てね。
それは本当に楽しいと思ったし、『Dazed and Confused』(アルバム4曲目)みたいな曲は私に影響を与えたわ」





デヴィッド・ボウイ/David Bowie – アラジン・セイン/Aladdin Sane (1973)
ボウイ6枚目のアルバム。バックはミック・ロンソン在籍のスパイダーズ・フロム・マーズ。




ビリー・ホリデイ/Billie Holiday – Good Morning Hearache (1987)
「レディ・デイ」の愛称のジャズシンガー。




クルト・ワイル&ベルトルト・ブレヒト/Kurt Well & Bertolt Brecht –三文オペラ/The Threepenny Opera (1928)





モーターヘッド/Motörhead – Overkill (1979)

ガールスクールはインディーでだしたシングルを聴いたモーターヘッドのレミーにスカウトされ、モーターヘッドのオーヴァーキル・ツアーのサポート・アクトとして起用された経緯があります。

「1979年初め、彼らと一緒にツアーに出かけたことを思い出します。それはとても活気のある時期だった。
あたし達は彼らからとても多くを学んだわ。
私は毎晩、そこに立って、彼らが "Overkill"の歌に着手したときのバンドを見ていたことを思い出すわ。
それ以外は何も聞こえませんでした」




ソース:Classic Rock

▼Girlschool - C'mon Lets Go


▼PISTOLSは最高だけどそれ以外のバンドも探してみてください!DO IT YOURSELF!
にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村

| RANKINGS | 23:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

セックスピストルズ1977年選出Kerrangの「1977年〜2017年のベスト・パンク・アルバム40」

ニムロッド
Zipper1

英国のロック雑誌Kerrang!が発表した「1977年〜2017年のベスト・パンク・アルバム 40」です。



1977年から2017年までの40年間を、その年それぞれ代表するパンク・アルバムを1タイトルずつ選んでいます。

1977年はセックス・ピストルズを選出しています。

1977年 セックス・ピストルズ/SEX PISTOLS - 勝手にしやがれ!!/NEVER MIND THE BOLLOCKS HERE’S THE SEX PISTOLS


1978年 エックス・レイ・スペックス/X-RAY SPEX - GERM FREE ADOLESCENTS


1979年 ザ・クラッシュ/THE CLASH - LONDON CALLING


1980年 ラモーンズ/RAMONES - エンド・オブ・ザ・センチュリー/END OF THE CENTURY




1981年 ブラックフラッグ/BLACK FLAG - ダメージド/DAMAGED


1982年 ディセンデンツ/DESCENDENTS - MILO GOES TO COLLEGE


1983年 マイナー・スレット/MINOR THREAT - OUT OF STEP


1984年 ミニットメンMINUTEMEN - DOUBLE NICKELS ON THE DIME


1985年 ザ・ポーグス/THE POGUES - ラム酒、愛 そして鞭の響き/RUM SODOMY & THE LASH


1986年 バッド・ブレインズ/BAD BRAINS - I AGAINST I




1987年 デッド・ケネディーズ/DEAD KENNEDYS - GIVE ME CONVENIENCE OR GIVE ME DEATH


1988年 バッド・レリジョン/BAD RELIGION - SUFFER


1989年 ノーミーンズノー/NOMEANSNO - WRONG


1990年 ポイズン・アイディア/POISON IDEA - FEEL THE DARKNESS


1991年 レザーフェイス/LEATHERFACE - MUSH


1992年 NOFX - WHITE TRASH, TWO HEEBS AND A BEAN




1993年 ビキニ・キル/BIKINI KILL - PUSSY WHIPPED


1994年 グリーン・デイ /GREEN DAY - DOOKIE




1995年 ランシド/RANCID - ・・・アンド・アウト・カム・ジ・ウルブス/…AND OUT COME THE WOLVES


1996年 プロパガンディ / PROPAGANDHI - LESS TALK MORE ROCK


1997年 グリーン・デイ /GREEN DAY -ニムロッド/ NIMROD


1998年 リフューズド/REFUSED - THE SHAPE OF PUNK TO COME


1999年 ミスフィッツ/MISFITS -フェイマス・モンスターズ/ FAMOUS MONSTERS


2000年 AFI - THE ART OF DROWNING


2001年 ラーズ・フレデリクセン・アンド・ザ・バスターズ/LARS FREDERIKSEN AND THE BASTARDS - LARS FREDERIKSEN AND THE BASTARDS


2002年 ザ・ディスティラーズ/THE DISTILLERS - シング・シング・デス・ハウス/SING SING DEATH HOUSE




2003年 ギブ・アップ・ザ・ゴースト /GIVE UP THE GHOST - BACKGROUND MUSIC


2004年 ライズ・アゲインスト/RISE AGAINST - サイレン・ソング・オブ・ザ・カウンター・カルチャー/SIREN SONG OF THE COUNTER CULTURE


2005年 モダン・ライフ・イズ・ウォー /MODERN LIFE IS WAR - ウィットネス/WITNESS


2006年 ギャロウズ/GALLOWS - ORCHESTRA OF WOLVES


2007年 ゴースト・オブ・ア・サウザント/THE GHOST OF A THOUSAND - THIS IS WHERE THE FIGHT BEGINS


2008年 ザ・ガスライト・アンセム/THE GASLIGHT ANTHEM - THE ‘59 SOUND




2009年 レザーマウス/ LEATHERMOUTH - XO


2010年 ホワイト・ラング/WHITE LUNG - IT’S THE EVIL


2011年 ロッティング・アウト/ROTTING OUT - STREET PROWL


2012年 OBLITERATIONS - POISON EVERYTHING


2013年 オフウィズゼアヘッズ /OFF WITH THEIR HEADS - HOME


2014年 アゲインスト・ミー!AGAINST ME! - TRANSGENDER DISPHORIA BLUES


2015年 G.L.O.S.S.- GIRLS LIVING OUTSIDE SOCIETY’S SHIT
gloss.jpg

2016年 ジ・インタラプターズ/THE INTERRUPTERS - セイ・イット・アウト・ラウド/SAY IT OUT LOUD


2017年 BAD COP / BAD COP - WARRIORS




ピストルズをスタートとしたパンクですが、こうやってパンクを流れとして眺めると2作品も入っているグリーン・デイは重要なポイントです。

ソース:kerrang

▼PISTOLSは最高だけどそれ以外のバンドも探してみてください!DO IT YOURSELF!
にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村

| RANKINGS | 21:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

PIL10位11位 NME1979年Singlesトップ40 ニューウエーブ開花!

Death Disco [Analog]Zipper1

NMEの1979年 Singlesです。ジョンライドン率いるPILが10位11位です。

パンクの嵐が去りニューウエーブが開花しています。

35位にTv Personalitiesというバンドの「Where’s Bill Grundy Now」が入っています。ピストルズがTV生放送中に暴言を吐いて問題になったビルグランディー事件が題材となっています。

40位. Electricity - OMD/Orchestral Manoeuvres In The Dark
39位. A Message To You Rudi - スペシャルズ/The Specials
38位. Protection - グレアム・パーカー/Graham Parker
37位. Time Goes By So Slow - Distractions
36位. Saturday Night Beneath The Plastic Palms - Leighton Buzzards

35位. Where’s Bill Grundy Now - Tv Personalities

34位. Stop Your Sobbing - プリテンダーズ/Pretenders

33位. We Are Family - Sister Sledge
32位. Heart Of Glass -ブロンディー/ Blondie
31位. Girls Talk - Dave Edmunds

30位. Pop Music - M


29位. On My Radio -セレクター/ Selector
28位. Memphis Tennessee - Silicone Teens
27位. Get Over You -アンダー・トーンズ/ The Undertones
26位. Transmission - ジョイデヴィジョン/Joy Division


25位. Touch - Lori & The Chameleons
24位. Boys Don't Cry -キュアー/ The Cure

23位. The Prince - Madness
22位. Living On The Front Line - Eddie Grant
21位. Rowche Rumble - フォール/The Fall

20位. Boogie Wonderland -アース・ウィンド・アンド・ファイアー Earth Wing And Fire
19位. She's Beyond Good & Evil - ポップグループ/The Pop Group

18位. Life During Wartime - トーキングヘッズ/Talking Heads
17位. The Pictures On The Wall -エコー&バニーメン/ Echo & The Bunnymen

16位. Queen Of Hearts- Dave Edmunds

15位. Making Plans For Nigel - Xtc


14位. Don't Stop 'Til You Get Enough - マイケル・ジャクソン/Michael Jackson
13位. Rock Lobster - The B52's
12位. My Feet Keep Dancing -シック/ Chic
11位. Death Disco - Public Image Ltd.

10位. Memories - Public Image Ltd.

9位. Shake Your Body - ジャクソンズ/The Jacksons
8位. Spacer - Sheila B Devotion
7位. Oliver's Army -エルヴィスコステロ/ Elvis Costello
6位. Message In A Bottle - The Police


5位. Strange Town - ザ・ジャム/The Jam
4位. I Will Survive - Gloria Gaynor
3位. London Calling -クラッシュ/The Clash
2位. Gangsters - スペシャルズ/The Specials

1位. Eton Rifles - ザ・ジャム/The Jam

ということでポールウエラー率いるジャム「Eton Rifles」(4thアルバム『Setting Sons』収録)が1位です。


▼ザ・ジャム「Eton Rifles」


▼PISTOLSは最高だけどそれ以外のバンドも探してみてください!DO IT YOURSELF!
にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村

| RANKINGS | 22:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT