NEVER MIND THE SEX PISTOLS

SEX PISTOLSの有益な情報をお届けいたします。 パンクというロックのカテゴリーのバンドです。 ANARCHY!

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ジェイミーリードがヴォーカル曲収録!Shut Up and Danceアルバム 「reclaim the streets」

Reclaim The StreetsZipper1

セックス・ピストルズのアートワークを手掛けたジェイミー・リード/Jamie Reid。


Sex Pistols Montage - jamie reid / libertygrace0


なんとジェイミー・リードがヴォーカルをとったShut Up and Danceの 「reclaim the streets」とういアルバムが存在します。

このアルバム11曲目「Eleven September」でジェイミー・リードがヴォーカルをとっています。

Shut Up and Danceは、Philip 'PJ' JohnsonとCarl 'Smiley' Hymanによるヒップホップ、ハウス、ハードコアを融合したイギリスのデュオ・グループ。

1992年5月シングル「Raving I'm Raving」が英国シングルチャートで2位になっています。

■Shut Up and Dance 「reclaim the streets」


1 Riot! /Vocals – PJ
2 Heaven On Earth /Vocals – Jenny Howe
3 The Wheel Clamp Riddim
4 Reclaim The Streets Featuring – DJ Hype /Vocals – PJ
5 The CrackHead Riddim
6 BabyMother Blues /Vocals – Adé
7 SuperNova /Vocals – Stephanie Meade
8 Release The Gimp /Vocals – PJ
9 Anger Management /Vocals – PJ
10 The Guestlist Riddim
11 Eleven September /Vocals – Jamie Reid
12 Arrest The President /Vocals – PJ
13 There's Evil Amongst Us /Vocals – PJ
14 We Know Where You Live!
15 The Butters Riddim
16 The Bailiff Letter

Shut Up And Dance Records ‎– SUAD006
2003年発売

ジェイミー・リードがどういう経緯で参加したのかは不明です。アルバムのアートワークは手掛けていません。

napster←「Eleven September」未収録


Eleven September←こちらでジェイミーリードヴォーカル「Eleven September」試聴できます

▼Shut Up and Dance Reclaim The Streets



▼PISTOLSは最高だけどそれ以外のバンドも探してみてください!DO IT YOURSELF!
にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村

| Jamie Reid | 21:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

イギリスの義賊ディック・ターピンとは?ジェイミーリード 「GOD SAVE DICK TURPIN」

GOD-SAVE-DICK-TURPIN.jpg
Zipper1

ピストルズのアートディレクターのジェイミーリードの作品「God Save The Dick Turpin」。

ディック・ターピン/Dick Turpinといわれても日本人にはいまいちピンときません。

ということでディック・ターピンの紹介です。

jamie_reid_two.jpg

ディック・ターピンは本名をリチャード・ターピンといい18世紀に活躍したイギリスの義賊です。

父親の跡を継ぎ肉屋として働いていたターピンは1730年代初頭にエセックスで鹿泥棒の一団に加入。エセックス・ギャング団が当局によって解体されてから、ターピンは有名な所業である追い剥ぎを開始します。

追い剥ぎの罪によりヨークで死刑執行されたのち英雄視し美化された物語が作られたことで、「イギリスの子供なら誰でも知っている」人物になっています。

フィクションの中でのターピンは金持ちから金品を奪い貧民にそれを分け与えるという典型的な盗賊となっています。

自分の仲間を救うために一晩中馬を走らせたり、強盗をしかけた悪人の婚約者と恋に落ちロマンスに堕ちるなどなど魅力的な悪党として描かれています。


Image from page 322 of "Life on the road : or, Claude, Turpin, and Jack, being a complete account of the most daring adventures of the notorious highwaymen, Claude Duval, Dick Turpin, and Sixteen-string Jack" (1800) / Internet Archive Book Images


イギリス版鼠小僧といったところでしょうか。


Image from page 56 of "Life on the road : or, Claude, Turpin, and Jack, being a complete account of the most daring adventures of the notorious highwaymen, Claude Duval, Dick Turpin, and Sixteen-string Jack" (1800) / Internet Archive Book Images



Dick Turpin Carving / Lil Shepherd


Dick Turpin's grave in York / Matt From London


ディック・ターピンは聖ジョージ教会の墓地に埋葬されてます。


Blue Bell Inn (Home of Dick Turpin) I / René Clausen Nielsen


Dick Turpin, Highwayman (English Edition)


ジェイミーリード、「GOD SAVE~」シリーズの題材に世間に不快感を与える人物が多いなか少し好感のもてるディック・ターピンという人物を選んでいるのが意外です。

god_save_.jpg

イメージだけで実際は犯罪者ですが。

▼TVドラマ「ディック・ターピン」のテーマ曲



関連記事:ソニックユースのジャケにもなった殺人鬼ブレイディー&ヒンドレーとは?

▼PISTOLSは最高だけどそれ以外のバンドも探してみてください!DO IT YOURSELF!
にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村

| Jamie Reid | 21:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

デビッド・ジェイコブス氏の主張「Nowhere buses」はオレの作品だ!ジェイミーリードにパクられた

Licenses Products Sex Pistols Pretty Vacant Sticker [並行輸入品] Zipper1

70年代アメリカのSituationist「ポイント・ブランク!」Point-Blank!のデビッド・ジェイコブス/David Jacobsっはジェイミー・リードではなく、自分が悪名高い「Nowhere Buses」パンクのグラフィックを作ったと主張しています。

「Nowhere Buses」グラフィックジェイミー・リードがセックスピストルズの1977年シングル「プリティ・ヴェイカントPretty Vacant」裏ジャケット用に制作され、にその後限定版としてプリントにも何度も使用されてきました。


"私もPoint-Blank!の誰も! これまで私たちが行ったことの商業化を望んでいた。 それは商取引の対立であった」しかし、ジェイミー・リードが、このアートワークの利益をOccupyのような正当な理由(私たちが非常に関わっている)に寄付してくれたなら、私たちは元気になるでしょう」
デビッド・ジェイコブス



ジェイコブス氏は、1973年にサンフランシスコでの大量輸送に抗議した一環として、パンフレットに最初に登場したデザインを発案したと主張しています。
aulgormaniscom.jpg
paulgormanis
上記はソース元のpaulgormanisサイト。バスの画像がジェイコブス氏製作したもの。2台のバスに「Nowhere」の文字が入っていてジェイミーリードと同じです。

「Holidays in the Sun」もベルギーの旅行会社のパンフレットから借用してますしあり得る話でもあります。しかし話題性のためのパクリですから相手が少し小さい気がします。

本当の真実は分りません。



▼ピストルズは最高だけどそれ以外のバンドも探してみてください!DO IT YOURSELF!
にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村

| Jamie Reid | 22:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

イギリス人お気に入りのアート作品20選にジェイミー・リードのピストルズ・アートワーク選ばれる

Banksy Girl and Heart BalloonBanksy Girl and Heart Balloon / - Dom -
Zipper1

サムスン/Samsungの液晶テレビ「THE FRAME」。

「まるで絵画のようなテレビ」ということで、発売を記念して「イギリス人お気に入りのアート作品」を選ぶ人気投票がイギリスで行われました。

イギリス人アーティストによる作品から選ぶという条件で、アート編集者やライター2000人を対象にが20作品の中から好きな5作品に投票されてます。

安易な企画ですが結果は興味深いものとなっています。

4つの彫刻の他、セックスピストルズやピンク・フロイド、ビートルズの3枚のアルバムカバーも選ばれています。

イギリス人お気に入りアート作品堂々の1位は覆面アーチスト、バンクシーの「バルーンガール」が選ばれています。

1位 バンクシー/Banksy 「バルーンガール/Girl with Balloon」
オークションにかけられ50万ポンド(約7300万円)。


2位 ジョン・コンスタブル/John Constable 「乾草の車/The Hay Wain」
ジョン・コンスタブルは19世紀のイギリスの風景画家。

the hay wain / KCC246F


3位 ジャック・ベトリアーノJack Vettriano 「歌う執事/The Singing Butler」
スコットランド出身の画家ジャック・ベトリアーノ。1951年生まれ。現在はエジンバラ在住。


4位 ジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナー/JMW Turner 「The Fighting Temeraire」
イギリスのロマン主義の風景画家 ジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナー。


5位 アントニー・ゴームリー/Antony Gormley 「エンジェル・オブ・ザ・ノース/ The Angel of the North」
イングランド北部のタインアンドウィア州ゲーツヘッドにある彫刻。

Angel of the North 002 / Dan Shirley


6位 ローレンス・スティーヴン・ラウリー/ LS Lowry 「Going to the Match」
マンチェスターのペンドルベリーを拠点に活動。


7位 ジョン・ウィリアム/John William 「Waterhouse The Lady of Shalott」

John William Waterhouse - The Lady of Shalott 1888 / ahisgett


8位 ピーター・ブレイク/Peter Blake 「Sgt Pepper album cover」


9位 Hipgnosis and George Hardie 「Dark Side of the Moon album cover」
ピンク・フロイドの名盤「狂気」。


10位 ジョージ・スタッブス/George Stubbs 「Mares and Foals in a River Landscape」
ジョージ・スタッブスは18世紀のイギリスの画家。馬を描いた作品が有名。

Horse Art Collection. / koiart71


11位 トマス・ゲインズバラ/Thomas Gainsborough 「Mr and Mrs Andrews」
18世紀のイギリスの画家。

Thomas Gainsborough - Mr and Mrs Andrews / irinaraquel


12位
ジョン・エヴァレット・ミレーエバレット/John Everett Millais 「オフィーリア/Ophelia」
ウィリアム・シェイクスピアの四大悲劇『ハムレット』第4幕7章の一場面。

Millais, John Everett (1829-1896) / rjhuttondfw


13位
アンディー・ゴールズワージー/Andy Goldsworthy 「Balanced Rock Misty」
スコットランド在住のアーチスト、写真家。自然物を素材として使用した彫刻を制作。
balance-rock.jpeg

14位 デイヴィッド・ホックニー/David Hockney 「A Bigger Splash」
イギリスを代表するポップアートの先駆者。現在はアメリカで活動。

David Hockney - A Bigger Splash 1967 / oddsock


15位 ブリジット・ライリー/Bridget Riley 「Movement in Squares」
ブリジット・ライリーは1931年に英国ロンドンに生まれ、オプティカル・アートの代表的作家。


16位 Anish Kapoor 「アルセロール・ミッタル・オービット /ArcelorMittal Orbit」
ロンドンのストラトフォードのオリンピック・パークにある、高さ115メートルの展望塔。2012年のロンドン・オリンピック記念。

ArcelorMittal Orbit / theglobalpanorama


17位 スティック/Stik 「A Couple Hold Hands in the Street」
ロンドンのストリートアーティスト・Stik。

peace / jonny2love


18位 マギー・ハンブリング/Maggi Hambling 「スキャロップ/Scallop」
イギリスのイースト・アングリア地方、サフォーク州にあるオールドバラの浜辺にに立つホタテをモチーフにした高さ15フィート4.6mの彫刻。この浜辺を散歩していた作曲家ベンジャミン・ブリテンに捧げられています。

The Scallop, dedicada a Britten / sonojacker


19位
ヘンリー・ムーア/Henry Moore 「Reclining Figure」
20世紀のイギリスを代表する芸術家・彫刻家。箱根 彫刻の森美術館にも展示。

Henry Moore's Large Reclining Figure, Kew Gardens, London. / Jim Linwood


20位
ジェイミー・リード/Jamie Reid 「Never Mind the Bollocks album cover」


ということでセックスピストルズのアルバムカバーが20位に入っています。

古典的な作品のなかにジェイミーリードのアートワークも入っているところがいかにも英国らしい結果となってます。

関連記事:Banksyとメイキンググラフティーアート「John Lydon by Paw Ski - Sheffield Graffiti」
関連記事:スティーブは「Never mind the bollocks」と吐き捨て「そいつだ!」アルバムアート誕生秘話

▼PISTOLSは最高だけどそれ以外のバンドも探してみてください!DO IT YOURSELF!
にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村

| Jamie Reid | 21:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ジェイミーリードアートワークAfro-Celt Sound System「霊的な変化も必要なんだよ」

Zipper1

アフロ・ケルト・サウンド・システム/Afro Celt Sound Systemは、イギリスのプロデューサー兼ギタリスト・サイモン・エマーソンを中心として結成された多国籍グループ。

結成のキッカケはピーター・ガブリエルの開催している『リアル・ワールド・レコーディング・ウィーク』セッションからです。

ケルト音楽のメロディと西アフリカ音楽のリズムを融合した独自の音楽を生み出しています。

アルバムにはピーター・ガブリエルはもちろんのことケルト音楽にルーツがある関係かシネイド・オコナーなども参加したりしています。
Vol. 2, Release Volume 3: Further in Time


アフロ・ケルト・サウンド・システムのアートワークをピストルズをデザインしたジェイミーリードが手掛けてます。

「私の作品には、常に秘儀的な部分と政治という二つの側面があるんだよ。
作品は深く社会主義的で非常にドルイド(古代ケルト社会のドルイド教)的な家族の中で育てられなければならないと思うね。
私はドルイドであり、政治的な変化を必要とするのと同じくらい、霊的な変化も必要なんだよ」
ジェイミー・リード


アフロ・ケルト・サウンド・システム昨年11年ぶりのアルバム『The Source』を発表しています。
Source


▼Jamie Reid - The AfroCelt Sound System - Band Promo Video


▼ピストルズは最高だけどそれ以外のバンドも探してみてください!DO IT YOURSELF!
にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村

| Jamie Reid | 21:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT