NEVER MIND THE SEX PISTOLS

SEX PISTOLSの有益な情報をお届けいたします。 パンクというロックのカテゴリーのバンドです。 ANARCHY!

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ザ・ストゥージズ映画『ギミー・デンジャー』予告編ナレーション永瀬正敏

ギミー・デンジャー~ストーリー・オブ・ザ・ストゥージズ
Zipper1

セックスピストルズはストゥージズの「アイ・ワナ・ビー・ユア・ドッグ」をカバーしました。

「オレはザ・ストゥージズをアーリーパンクとして見たことなんかないね。
そいつはメディアの操作だ。
オレは彼らのことが大好きだったんだけど、いつもその長い髪の毛にぞっとしていたんだよ」
ジョンライドン・ジョニーロットン
Anger-johnlydon.jpg



そんなパンクにも影響をあたえたストゥージズの映画『ギミー・デンジャー』がジム・ジャームッシュ監督作品として完成。

もともとジムジャームッシュ監督自身がイギーポップの大ファンで自身の作品でジョニー・デップ主演の『デッドマン』や2003年の作品『コーヒー&シガレッツ』などにイギーを起用、出演しています。
デッドマン スペシャル・エディション [DVD] コーヒー&シガレッツ [DVD]


イギーはジャームッシュに「俺たちストゥージズの映画を撮って欲しい」とオファーしたことから始っています。

この映画はストゥージズのメンバーと本当に身近な関係者のみを取材して制作されています。

デヴィッド・ボウイとの出会いや再結成にも触れられているようです。

今回アップされた映画予告編では永瀬正敏さんがナレーションを担当。

「“ジム・ジャームッシュ×イギー・ポップ&ストゥージズ”その組合せを聞いただけでもワクワクしたが、観終わった今もその胸の高まりがおさまらない! 最高!!」
永瀬正敏
アクターズ・ファイル 永瀬正敏


永瀬さん2ndアルバム『Vending Machine』でイギー・ポップから曲提供されています。(このアルバムジョーストラマーも参加しています)
Vending-Machine.jpg

またジム・ジャームッシュ作品『ミステリー・トレイン』に出演していますし、次回作にも出演予定の絡みでのことみたいです。

この映画は史上最高のロックン・ロールバンドに宛てたラヴレターだ
ジム・ジャームッシュ監督



映画『ギミー・デンジャー』
監督:ジム・ジャームッシュ
出演:イギー・ポップ、ロン・アシュトン、スコット・アシュトン、ジェームズ・ウィリアムスン 他
2016年/アメリカ/英語/108分/アメリカンビスタ/カラー、モノクロ/5.1ch/原題: GIMME DANGER

カンヌと、北米ではトロント国際映画祭で上映されています。

全米では10月28日公開。
日本では9月2日より新宿シネマカリテほかで全国順次公開されることが決定していて、7月15日~8月18日にわたって開催される「カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション 2017」のクロージング作品として先行上映されることも決定しています。


追記

映画『ギミー・デンジャー』のBlu-ray&DVDリリース決定。

映画『ギミー・デンジャー』のブルーレイ&DVDが3月28日(水)に発売されます。

【早期購入特典あり】 ギミー・デンジャー (メーカー多売:B2ポスター) [Blu-ray]

また『ギミー・デンジャー』の発売に合わせて、2010 年 9 月に行われたストゥージズのアルバム「RAW POWER」全曲再現ライヴをおさめた『実演!淫力魔人/イギー&ザ・ストゥージズ』が初のブルーレイ化、DVD再発です。

ジム・ジャームッシュがキュレーターを務めた All Tomorrow’s Parties でのこのライヴが完全日本語字幕で登場です。

実演! 淫力魔人/イギー&ザ・ストゥージズ [Blu-ray]

▼映画『ギミー・デンジャー』予告編



▼PISTOLSは最高だけどそれ以外のバンドも探してみてください!DO IT YOURSELF!
にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村

| NEWS | 22:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

PILポーランドのJarocin Festival、2018年7月15日出演決定!


Zipper1


ジョンライドン率いるパブリックイメージリミッテッドが2018年7月15日ポーランドのJarocin Festivalに出演決定しました。

今回Jarocin Festivalはジョンライドンに敬意を示し、映画館展覧会本や街のディスプレイもPILが取り入れられるそうです。

今年はPIL忙しくなってきました。
JarocinFestivalPIL.jpg

情報が入り次第追記します。

▼2017年のJarocin Festivalのニュース映像


▼PISTOLSは最高だけどそれ以外のバンドも探してみてください!DO IT YOURSELF!
にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村

| NEWS | 21:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

映画【SAD VACATION ラストデイズ・オブ・シド&ナンシー】日本版予告「シドがナンシーを殺せるわけないと思ってた」

sad-vacation.jpgZipper1
▲映画「SAD VACATION ラストデイズ・オブ・シド&ナンシー」ツイッターより転載

映画『SAD VACATION ラストデイズ・オブ・シド&ナンシー』の日本版予告編が公開されたました。

『SAD VACATION ラストデイズ・オブ・シド&ナンシー』は、1979年に死去したSex Pistolsのベーシスト、シド・ヴィシャスと、前年に遺体で発見された恋人のナンシー・スパンゲンの破滅的で激しい恋愛模様をクローズアップしたドキュメンタリー作品。

死の直前まで2人と親交を持っていた友人らの証言や、写真などの資料を通して、当時の様子を探る内容となっています。

マルコム・マクラーレンをはじめ、ピストルズ加入を勧められたシルヴェイン・シルヴェイン(New York Dolls)、リー・ブラック・チルダース、スティンカー(ピュアヘル)、シンシア・ロス(ザ・ビーガールズ)、ピストルズカメラマン・ボブ・グルーエンらが出演。

監督はザ・クラッシュのドキュメンタリー『ザ・ライズ&フォールズ・オブ・クラッシュ』や『Looking for Johnny ジョニー・サンダースの軌跡』を手掛けたスペイン人のダニー・ガルシア。

▼予告編のコメント

「シドは愛嬌もユーモアのあるやつで、賢い悪ガキって感じだった」
「シドから離れないナンシーの誘拐も試みたよ」
ピストルズのローディー、スティーヴ・コノリー


「ヘロインはもちろんメタドンやらツイナールまで手に入るドラックなら何でもやっていた」
ハウイーピロ


「ナンシーは麻薬中毒のグルーピー」
ロベルタベイリー


「シドがナンシーを殺せるわけないと思ってた」
ボブ・グルーエン


「仲間で吸っちまえと-結局シドの遺灰を吸ったのは俺だけだった」
ハウイー・ピロ(D Generation)



12月17日から東京・新宿K’s cinema、渋谷ユーロスペースほかにて順次公開。

映画『SAD VACATION ラストデイズ・オブ・シド&ナンシー』
公開日:2016年12月17日(土)
監督:ダニー・ガルシア
脚本:ダニー・ガルシア、ブレット・ダンフォード
プロデューサー:ダニー・ガルシア、シザー・メンデス、ヴァネッサ・ダメリオ
編集:シザー・メンデス
出演:シド・ヴィシャス(Sex Pistols)、ナンシー・スパンゲン、シルヴェイン・シルヴェイン(New York Dolls)、リー・ブラック・チルダース、ボブ・グルーエン(写真家)、マルコム・マクラーレンほか
2016 Chip Baker Films
2016年/スペイン/英語/94分

映画『SAD VACATION ラストデイズ・オブ・シド&ナンシー』公式サイト



追記 DVD発売決定  2018年3月20日 発売
『SAD VACATION ラストデイズ・オブ・シド&ナンシー』
品番:VPBU-15725(JAN:4988021157254) 価格:3,800円+税

ディスク:本編ディスク1枚
収録時間:本編94分+映像特典26分
仕様:片面2層/モノクロ,COLOR/16:9 ビスタサイズ/ドルビーデジタルステレオ/音声1:英語/日本語字幕

【映像特典(予定)】
・The Heartbreakers『TAKE A CHANCE』オリジナルMV
・未公開インタビュー集
・海外ティザー
・日本版劇場予告

【封入特典(予定)】
・オリジナルブックレット(掲載内容 ライナーノーツ:大鷹俊一/インタビュー全編:水上はるこ)
・特製アウターケース

▼Amazon.co.jp限定は缶バッジの特典付きです。

【Amazon.co.jp限定】SAD VACATION ラストデイズ・オブ・シド&ナンシー (非売品プレス+缶バッジ3個セット付) [DVD]




▼映画『SAD VACATION』は最高だけどそれ以外のバンドも探してみてください!DO IT YOURSELF!
にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村

| NEWS | 19:39 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

X-Ray Spexポーリー・スタイレンの映画『Poly Styrene: I Am a Cliche』

PolyStyreneIAmaCliche.jpgZipper1

ピストルズのジョニー・ロットンが「オリジナリティがある」と認めていたバンド、Xレイ・スペックス/X-Ray Spex。

その女性ヴォーカリスト、ポーリー・スタイレン/Poly Styreneのドキュメンタリー映画『Poly Styrene: I Am a Cliche』が公開予定です。

この作品は完成させるためにクラウドファンディングサイトのIndiegogo資金調達キャンペーンを使っていて現在無事103%に達しています。予定どうりなら今年2018年公開されます。

1970年代後期パンク・シーンにおいて労働者階級で黒人女性としての経験とXレイ・スペックスでの活躍をフィーチャーした作品。「ロック・ヒストリーの中で最も一般的ではなかったフロント女性」ポーリー・スタイレン。

映画のメガフォンを取ったのは監督Paul Sng。ナレーションはポーリーの娘セレステ・ベル/Celeste Bellが担当しています。

娘セレステはライターのゾーエ・ハウと共にポーリーの伝記を共同執筆しいて、映画を補完する意味で公開と同時期にリリースする予定です。

「私は母がステージ上で作った性格が大好きなの。
ポリスチレンは間違いなく超スーパークールで、それが私のお母さんなのよ!それは素晴らしいことだわ」
「私は、母親が本当にユニークで個性的で先見的なアーティストであり、多くの点で彼女の時代の先をいっていたのかを見てくれることを願っています」
「私の母は私に大きな影響を与えてきました。
彼女は最初から私の曲の作曲と演奏をサポートしてくれたわ。
エンターテイメント業界の落とし穴に対する警告だけでなく、多くの貴重な助言を私に与えてくれたんです」
セレステ・ベル


映画公式サイトpolystyrenefilm

映画は公開前なのでポーリー・スタイレンをアルバムで紹介。

【ポーリー・スタイレン・ディスコグラフィー】

■Mari Elliot名義
Silly Billy"/"What A Way" シングル– GTO, 1976年

■Xレイ・スペックス
Xレイ・スペックス・Germfree AdolescentsX/光線と発泡スチロール 1978年: EMI International, INT 3023


Xレイ・スペックス・Conscious Consumer October 1995: Receiver


■ソロ
ポーリー・スタイレン・Translucence  United Artists, 1980年


ポーリー・スタイレン・Flower Aeroplane 2004年
FlowerAeroplane.jpg

ポーリー・スタイレン・Generation Indigo  Future Noise Music, 2011年


▼映画『Poly Styrene: I Am a Cliche』トレイラー


▼映画『Poly Styrene: I Am a Cliche』 on BBC South East News 06.04.17


▼1979年に英BBCで放送されたドキュメンタリー番組『Who Is Poly styrene?』
全盛期につくられたこちらと比較してみるのもいいかもしれません。


関連記事:X-Ray Spexピストルズのライブで結成ポーリー・スタイリーン「私をセックスシンボルに祭り上げようとするならば、私は明日頭を剃るでしょう」

▼PISTOLSは最高だけどそれ以外のバンドも探してみてください!DO IT YOURSELF!
にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村

| NEWS | 22:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

グレンマトロック、ropkick Murphys, Flogging Mollyと共にヨーロッパツアー



Zipper1

グレンマトロックは現在Dropkick Murphys, Flogging Mollyと共にヨーロッパツアー中です。




ちなみにツアー初日の Wiener Stadthalle, Hall Dのチケット代は€ 49,99(約6,600円)です。

グレンマトロックのツイッターで観光を楽しんでいる姿が見れます。

▼ギグプロモビデオ: Dropkick Murphys, Flogging Molly, Glen Matlock a Padova




▼PISTOLSは最高だけどそれ以外のバンドも探してみてください!DO IT YOURSELF!
にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村

| NEWS | 21:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT