NEVER MIND THE SEX PISTOLS

SEX PISTOLSの有益な情報をお届けいたします。 パンクというロックのカテゴリーのバンドです。 ANARCHY!

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

グレンマトロック受賞LEGENDARY SONGWRITER AWARD 2017


Zipper1

セックスピストルズのオリジナルベーシスト、グレン・マトロックがLEGENDARY SONGWRITER AWARD 2017で受賞しています。

ピストルズは業界の悪しき体制と戦ってきたわけで、そのためピストルズとして2006年ロックの殿堂受賞を拒否したりしてます。

2013年ジョンライドンのBMIアイコン賞、今年になってからスティーヴジョーンズのハリウッド・ウォーク・オブ・フェームの星に次いでグレン・マトロックも受賞しています。

歳をとったせいかみんな素直になってます。

ということでグレン・マトロック伝説の作曲者認定です。

おめでとうグレン・マトロック!



▼ピストルズは最高だけどそれ以外のバンドも探してみてください!DO IT YOURSELF!
にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村

| NEWS | 00:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

The ProfessionalsNEWアルバム『What In The World』アートワークとトラックリスト発表

TheProfessionals.jpgZipper1

ポール・クック、ポール・マイヤーそしてトム・スペンサーの新生ザ・プロフェッショナルズ。

ポール・クックとポール・マイヤーズは、ヴィック・ゴダードのサブウェイセクトのツアーで再会したところから始まっています。

The ProfessionalsNEWアルバム『What In The World』アートワークとトラックリスト発表されました。

The Professionals: What In The World
10月27日海外発売予定
ProfessionalsWhatInTheWorld.jpg

トラックリスト
Good Man Down
Let Go
Going Going Gone
Extremadura
Rewind
Hats Off
New Generation
Take Me Now
Bad Baby
Monkeys

「私たちは音楽の境界を壊すことはない。できる限りのことをやったよ。
エネルギーと完全性を兼ね備えた魂でね」



35年ぶりのNEWアルバムにはマルコ・ピローニ(アダム&ザ・アントス)、ビリー・ダフィー(ザ・カルト)、ダフ・マッケイガン(ガンズ ' N 'Roses)、フィル・コリン(Def Leppard)、ミック・ジョーンズ(The Clash)、そしてスティーヴジョーンズ(3曲)も参加しています。

「スタジオでは、3ピースでやっていたんだけど、必要だったのは別の角度から来る第2ギタリストだった。
ポールクックは彼のパンク・ロック・アドレス帳をほこりに落として、いくつかの電話をしたんだ。
すべてのゲストが独自の魔法を加えてくれた」





追記
アルバムのオープニングを飾る「Good Man Down」のPVが公開されました。
▼The Professionals - Good Man Down (Lyric Video)


関連記事:再結成プロフェッショナルズ、アルバム発売!「バンドの次のエキサイティングな章でお会いしましょう」

▼PISTOLSは最高だけどそれ以外のバンドも探してみてください!DO IT YOURSELF!
にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村

| NEWS | 18:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

グレンマトロック、ホルガー・シューカイの死を悲しむ「私の演奏に大きな影響」


Zipper1

カンの元メンバー、ホルガー・シューカイ/Holger Czukayが 2017年9月5日亡くなりました。ケルン近くのヴァイラースヴィストにあるオリジナルCanスタジオで亡くなっているところを発見されてます。
HolgerCzukay.jpg

今年1月にはCANのドラマーだったヤキ・リーベツァイトが逝去していて、7月28日にはシューカイの妻ウルスラがに亡くなったばかりで後を追うかたちです。

79歳でした。

この悲報にセックス・ピストルズのベーシスト、グレン・マトロックがツイッターでコメントしています。グレン・マトロック、同じベーシストとしてもショックだったようです。

ホルガー・シューカイの死は悲しいことです。私の好きなベーシストであり、私の演奏に大きな影響を与えています。
グレン・マトロック
glen-santa.jpg



ホルガー・シューカイ

1968年イルミン・シュミットと共にロックバンド・「カン/Can」を結成。
1969年カンのファーストアルバム『モンスター・ムーヴィー/Monster Movie』
Tago Mago (Reis)
1970年 サウンドトラックス/Soundtracks
1971年 タゴ・マゴ/Tago Mago
1972年 エーゲ・バミヤージEge Bamyasi(邦題『エゲ・バミヤーヂ』)
1973年 フューチャー・デイズ/Future Days
1974年 スーン・オーヴァー・ババルーマ/Soon Over Babaluma
1975年 ランデッドLanded(邦題『闇の舞踏会』)
1976年 フロウ・モーション/Flow Motion
1977年 ソウ・ディライト/Saw Delight
1978年 Out of Reach
1979年『カン Can』を発表後、ホルガーの脱退によりバンドは解散。

1979年にはソロアルバム『Movies』をリリース。
ムーヴィーズ(紙ジャケット仕様)

元PILのジャー・ウォブルとも「Full Circle」「SNAKE CHARMER」で コラボしています。
Full Circle

ジャパンのデヴィッド・シルヴィアンともコラボ作品を発表してます。
1988年Plight and Premonition
1989年Flux and Mutability
Plight and Premonition Flux + mutability


カンはジョンライドンもフェヴァリットに挙げてます。

ご冥福をお祈りします。



関連記事:ジャー・ウオブル、U2エッジ ホルガー・シューカイ 「SNAKE CHARMER」

▼PISTOLSは最高だけどそれ以外のバンドも探してみてください!DO IT YOURSELF!
にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村

| NEWS | 20:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Public Image Limited [Live at Rockpalast 1983]期間限定公開!

Live At Rockpalast 1983
Zipper1

パブリックイメージリミッテッドが1983年にドイツのTV番組『Rockpalast』に出演した際のライヴ映像(59分)がTV局のサイトarteで公開されています。

PILのラインナップは
Vocals – John Lydon
Bass – Louis Bernardi
Drums – Martin Atkins
Guitar – Joseph Guida
Keyboards – Arthur Stead

けっこう有名なライヴなので未見の人はこの機会にどうぞ!9月13日までの期間限定です。

<日本語字幕入>ロックパラスト1983 [DVD]

Public Image I
Annalisa
Religion
Memories
Flowers Of Romance
Solitaire
Chant
Anarchy In The U.K.
(This Is Not A) Love Song
Low Life
Under The House
Bad Life
Public Image II

Public Image Limited - Live at Rockpalast 1983←こちらから

ソース元:ロッキングオン児島由紀子さんの「ロンドン通信」

▼ピストルズは最高だけどそれ以外のバンドも探してみてください!DO IT YOURSELF!
にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村

| NEWS | 22:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Ryan Adamsがザ・ストロークスをピストルズを使ってディスる

カムダウン・マシン
Zipper1


ザ・ストロークスニューヨークで結成されたロックバンドですが2001年、イギリスのラフ・トレードにデモ・テープをおくりデヴュー、ブレイクしています。

ザ・ホワイト・ストライプスと共にポストパンク・リバイバルムーブメントの中心バンドです。

the strokes @ challenge stadium / kaex0r


音とは関係ないですがメンバーお金持ちのお坊ちゃんバンドでもあります。

メンバーは
ジュリアン・カサブランカス/Julian Casablancas- ボーカル
ニック・ヴァレンシ/Nick Valensi- ギター
アルバート・ハモンドJr. /Albert Hammond Jr.- ギター
ニコライ・フレイチュア /Nikolai Fraiture - ベース
ファブリツィオ・モレッティ/Fabrizio Moretti - ドラム

イズ・ディス・イット(期間生産限定盤)

8月15日ザ・ストロークと親交のあったRyan Adamsというミュージシャンがツイッタ―上でストロークスをパッシングしています。

うーん...正直言って、世界が燃つきても、彼らのレコードを箱舟に入れないだろう
しかし、ジャンキーが謝罪するまで、私は自分の気持ちを言いつづけるhttps://t.co/fJaC8aSksW
- Ryan Adams(@TheRyanAdams)、2017年8月15日



ストロークスは誰も逃げださなかったなら セックス・ピストルズのような音だな
- Ryan Adams(@TheRyanAdams)、2017年8月15日



Ryan Adams / merfam


ストロークスとRyan Adams何があったんでしょうか。

Ryan Adamsのツイート反響が大きかったのか削除されてます。



▼The Strokes - Reptilia


ソース:clash

▼PISTOLSは最高だけどそれ以外のバンドも探してみてください!DO IT YOURSELF!
にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村

| NEWS | 20:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT