NEVER MIND THE SEX PISTOLS

SEX PISTOLSの有益な情報をお届けいたします。 パンクというロックのカテゴリーのバンドです。 ANARCHY!

2015年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ダフ・マッケイガン「お気に入りアルバム 103選」を発表ピストルズ選出!

Loaded (Duff McKagan)Loaded (Duff McKagan) / tatu43
Zipper1
ガンズ・アンド・ローゼズ/Guns N’ Rosesやヴェルヴェット・リヴォルヴァー/Velvet Revolverのダフ・マッケイガン/Duff McKaganが「お気に入りアルバム 103選」を発表しました。

これは米AmazonのサイトAmazon Front Row企画で、アバからZZトップまで音楽性がかなり幅広く選出しています。

セックス・ピストルズの「Never Mind the Bollocks」も選んでいます。

ダフ・マッケイガン、グレン・マトロックと共演したりスティーヴ・ジョーンズにPV出演依頼したりとしてましたのでピストルズの選出は至極まっとうな感じがします。

関連記事:グレン・マトロック VS 元ガンズ ダフ・マッケイガンin CBGB
関連記事:スティーヴ・ジョーンズ参加 Duff McKagan’s Loaded「The Taking」

ABBA, Gold
AC/DC, Dirty Deeds
悪事と地獄

Adam and the Ants, Kings of the Wild Frontier
Aerosmith, Aerosmith
Alice in Chains, Dirt

Alice In Chains-7 / Black Tea Photography


The Avengers, The American in Me(1978年ウインターランド、ピストルズ前座)

1977年の SFパンク。聴いてみろよ


Badfinger, Badfinger
Bauhaus, Singles 1979-83, vol. 1
The Beach Boys, Pet Sounds

BransonwithBeachBoys / louisepalanker


The Beastie Boys, Paul’s Boutique

ヒップホップゲームに変化が必要であった時に、このレコードは完全なゲームチェンジャーだった。


The Beatles, White Album
Jeff Beck, Blow By Blow

Jeff Beck Live at The Commodore Ballroom / ultomatt

誰も決してこんなギターを演奏することができやしない。


Chuck Berry, The Complete Anthology
Biffy Clyro, Opposites
Black Flag, Damaged
Black Flag, My War

パンクロックのバイブルさ。「お前は口ではオトモダチだとか言ってるけどお前もそういう奴らの一人だろ…」
マイ・ウォー


Black Sabbath, Paranoid
David Bowie, Diamond Dogs
Jeff Buckley, Grace
T-Bone Burnett, Truth Through the Night

T. Bone Burnett with Robert Randolph's Family Band / rocknroll_guitar


Kate Bush, Lionheart
Buzzcocks, Singles Going Steady
Cameo, Word Up!
Johnny Cash, The Essential Johnny Cash
Nick Cave, Murder Ballads
Cheap Trick, At Budokan

Rick's Picks / jjandames

The Clash, The Clash

人民による人民のためのバンド。クラッシュはミステリーと近づきがたさは、俺みたいなファンのから取り払ってくれた。
このアルバムは、しばらくUKを離れるときに最も良いレコードのうちの1つだね。
白い暴動(紙ジャケット仕様)


The Cult, Electric

The Cult @ Rockhal #2 / hern42


Dag, Righteous
The Dead Boys, Young, Loud, and Snotty
Death Cab for Cutie, Something About Airplanes
The Deftones, White Pony
Dr. Dre, The Chronic
Greg Dulli
Bob Dylan, The Essential Bob Dylan
Earth, Wind and Fire, That’s the Way of the World
Faith No More, The Real Thing

Faith No More (44) / Que Sara Sera


Fear, The Record
Foo Fighters, Foo Fighters
Generation X, Generation X
Germs, GI
Green Day, Dookie + American Idiot

Green Day Venezuela: Billie Joe Armstrong & Mike Dirnt / Edvill


Gutter Twins, Saturnalia
P. J. Harvey, To Bring You My Love
Heart, Dreamboat Annie
Hellacopters, Super Shitty to the Max

Hellacopters en Barcelona / alterna2


Jimi Hendrix, Axis: Bold as Love
Billy Idol, Rebel Yell
Iggy and the Stooges, Raw Power
Iggy Pop, The Idiot
Etta James, The Essential Etta James
Jane’s Addiction, Ritual de lo Habitual

Jane's Addiction 14 / Robert Bejil Productions


Joan Jett and the Blackhearts, I Love Rock and Roll
Elton John, Yellow Brick Road
Joy Division, Closer
Killing Joke, Killing Joke
KISS, ALIVE!
Korn, Korn

Korn on Walmart Soundcheck / Lunchbox LP


Mark Lanegan, The Winding Sheet
Led Zeppelin, The Complete Studio Recordings
Marilyn Manson, Portrait of an American Family
Johnny Marr, The Messenger
Metallica, Master of Puppets
Mother Love Bone, Mother Love Bone
Motorhead, Ace of Spades

Motorhead / New York + Philly Live!


Nashville Pussy, Let Them Eat Pussy
The New York Dolls, Too Much Too Soon

このレコードは、ピストル、ダムド、そしてクラッシュのようなバンドのためのバイブルになった。
悪徳のジャングル


Nine Inch Nails, The Downward Spiral

Nine Inch Nails, live in Munich (D) 28/03/2007 / lucadex


Nirvana, Nevermind
N.W.A., Straight Outta Compton
Outkast, The Love Below
Pearl Jam, Ten
The Police, Ghost in the Machine

彼らは「ロクサーヌ」のヒットがあったけど、この偉大なレコードが出て、ポリスは世界的なバンドになった。
Ghost in the Machine (Dig)


Prince, 1999
Queen, Sheer Heart Attack
The Ramones, Ramones
Lou Reed, Rock n Roll Animal

Lou Reed / Man Alive!


The Refused, The Shape of Punk to Come
The Rolling Stones, It’s Only Rock and Roll
The Saints, I’m Stranded

セックス・ピストルズがジャンルを 世界的にポピュラーにする前に、、オーストラリアのブリスベーンからでてきた小さいパンクロック・バンド。多くの影響力ある歌を書いたんだよな。
I\'m Stranded


Sam and Dave, Rhino Hi Five
The Sex Pistols, Never Mind the Bollocks


このレコードは、俺たちのロック・ミュージックについての考え方を変えちまった。次!!!
Never Mind the Bollocks (2012 Remaster)


Slayer, Reign in Blood
Slipknot, Volume 3
Sly and the Family Stone, Fresh

Sly And The Family Stone_Bournemouth Opera House / Simon Fernandez Music Photographer


Soundgarden, Down on the Upside
Spiritualized, Ladies and Gentlemen, We Are Floating Through Space
Stiff Little Fingers, Inflammable Material

Stiff Little Fingers - Meltdown 08 / Free-ers

メッセージ性を持つ本当に洗練されていないOGパンク


Sweet, Desolation Boulevard
The Temptations, Greatest Hits
Thin Lizzy, Dedication: The Very Best of Thin Lizzy
Johnny Thunders and the Heartbreakers, L.A.M.F.

俺たち世代の人間はこのレコードからギターの正しいやり方を学んだ。ついでに俺たちはズボンをブーツインすることも学んだぜ。
L.A.M.F. - The Lost Mixes


The Time, Ice Cream Castle
U2, Joshua Tree
Van Halen, Van Halen

VAN HALEN - Manchester Apollo - 1980 / Harry Potts

Game changer.


The Vibrators, Pure Mania
Tom Waits, Mule Variations
Jack White, Blunderbuss
The Who, Who’s Next
X, Los Angeles
XTC, Drums and Wires

XTC (Andy Partridge) / jlacpo


Zeke, Flat Tracker
ZZ Top, Tres Hombres

ZZ Top 10 / E Photos



関連記事:スティーヴ・ジョーンズ、ビリー・アイドル、ダフ・マッケイガン、ロブ・ゾンビが出演したジョニー・ラモーンのトリビュート・ライヴ

引用:amass
引用:hamazonfrontrow

▼PISTOLSは最高だけどそれ以外のバンドも探してみてください!DO IT YOURSELF!
にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村

| I♥PISTOLS コメント | 15:59 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

SPIN創刊30周年「30年のベスト・アルバム300枚(1985-2014) 」

SPIN.jpgZipper1
音楽誌SPINは1985年創刊されました。創刊30周年を記念して自身のサイトで1985年から2014年までに発表された作品からベスト・アルバムを300枚選出しました。

以下がその全ランキングです。

300. グリーンデイ/Green Day, American Idiot (Reprise, 2004)
American Idiot
299. パーケイ・コーツ/Parquet Courts, Sunbathing Animal (What’s Your Rupture?, 2014)

298. アイス・キューブ/Ice Cube, AmeriKKKa’s Most Wanted (Priority, 1990)

297. ゴリラズ/Gorillaz, Demon Days (Virgin, 2005)
ディーモン・デイズ
296. Various Artists, Total 4 (Kompakt, 2002)

295. Old 97’s, Too Far to Care (Elektra, 1997)

294. シガー・ロスSigur Rós, Ágætis Byrjun (Play It Again Sam, 1999)

293. ガービッジ/Garbage, Version 2.0 (EastWest/Warner Bros., 1998)

292. アッシャーUsher, Looking 4 Myself (RCA, 2012)

291. ホールド・ステディー/The Hold Steady, Separation Sunday (Frenchkiss, 2005)

290. トーリ・エイモス/Tori Amos, Little Earthquakes (Atlantic, 1992)

289. The Unicorns, Who Will Cut Our Hair When We’re Gone? (Alien8, 2003)

288. タイラー・ザ・クリエイターTyler, the Creator, Goblin (Odd Future, 2011)

287. TV オン・ザ・レディオTV on the Radio, Dear Science (Interscope, 2008)

286. シュガーSugar, Copper Blue (Rykodisc, 1992)

285. ザ・ブックスThe Books, Thought for Food (Tomlab, 2002)

284. ザ・キラーズThe Killers, Hot Fuss (Island/Universal, 2004)
Hot Fuss
283. スーパーチャンクSuperchunk, I Hate Music (Merge, 2013)

282. ディゲブル・プラネッツDigable Planets, Blowout Comb (Pendulum, 1994)

281. ゴービトウィーンズ/The Go-Betweens, Tallulah (Beggars Banquet, 1987)
タルーラ&レアトラックス
280. Sleater-Kinney, The Hot Rock (Kill Rock Stars, 1999)

279. エアロスミス/Aerosmith, Pump (Geffen, 1989)

278. コールドプレイColdplay, A Rush of Blood to the Head (Capitol/EMI, 2002)

277. ライド/Ride, Nowhere (Sire, 1990)
ノーホエア
276. フランキー・ナックルズ/Frankie Knuckles, Beyond the Mix (Virgin, 1991)

275. ティーガン&サラ/Tegan and Sara, Heartthrob (Vapor/Warner Bros. 2013)

274. アイスT/Ice-T, O.G. Original Gangster (Sire, 1991)

273. Slint, Spiderland (Touch & Go, 1991)

272. ザ・ミィコンズ/The Mekons, The Mekons Rock ‘n’ Roll (Collectors’ Choice, 1989)

271. サブライム/Sublime, Sublime (Gasoline Alley/MCA, 1996)

270. ジョージ・マイケル/George Michael, Faith (BMG/Columbia/Sony Music Entertainment, 1987)

269. ポーグス/The Pogues, Rum, Sodomy & the Lash (1985)
Rum Sodomy & The Lash
268. Maxwell, Maxwell’s Urban Hang Suite (Sony Music Distribution, 1996)

267. デフトーンズ/The Deftones, White Pony (Maverick, 2000)

266. ステレオラブ/Stereolab, Emperor Tomato Ketchup (Elektra, 1996)
エンペラー・トマト・ケチャップ
265. Swervedriver, Mezcal Head (A&M, 1993)

264. マイクロフォン/The Microphones, The Glow, Pt. 2 (K, 2001)

263. Neko Case, Blacklisted (Bloodshot, 2002)

262. Sebadoh, Bakesale (Sub Pop, 1994)

261. Sun Kil Moon, Benji (Caldo Verde, 2014)

260. マイ・ケミカル・ロマンス/My Chemical Romance, Three Cheers for Sweet Revenge (Reprise, 2004)
Three Cheers for Sweet Revenge
259. ブルース・スプリングスティーン/Bruce Springsteen, Tunnel of Love (Columbia, 1987)

258. Bon Iver, For Emma, Forever Ago (Jagjaguwar, 2008)

257. The Chills, Submarine Bells (Slash, 1990)

256. Cannibal Ox, The Cold Vein (Def Jux, 2001)

255. ザ・フィールドThe Field, From Here We Go Sublime (Kompakt, 2007)

254. ビースティ・ボーイズBeastie Boys, Ill Communication (Capitol/Grand Royal, 1994)
Ill Communication
253. Caribou, Swim (Merge, 2010)

252. Wussy, Funeral Dress (Shake It, 2005)

251. M83, Saturdays = Youth (Mute, 2008)

250. ベースメント・ジャックスBasement Jaxx, Rooty (Astralwerks, 2001)

249. L7, Bricks Are Heavy (Slash, 1992)
Bricks Are Heavy by Reprise / Wea 【並行輸入品】
248. Cursive, The Ugly Organ (Saddle Creek, 2003)

247. ダーティー・プロジェクターズDirty Projectors, Bitte Orca (Domino, 2009)

246. 2Pac, All Eyez On Me (Koch, 1996)

245. エール/Air, Moon Safari (Astralwerks, 1998)

244. グリズリー・ベアGrizzly Bear, Veckatimest (Warp, 2009)

243. リル・ウェイン/Lil Wayne, Tha Carter II (Universal/Cash Money, 2005)

242. クイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジ/Queens of the Stone Age, Rated R (Interscope, 2000)

241. ザ・ウィークエンド/The Weeknd, House of Balloons (Universal Republic, 2011)

240. アニマル・コレクティヴ/Animal Collective, Sung Tongs (FatCat, 2004)

239. ライロ・カイリー/Rilo Kiley, The Execution of All Things (Saddle Creek, 2002)

238. Various Artists, The Indestructible Beat of Soweto (Earthworks, 1985)
不屈のビート
237. ゴッドスピード・ユー!・ブラック・エンペラー/Godspeed You!Black Emperor, Lift Your Skinny Fists Like Antennas to Heaven (Constellation/Kranky, 2000)

236. インターポール/Interpol, Turn on the Bright Lights (Matador, 2002)

235.ワンオートリックス・ポイント・ネヴァー/ Oneohtrix Point Never, Replica (Mexican Summer, 2011)

234. ジャネット・ジャクソンJanet Jackson, Control (A&M, 1986)

233. ブライト・アイズBright Eyes, Lifted or the Story Is in the Soil, Keep Your Ear to the Ground (Saddle Creek, 2002)

232. ザ・ウォー・オン・ドラッグス. The War on Drugs, Lost in the Dream (Secretly Canadian, 2014)

231. M.I.A., Arular (XL, 2005)

230. シンズ/The Shins, Chutes Too Narrow (Sub Pop, 2003)

229. DJ ラシャド/DJ Rashad, Double Cup (Hyperdub, 2013)

228. パラモア/Paramore, Paramore (Fueled By Ramen/Atlantic, 2013)

227. R.E.M., Document (I.R.S., 1987)
Document
226. ニッキー・ミナージュ/Nicki Minaj, Pink Friday (Cash Money, 2010)

225. ポーティスヘッド/Portishead, Third (Island, 2008)

224. フェニックス/Phoenix, Wolfgang Amadeus Phoenix (Glassnote, 2009)

223. The Roots, Rising Down (Def Jam, 2008)

222. ビキニ・キル/Bikini Kill, Pussy Whipped (Kill Rock Stars, 1994)

221. スヌープ・ドッグ/Snoop Doggy Dogg, Doggystle (Death Row, 1993)

220. Brad Paisley, American Saturday Night (Sony Music Distribution/Arista, 2009)

219. システム・オブ・ア・ダウン/System of a Down, Toxicity (American/Sony Music Distribution, 2001)

218.アリエル・ピンク/ Ariel Pink’s Haunted Graffiti, Before Today (4AD, 2010)

217. オービタル/Orbital, In Sides (FFRR, 1996)
In Sides (Saint)
216. Destroyer, Kaputt (Merge, 2011)

215. スピリチュアライズド/Spiritualized, Ladies and Gentlemen We Are Floating in Space (Dedicated/RMG, 1997)

214. チャンス・ザ・ラッパー/Chance the Rapper, Acid Rap (Self-Released, 2013)

213. ニュー・オーダー/New Order, Brotherhood (Qwest, 1986)
ブラザーフッド
212. ビーチ・ハウス/Beach House, Teen Dream (Sub Pop, 2010)

211. アリーヤ/Aaliyah, One in a Million (Blackground, 1996)

210. ザ・マウンテン・ゴーツ/The Mountain Goats, Tallahassee (4AD, 2002)

209. フィオナ・アップル/Fiona Apple, The Idler Wheel… (Clean Slate/Epic, 2012)

208. ラン・ザ・ジュエルズ/Run the Jewels, Run the Jewels 2 (Mass Appeal, 2014)

207. Deerhunter, Halcyon Digest (4AD, 2010)

206. ソニック・ユース/Sonic Youth, Sister (SST, 1987)
Sister
205. モブ・ディープ/Mobb Deep, The Infamous (Loud, 1995)

204. エイフェックス・ツインAphex Twin, Selected Ambient Works 85-92 (R&S, 1992)

203. D’Angelo, Brown Sugar (Virgin, 1995)

202. スレイ・ベルズSleigh Bells, Treats (Mom + Pop, 2010)

201. レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン/Rage Against the Machine, The Battle of Los Angeles (Epic, 1999)
Battle of Los Angeles
200. Moby, Everything Is Wrong (Elektra, 1995)

199. サウンドガーデン/Soundgarden, Superunkown (A&M, 1994)

198. スフィアン・スティーヴンス/Sufjan Stevens, Illinois (Asthmatic Kitty, 2005)

197. レディガガ/Lady Gaga, The Fame Monster (Cherrytree/Interscope, 2009)

196. Various Artists, C86 (Rough Trade/NME, 1986)
C86 –デラックス・エディション- (直輸入盤帯ライナー付国内仕様)
195. Drive-By Truckers, Brighter Than Creation’s Dark (New West, 2008)

194. The Pharcyde, Bizarre Ride II the Pharcyde (Delicious Vinyl, 1992)

193. ウィルコ/Wilco, Summerteeth (Warner Bros., 1999)

192. ローリン・ヒル/Lauryn Hill, The Miseducation of Lauryn Hill (Columbia/Ruffhouse, 1998)

191. ギャラクシー500/Galaxie 500, On Fire (Rough Trade, 1989)
On Fire
190. ボアダムス/Boredoms, Super æ (Birdman, 1998)
Super Are
189. Yeah Yeah Yeahs, Fever to Tell (Interscope, 2003)

188. ナイン・インチ・ネイルズ/Nine Inch Nails, Pretty Hate Machine (TVT, 1989)

187.ティーンエイジ・ファンクラブ/ Teenage Fanclub, Bandwagonesque (Creation, 1991)
Bandwagonesque
186. The Avalanches, Since I Left You (Sire, 2000)

185. ジェイ・Z/Jay Z, The Black Album (Roc-A-Fella, 2003)

184.LCDサウンドシステム/ LCD Soundsystem, This Is Happening (DFA/Virgin, 2010)

183. ジミー・イート・ワールド/Jimmy Eat World, Bleed American (Dreamworks, 2001)

182. ザ・スミス/The Smiths, Strangeways, Here We Come (Sire, 1987)
Strangeways Here We Come (Remastered)
181. ジェフ・バックリィJeff Buckley, Grace (Columbia, 1994)

180. フォー・テット/Four Tet, Rounds (Domino, 2003)

179. No Age, Everything in Between (Sub Pop, 2010)

178. ブラックスター/Black Star, Mos Def & Talib Kweli Are Black Star (Rawkus, 1998)

177. アット・ザ・ドライヴイン/At the Drive-In, Relationship of Command (Grand Royal/Virgin, 2000)

176.プライマルスクリーム/ Primal Scream, Screamadelica (Sire, 1991)
Screamadelica: 20th Anniversarry Edition
175. Ghostface Killah, Supreme Clientele (Epic, 2000)

174. マストドン/Mastodon, Blood Mountain (Reprise, 2006)

173. ディスクロージャー/Disclosure, Settle (Cherrytree/Interscope, 2013)

172. tUnE-yArDs, w h o k i l l (4AD, 2011)

171. ブラー/Blur, Parklife (Food, 1994)
パークライフ(紙ジャケット仕様)
170. リル・ウェイン/Lil Wayne, Da Drought 3 (Young Money, 2007)

169. スマッシング・パンプキンズThe Smashing Pumpkins, Mellon Collie and the Infinite Sadness (Virgin, 1995)
メロンコリーそして終りのない悲しみ(通常盤)
168. エミネム/Eminem, The Slim Shady LP (Interscope, 1999)

167. The Wrens, The Meadowlands (Absolutely Kosher, 2003)

166. Run-DMC, Raising Hell (Profile, 1986)

165. ル・ティグラ/Le Tigre, Le Tigre (Mr. Lady, 1999)

164. ジャネットジャクソン/Janet Jackson, janet. (Virgin, 1993)

163. スプーン/Spoon, Kill the Moonlight (Merge, 2002)

162. モデスト・マウス/Modest Mouse, The Lonesome Crowded West (Up, 1997)

161.マッシヴアタック/ Massive Attack, Mezzanine (Virgin, 1998)
メザニーン
160. オアシス/Oasis, Definitely Maybe (Epic, 1994)
オアシス

159. ザ・ポスタル・サーヴィスThe Postal Service, Give Up (Sub Pop, 2003)

158. エリカ・バドゥErykah Badu, Mama’s Gun (Motown, 2000)

157. ヨ・ラ・テンゴ/Yo La Tengo, And Then Nothing Turned Itself Inside-Out (Matador, 2000)

156. ピストル・アニーズ/Pistol Annies, Hell on Heels (Columbia Nashville, 2011)

155. サニー・デイ・リアル・エステイト/Sunny Day Real Estate, Diary (Sub Pop, 1994)

154. Raekwon, Only Built 4 Cuban Linx (Loud/RCA, 1995)

153. ペイヴメント/Pavement, Wowee Zowee (Matador, 1995)
Wowee Zowee

152. トムウエィツ/Tom Waits, Rain Dogs (Island, 1985)

151. ピクシーズ/Pixies, Bossanova (Elektra, 1990)
ボサノヴァ

150. クラウド・ナッシングス/Cloud Nothings, Attack on Memory (ADA/Carpark, 2012)

149. ライアン・アダムス/Ryan Adams, Heartbreaker (Bloodshot, 2000)

148. ソニックユース/Sonic Youth, Goo (DGC, 1990)
Goo
147. テイラー・スウィフト/Taylor Swift, Speak Now (Big Machine, 2010)

146. エイフェックス・ツイン/Aphex Twin, Selected Ambient Works, Vol. 2 (Sire, 1994)
Vol. 2-Selected Ambient Works
145. ルシンダ・ウィリアムズ/Lucinda Williams, Lucinda Williams (Koch, 1988)

144. パールジャム/Pearl Jam, Vitalogy (Epic, 1994)

143. ノトーリアス・B.I.G./The Notorious B.I.G., Life After Death (Bad Boy, 1997)

142. ザ・ナショナル/The National, Boxer (Beggars Banquet, 2007)

141. アフガン・ウィッグス/The Afghan Whigs, Gentlemen (Elektra, 1993)

140. ニルヴァーナ/Nirvana, MTV Unplugged in New York (DGC, 1994)
Mtv Unplugged In New Y
139. アニマル・コレクティヴ/Animal Collective, Merriweather Post Pavilion (Domino, 2009)

138. リプレイスメンツ/The Replacements, Pleased to Meet Me (Sire, 1987)

137. ブロークン・ソーシャル・シーン/Broken Social Scene, You Forgot It In People (Paper Bag, 2002)

136. ザ・フレーミング・リップス/The Flaming Lips, Yoshimi Battles the Pink Robots (Warner Bros., 2002)

135. ザ・ストーン・ローゼズ/The Stone Roses, The Stone Roses (Silvertone, 1989)
ザ・ストーン・ローゼズ-20th アニヴァーサリー レガシー・エディション
134. Blink-182, Enema of the State (MCA, 1999)
Enema Of The State
133. エリオット・スミス/Elliott Smith, XO (Dreamworks, 1998)

132. マイケル・ジャクソン/Michael Jackson, Dangerous (Epic, 1991)

131. スリーター・キニー/Sleater-Kinney, Dig Me Out (Kill Rock Stars, 1997)

130. フランク・オーシャン/Frank Ocean, channel ORANGE (Def Jam, 2012)

129. ビヨンセ/Beyoncé, B’Day (Columbia, 2006)

128. アゲインスト・ミー/Against Me!, New Wave (Sire, 2007)

127. フィオナ・アップル/Fiona Apple, When the Pawn… (Clean Slate/Epic, 1999)

126. Guided By Voices, Alien Lanes (Matador, 1995)

125. ザ・ナイフThe Knife, Silent Shout (Brille/Rabid/Mute, 2006)

124. PJ ハーヴェイ/PJ Harvey, Stories From the City, Stories From the Sea (Island, 2000)
STORYS FROM THE CITY STOR
123. Madvillain, Madvillainy (Stones Throw, 2004)

122. ヴァンパイア・ウィークエンド/Vampire Weekend, Vampire Weekend (XL, 2008)

121. ケイトブッシュ/Kate Bush, Hounds of Love (EMI, 1985)
Hounds Of Love
120. Miguel, Kaleidoscope Dream (RCA, 2012)

119. ビルト・トゥ・スピル/Built to Spill, Keep It Like a Secret (Warner Bros., 1999)

118. U2, The Joshua Tree (Island, 1987)

117. プライマルスクリーム/Primal Scream, XTRMNTR (Astralwerks, 2000)
エクスターミネーター
116. Mary J. Blige, What’s the 411? (MCA, 1992)

115. フージーズ/The Fugees, The Score (Ruffhouse, 1996)

114. The xx, The xx (XL/Young Turks, 2009)

113. レディオヘッド/Radiohead, The Bends (Capitol, 1995)

112. ビースティ・ボーイズ/Beastie Boys, Licensed to Ill (Def Jam, 1986)

111. エイミー・ワインハウス/Amy Winehouse, Back to Black (Universal, 2006)

110. パンダ・ベア/Panda Bear, Person Pitch (Paw Tracks, 2007)

109.ティアーズ・フォー・フィアーズ /Tears for Fears, Songs From the Big Chair (Mercury, 1985)
Songs From the Big Chair
108. Jay Z, Reasonable Doubt (Roc-A-Fella, 1996)

107. ポールサイモン/Paul Simon, Graceland (Legacy, 1986)

106. ダイナソーJr./Dinosaur Jr., You’re Living All Over Me (SST, 1987)
You\'re Living All Over Me
105. ドクター・ドレー/Dr. Dre, The Chronic (Death Row, 1992)

104. カニエウエスト/Kanye West, Late Registration (Roc-A-Fella, 2005)

103. デペッシュ・モード/Depeche Mode, Violator (Mute, 1990)
Violator
102. LL Cool J, Mama Said Knock You Out (Def Jam, 1990)

101. ジャスティン・ティンバーレイク/Justin Timberlake, FutureSex/LoveSounds (Jive, 2006)

100. ガイデッド・バイ・ヴォイシズ/Guided By Voices, Bee Thousand (Scat, 1994)

99. TLC, CrazySexyCool (LaFace, 1994)

98. ボーズ・オブ・カナダ/Boards of Canada, Music Has the Right to Children (Warp, 1998)

97. ザ・クリプス/Clipse, Hell Hath No Fury (Zomba, 2006)

96. ブラー/Blur, 13 (Food/Virgin, 1999)
13

95. ニューオーダー/New Order, Low-Life (Qwest, 1985)
ロウ・ライフ
94. The White Stripes, White Blood Cells (Sympathy for the Record Industry, 2001)

93. ダフトパンク/Daft Punk, Homework (Virgin, 1997)

92. ミッシー・エリオット/Missy Elliott, Supa Dupa Fly (EastWest/Goldmind, 1997)

91. ミランダ・ランバート/Miranda Lambert, Crazy Ex-Girlfriend (Columbia, 2007)

90. J Dilla, Donuts (Stones Throw, 2006)

89. マドンナ/Madonna, Like a Prayer (Sire, 1989)

88. TV on the Radio, Return to Cookie Mountain (4AD, 2006)
リターン・トゥ・クッキー・マウンテン
87. Genius/GZA, Liquid Swords (Altered Ego/Geffen, 1995)

86.ピクシーズ/ Pixies, Surfer Rosa (4AD, 1988)
Surfer Rosa
85. アーケイド・ファイア/Arcade Fire, Funeral (Merge, 2004)

84. A Tribe Called Quest, Midnight Marauders (Jive, 1993)

83. Japandroids, Celebration Rock (Polyvinyl, 2012)

82. Tricky, Maxinquaye (Island, 1995)

81. Weezer, Pinkerton (Geffen, 1996)

80. Bikini Kill, The Singles (Kill Rock Stars, 1998)

79. オアシス/Oasis, (What’s the Story) Morning Glory? (Epic, 1995)
(What\'s The Story) Morning Glory?
78. フランク・オーシャン/Frank Ocean, nostalgia, ULTRA. (Self-Released, 2011)

77. Slayer, Reign in Blood (American, 1986)

76. スマッシング・パンプキンズThe Smashing Pumpkins, Siamese Dream (Virgin, 1993)

75. Yo La Tengo, I Can Hear the Heart Beating As One (Matador, 1997)

74. N.W.A., Straight Outta Compton (Priority, 1988)

73. ブリーダーズ/The Breeders, Last Splash (4AD/Elektra, 1993)

72. キュアー/The Cure, Disintegration (Elektra, 1989)
Disintegration: Remastered (UK Pressing) [12 inch Analog]
71. エイフェックス・ツイン/Aphex Twin, Richard D. James Album (Sire, 1996)

70.フガジ/ Fugazi, Repeater (Dischord, 1990)
Repeater & 3 Songs

69. ビョーク/Björk, Post (Elektra, 1995)
Post

68. ザ・フレーミング・リップス/The Flaming Lips, The Soft Bulletin (Warner Bros., 1999)

67. Robyn, Body Talk (Cherrytree/Konichiwa, 2010)

66. Ghostface Killah, Fishscale (Def Jam, 2006)

65. ベル・アンド・セバスチャン/Belle and Sebastian, If You’re Feeling Sinister (Matador, 1996)

64. ケミカルブラザーズ/The Chemical Brothers, Dig Your Own Hole (Astralwerks, 1997)
ディグ・ユア・オウン・ホール
63. Drake, Take Care (Cash Money/Universal, 2011)

62. エリックB&ラキム/Eric B. & Rakim, Paid in Full (4th & Broadway, 1987)

61. Portishead, Dummy (Go! Discs, 1994)

60. ヴァンパイア・ウィークエンド/Vampire Weekend, Modern Vampires of the City (XL, 2013)

59.カニエウエスト /Kanye West, The College Dropout (Roc-A-Fella, 2004)

58. スリーター・キニー/Sleater-Kinney, The Woods (Sub Pop, 2005)

57. ガンズ・アンド・ローゼズ/Guns N’ Roses, Appetite for Destruction (Geffen, 1987)

56. Lil Wayne, Tha Carter III (Motown/Cash Money, 2008)

55. ジーザス&メリーチェイン/The Jesus and Mary Chain, Psychocandy (Blanco y *****, 1985)
サイコ・キャンディ
54. ジャネットジャクソン/Janet Jackson, Janet Jackson’s Rhythm Nation 1814 (A&M, 1989)

53. PJ ハーヴェイ/PJ Harvey, Rid of Me (Island, 1993)

52. デ・ラ・ソウル/De La Soul, 3 Feet High and Rising (Tommy Boy, 1989)

51. ハスカー・ドゥ/Hüsker Dü, New Day Rising (SST, 1985)

50. エミネム/Eminem, The Marshall Mathers LP (Interscope, 2000)

49. ウィルコ/Wilco, Yankee Hotel Foxtrot (Nonesuch, 2002)

48. ナイン・インチ・ネイルズ/Nine Inch Nails, The Downward Spiral (Interscope/Nothing, 1994)
ダウンワード・スパイラル
47. LCDサウンドシステム/LCD Soundsystem, Sound of Silver (Capitol/DFA, 2007)

46. モデスト・マウス/Modest Mouse, The Moon and Antarctica (Epic, 2000)

45. ケンドリック・ラマー/Kendrick Lamar, good kid, m.A.A.d. city (Interscope/Aftermath, 2012)

44. ペイヴメント/Pavement, Crooked Rain, Crooked Rain (Matador, 1994)
Crooked Rain Crooked Rain
43. ニュートラル・ミルク・ホテル/Neutral Milk Hotel, In the Aeroplane Over the Sea (Merge, 1998)

42. M.I.A. Kala (XL/Interscope, 2007)

41. Elliot Smith, Either/Or (Kill Rock Stars, 1997)

40. OutKast, Stankonia (LaFace, 2000)

39. Burial, Untrue (Hyperdub, 2007)

38. ビヨンセ/Beyoncé, Beyoncé (Columbia, 2013)

37. U2, Achtung Baby (Island, 1991)
Achtung Baby
36. Public Enemy, It Takes a Nation of Millions to Hold Us Back (Def Jam, 1988)

35. パルプ/Pulp, Different Class (Island, 1995)
Different Class

34.メタリカ/ Metallica, Master of Puppets (Elektra, 1986)

33. Radiohead, Kid A (Capitol, 2000)
Kid a

32. A Tribe Called Quest, The Low End Theory (Jive, 1991)

31. Weezer, Weezer (Blue Album) (DGC, 1994)

30. ベック/Beck, Odelay (DGC, 1996)
Odelay
29. R.E.M., Automatic for the People (Warner Bros., 1992)

28. ニルヴァーナ/Nirvana, In Utero (DGC, 1993)

27. The Notorious B.I.G., Ready to Die (Bad Boy, 1994)

26. ザ・ディスメンバメント・プラン/The Dismemberment Plan, Emergency & I (DeSoto, 1999)

25. ホール/Hole, Live Through This (DGC, 1994)
リヴ・スルー・ジス
24. The Replacements, Tim (Sire, 1985)

23. Nas, Illmatic (Columbia, 1994)

22. Green Day, Dookie (Reprise, 1994)

21. OutKast, Aquemini (LaFace, 1998)

20. ピクシーズ/Pixies, Doolittle (Elektra, 1989)
ドリトル
19. The Strokes, Is This It (RCA, 2001)

18. ビョーク/Björk, Homogenic (Elektra, 1997)
Homogenic
17. ビースティ・ボーイズ/Beastie Boys, Paul’s Boutique (Capitol, 1989)

16. ザ・マグネティック・フィールズ/The Magnetic Fields, 69 Love Songs (Merge, 1999)

15. パブリック・エナミー/Public Enemy, Fear of a Black Planet (Def Jam, 1990)

14. マイ・ブラッディ・ヴァレンタイン/My Bloody Valentine, Loveless (Sire, 1991)
Loveless: Expanded Remastered Edition
13. Jay Z, The Blueprint (Roc-A-Fella, 2001)

12. ソニック・ユース/Sonic Youth, Daydream Nation (Enigma, 1988)

11. D’Angelo, Voodoo (Virgin, 2000)

10. ペイヴメント/ Pavement, Slanted & Enchanted (Matador, 1992)

09. DJシャドウ/DJ Shadow, Endtroducing….. (Mox Wax, 1996)

08. カニエ・ウェスト/Kanye West, My Beautiful Dark Twisted Fantasy (Roc-A-Fella, 2010)

07. リズ・フェア/Liz Phair, Exile in Guyville (Matador, 1993)

06. レディオヘッド/Radiohead, OK Computer (Capitol, 1997)
Ok Computer
05. ザ・スミス/The Smiths, The Queen Is Dead (Sire, 1986)
The Queen Is Dead [12 inch Analog]
04. ダフト・パンク/Daft Punk, Discovery (Virgin, 2001)
Discovery
03. プリンス/Prince, Sign o’ the Times (Paisley Park / Warner Bros., 1987)
サイン・オブ・ザ・タイムズ
02. ウータン・クラン/Wu-Tang Clan, Enter the Wu-Tang (36 Chambers) (Loud/RCA, 1993)
Enter Wu-Tang
01. ニルヴァーナ/Nirvana, Nevermind (DGC, 1991)
Nevermind (Remastered)

ということでニルヴァーナの Never mind が1位でした。

1985年からなのでピストルズは入らないと思っていましたが、パブリック・イメージ・リミッテッドが1枚も入っていないのは驚きです。「Metal Box」,は1979年「The Flowers of Romance」 は1981年ですしね。



引用:spin.com

▼PISTOLSは最高だけどそれ以外のバンドも探してみてください!DO IT YOURSELF!
にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村

| NEVER MIND WIKI | 21:39 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

PIL新作『What the World Needs Now...』を9月4日発売!

Public Image Limited @ Glasgow O2 AcademyPublic Image Limited @ Glasgow O2 Academy / twistyfoldy.net
Zipper1
パブリック・イメージ・リミテッドはついに新作『What the World Needs Now...』を2015年9月4日に発売します。

新作は2012年発売された 『This is PiL~伝説をぶっとばせ』以来3年ぶりで通算10作目にあたります。
This Is Pil , from UK)

スティーヴ・ウィンウッドがコッツウォルズに所有しているウィンクラフト・スタジオ/Wincraft Studioで制作され、前作同様作業はすべて、自己資金でまかなわれたとのこと。

アルバム先行シングルは"Double Trouble"で、8月21日(金)に10インチ・シングルとしてリリースされる予定。

ダブルBサイドとして"Bettie Page"と"Turkey Tits"が収録されます。

ジョンは「在庫切れする前に今買ってくれ」(プレス・リリースより)とコメントしてますが、ペイスト誌上において、新作タイトル『What the World Needs Now…(今世界が必要としているものは…)』にかけて次のように語ってます。

P6040129 / JpaulDB


「今世界が必要としているものがなんなのかってことは俺は言わないよ。
点々のところはみんなが勝手に穴埋めするところだから。
俺はそういう説教臭いことを言うたちじゃないんだ。
ただ、別な考え方みたいなものを提供してみて、遠巻きにどうなるか見てるんだよ。
だから、俺は本や映画やテレビが大好きなわけで、人間がやってることならなんだって俺には最高なんだよ。
ろくでもないもんだって、見方を変えれば洞察に満ちたものになるんだよ」



Pil @ Brixton Academy / elboomsonico


「たとえば、俺はイケメンなんかじゃないからね。
むしろどっちかというと不細工だよね。
でも、そのことを俺はしっかり利用してきたんだ。
それと俺は他人の価値で自分の人生を設計したりはしないからね。
俺には自分の価値体系があって、それは他人のよりよっぽどすぐれていると思ってるんだ。
俺の価値観は誰のことも傷つけないし、誰にでも開かれたようなものなんだよ。
ある時期まで俺はメディアによって、とてつもなく偏屈で意地の悪いキャラとして歪曲されて、映画で演じる分には最高だけど実生活ではとてもやっていけない立場に追い込まれてたんだけどね。
でも、最終的にジョニー・ロットンが勝ったのさ。
あらゆる先入観に俺は打ち克ったんだ」



121_7205 / xrayspx


「(ザ・セックス・)ピストルズはそうした意味で最初の試みとして最高のものだったんだ。
なんていう新兵訓練所だったんだろうと今振り返ると思えてくるんだ。
でも、解散したことは正しかったと思うよ。
それ以来、パブリック・イメージ・リミテッドが俺のライフワークとなってきたんだ。
俺の心臓の鼓動もこのバンドといる時が一番調子いいんだよ」



Public Image Limited @ Glasgow O2 Academy / twistyfoldy.net


What The World Needs Now... album (released September 4th)トラックリスト
1. Double Trouble
2. Know Now
3. Bettie Page
4. C’est La Vie
5. Spice of Choice
6. The One
7. Big Blue Sky
8. Whole Life Time
9. I’m Not Satisfied
10. Corporate
11. Shoom


以前「PILジョンライドン、お金は人を幸せにするか?はチャリティに苦言?」で

俺は、誰も信じられなくて孤独になっちまった有名人をたくさん見ている。
金のために生き、恐ろしく孤独に死んでいく。
おお、そのこと歌にしなきゃな!


と語っていましたがその曲は収録されているんでしょうか?

PiL / p_a_h


PIL UKツアーデータ
ukimages.jpg
2015年9月18日Glasgow, 02 ABC, Scotland,
2015年9月19日Manchester Academy, UK, Saturday,
2015年9月20日Newcastle, Riverside,
2015年9月22日York, Fibbers, UK
2015年9月23日Coventry, The Copper Rooms @ Warwick University, UK,
2015年9月25日Bristol, 02 Academy, UK
2015年9月26日Buckley, Tivoli, Wales
2015年9月27日Reading, Sub 89, UK
2015年9月29日Bexhill, De La Warr Pavilion, UK
2015年9月30日Norwich, UEA, UK
2015年10月2日London, 02 Shepherds Bush Empire, UK
2015年10月3日Frome, Cheese and Grain, UK
2015年10月4日Southampton, Engine Rooms, UK

PIL ヨーロッパツアーデータ
Europeimages.jpg
2015年10月6日Paris, Le Trianon, France
2015年10月7日Amsterdam, Paradiso, Netherlands
2015年10月9日Lausanne, Les Docks, Switzerland
2015年10月10日Venice, Rivolta, Italy
2015年10月11日Milan, Magazzini Generali, Italy
2015年10月13日Mannheim, Alte Seilerei, Germany
2015年10月14日Ludwigsburg, Rockfabrik, Germany
2015年10月15日Berlin, Columbia Theatre, Germany
2015年10月17日Bochum, Zeche, Germany
2015年10月18日Antwerp, Trix, Belgium

ジョン・ライドンPIL、いよいよ動き出します。

引用:ro69
引用:nme

関連記事:新作からのファースト・シングルは「Double Trouble」パブリック・イメージ・リミテッド
関連記事:PiL最新PV公開!「ダブル・トラブル」「トイレが壊れた」
関連記事:ジョン・ライドン反宗教的な絵をPiL新作アルバムアートワークに「ホピ族の精霊カチナ」
関連記事:パブリック・イメージ・リミテッド新曲「Double Trouble」のメイキング映像を公開中!

▼PISTOLSは最高だけどそれ以外のバンドも探してみてください!DO IT YOURSELF!
にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村

| John Lydon PIL | 23:58 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ロックの殿堂入キャンセル「クソみてえな系図に組み込まれないのが、ピストルズってもんだ」

Rock and Roll Hall of Fame MuseumRock and Roll Hall of Fame Museum / _Tony_B
Zipper1

ロックの殿堂「ROCK AND ROLL HALL OF FAME」DVD BOX通販限定スペシャルセット
2006年のお話。この年セックス・ピストルズはロックの殿堂入りを果たしました。

Rock 'N' Roll Hall of Fame Museum / House of Hall


しかし2月24日の朝、以前からロックの殿堂を皮肉っていたジョニー・ロットンを筆頭に彼らは、自身の公式サイトに直筆メッセージを掲載しています。

Rock 'N' Roll Hall of Fame Museum / House of Hall


「セックス・ピストルズを除けば、ロックンロールもその殿堂入りも小便のシミだ。
お前らの美術館、ワインの中の小便だな。俺達は行かねえよ。
お前らの猿じゃねえ。
だから、どうした」と罵倒しまくり、また1人あたり2万5,000ドル(約250万円)もの参加費用に関してもあげつらい、最後には
「俺たちは行かねえよ。
お前らも別に構わんだろ。
このクソみてえな系図に組み込まれないのが、本当のセックス・ピストルズってもんだからさ

Johnny Rotten (Lydon) at M.E.N. Arena / benmychree2002


とコメントしています。

Official_announcement_201503290955134a9.jpg
▲johnlydon.comより転載


Interior of Rock & Roll Hall of Fame and Museum - Cleveland - Ohio - USA - 02 / Adam Jones, Ph.D. - Global Photo Archive


Interior of Rock & Roll Hall of Fame and Museum - Cleveland - Ohio - USA - 03 / Adam Jones, Ph.D. - Global Photo Archive


これに対して主宰者は、怒るどころか、「彼らは非凡なパンク・スター。これこそがロックンロール」と大人の対応のコメントしています。

ロックの殿堂入りを蹴ったアーティストは史上初とのこと。

Rock 'N' Roll Hall of Fame Museum / House of Hall


らしい対応です。

The Wall / hans s


Rock 'N' Roll Hall of Fame Museum / House of Hall


Rock 'N' Roll Hall of Fame Museum / House of Hall


Interior of Rock & Roll Hall of Fame and Museum - Cleveland - Ohio - USA - 01 / Adam Jones, Ph.D. - Global Photo Archive

ロックの殿堂2006年受賞者
ブラック・サバス (1969年結成)

Black Sabbath, Auckland 2013 / Que Sara Sera

ブロンディ (1974年結成;1982年解散;1999年再結成)

Blondie Day on Green Adelaide / PeterTea

マイルス・デイヴィス (1926年生 - 1991年没)

Nice Jazz Festival '89 - Miles Davis - 2 / ohjaygee

レーナード・スキナード (1970年結成;1977年解散;1987年再結成)

Lynyrd Skynyrd @ Festival SWU / Paulínia / Portal Focka

セックス・ピストルズ (1975年結成;1978年解散、 受賞拒否)

Sex Pistols - Brixton Academy / markhillary



rockhall.com

関連記事:ローリングストーン誌の歴史上最も偉大なアーティスト!ピストルズ60位
関連記事:ピストルズが拒否したロックの殿堂パフォーマー部門一覧まとめ!

▼PISTOLSは最高だけどそれ以外のバンドも探してみてください!DO IT YOURSELF!
にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村

| NEVER MIND WIKI | 22:40 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

布袋寅泰「お気に入りのアルバム 10選」Louder Than Warサイトに発表好きな曲ピストルズ選曲

New Beginnings Zipper1
布袋寅泰氏が英国のインディ・ロック系音楽サイトLouder Than Warの企画にて「お気に入りのアルバム 10選」を発表しました。

日本のギターレジェンドTomoyasu Hotei と紹介されてます。

うれしいことにレジェンド布袋氏number 7にセックス・ピストルズを選出しておすすめしてます。
布袋寅泰ぴあ (ぴあMOOK)

number 1 : David Bowie / Station to Station

デヴィッド・ボウイは、俺に最も影響をあたえたアーティストだ。
彼の作品は全部好きなんだけど、このアルバムで聞くことができるカルロスアロマー/Carlos Alomar とアール・スリック/ Earl Slickのファンキーなギターは、俺に演奏中も踊ることができるギタリストになりたいと思わせたんだ!
1996年にデヴィッド・ボウイと「All the Young Dudes」を演奏するために共演したんだけど、決して忘れられない瞬間だね


BOØWYのバンド名はデヴィッド・ボウイから来てるみたいですし、ことあるごとにファンだと公言してました。
Bowie Interview by Tomoyasu Hotei

number 2 : Roxy Music / Siren

スタイリッシュで、 アバンギャルド。 もしロキシーミュージックがそれを持ち合わせてなければ、俺は決してスーツとネクタイ姿で演奏してなかっただろうね。
俺は2010年に彼らと共演したし、2013年にはアンディ・マッケイ(ロキシーミュージック・サクソフォーン、オーボエ奏者)が、俺のシェパーズブッシュエンパイアでのギグでゲスト参加してくれた。
俺が、世界で唯一ボウイとロキシー双方と共演したミュージシャンであることをうれしく思うよね。



Andy Mackay(Roxy Music) guests with Hotei @ SHEPHERD S BUSH EMPIRE 2013 11 09

number 3 : 10cc / How Dare You!

サウンドトラック、ミュージカルとかオペラのように、俺は世界の彼らの甘酸っぱい、コミカルで世界を斜にみている感じが大好きなんだよね。
「Don’t Hang Up」は俺の好きな​​10ccの曲だね 。



number 4 : Bill Nelson’s Red Noise / Bill Nelson’s Red Noise

ジミ·ヘンドリックス、ジミー·ペイジ、クラプトン、ヴァン·ヘイレンのようなギターヒーローは無限にいるけど、ビル·ネルソンが俺に最も大きな影響を与えているギタリストだと思うね。
シャープなギター·リフと、このアルバムのリズムは、ジェットコースターの猛烈なスピードに巻き込まれてるみたいだしね。息するのを忘れちゃうぐらい驚異的だよ!



number 5 : Oingo Boingo / Only a Lad

Oingo Boingoはダニー・エルフマンのバンド。彼の音楽は現在ハリウッド映画界で知られている。
ナイトメアー・ビフォア・クリスマス・スペシャル・エディション・オリジナル・サウンドトラック Ost: Batman Returns MEN IN BLACK II-MUSIC FROM THE MOTION PICTURE Charlie And The Chocolate Factory ALiCE IN WONDERLaND

イレギュラーで強烈なアレンジは本当におもしろかった。
俺はブラスとギターアンサンブル、そして他のインストルメンタルの組み合わせなど、このバンドから多くのことを学んだ。
自分がティーンエイジャーであった70年代終わりにニュー・ウェーブ・バンドにかなり影響された。
俺の音楽の好みは本当にそれ以来ずっと変わっていないって言いえるんだよね。
そういう経験は本当に貴重なもんだよね。



number 6 : Kraftwerk / Trans-Europe Express

俺達がリズムマシンやサンプラーを全然持っていなかった時に 俺は、このレコードで一緒にギターを演奏して練習したんだよね。
このレコードに沿ってギターを演奏し、正確かつ無機なビート上で踊ることができるフレーズを考えて実践するために使ったりしてね。また、俺は「Neu! 」や 「Can」などドイツプログレレコードをたくさん聞いたな。
ノイ!75 [紙ジャケット仕様] Tago Mago (Reis)
俺は、ジャンルとかカテゴリーなんて考えずにあらゆる種類の音楽を聞きあさったよ。
当時の俺はまったくレコードコレクターだったね。



number 7 : Sex Pistols / Never Mind the Bollocks


俺はずっとギターを弾いてきたけどヴァンヘレンやスティーヴ・ヴァイみたいなテクニックで弾けなくてイライラしていたんだ。
ヴェリー・ベスト・オブ・ヴァン・ヘイレン Infinite Steve Vai: An Anthology

幸いにもそこにセックス・ピストルズが現れた。
テクニックなんかやめちまえ!ってまさに情熱とフィーリングを持つプレイでさ!ピストルのへヴィーな音は、俺の世界を本当に広げてくれたんだよね。
奴らは決して忘れられることなく、ロック歴史に名を残しているしね。



number 8 : Gang Of Four / Entertainment!

アンディ・ギルのギターはクレージーで、すばらしいよね。
突然震えによってかみそりみたいに鋭く、出血しているみたいだし。
彼は、俺にカッティングビートのスリルを教えてくれた。
俺は、ギャング・オブ・フォー/Gang Of FourのNEWアルバム「What Happens Next」の1曲(Dead Souls)において最近共同で曲書き、プレイしたんだよね。
What Happens Next


アンディ・ギル×布袋寅泰 ~「デッド・ソウルズ」コラボレーション スペシャルインタビュー~

number 9 : Brian Setzer Orchestra / The Dirty Boogie

俺はブライアンと一緒に何度か演奏したことがあるけど、俺はあんなに多くのテクニックを持ったギタリストを一度もみたことなかったね。
彼は、ロカビリーやカントリーミュージックだけじゃなく、ジャズや伝統的な理論なんかも勉強ししてんだよね。
俺は、東京でジェフ・ベックとブライアンと3人きりで1度会ったことがあったんだよね。
Jeff Beck (Original Album Classics) 20 - ベスト・オブ・ブライアン・セッツァー・オーケストラ - Electric Samurai Noble Savage
そこでジェフはブライアンに非常に多くのギターに関する質問をしてたのを覚えているよ。
ギターキッズたちが夢中になる瞬間だよ!
個人的にだけど、彼は素晴らしい人間であり、俺は、自身が彼の友人と呼ばれることに誇りに思ってるよ。



Brian Setzer VS Hotei

number 10: Stina Nordenstam / Memories of a Color

俺は、このアルバムの冷気と静けさ、そして深い青が広がっている世界観を愛しているんだよね。
このアルバムは1992年の発売だけれど、今 聞くとそれがColdplayみたいな現代芸術的アプローチのように聞こえるんだよ 。
俺は何度聞いても、決して飽きないね。
本当に、すべて俺のお気に入りだ。



COME RAIN COME SHINE(通常盤)
布袋氏の音楽的ルーツを知るうえで興味深い内容です。

こうやって見ると日本のロック少年の夢を現実に1つ1つ実現させている「Tomoyasu Hotei 」すごいの一言です。

個人的には世界で戦う姿は野球少年の夢を背負ってメジャーで活躍するイチローとダブります。

※英語からの訳の為だいぶ意訳になってます。日本語を話す布袋氏の英語を再度日本語に直すのは難しかったです。違ってたら教えてください。

引用:amass
引用:louderthanwar.com

関連記事:布袋寅泰 PISTOLSを語る「グラム・ロックの一種に聴こえた」

▼Hotei は最高だけどそれ以外のバンドも探してみてください!DO IT YOURSELF!
にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村

| I♥PISTOLS コメント | 21:45 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ポール・クック参加!フィル・コリン(デフ・レパード)のサイド・プロジェクト・バンドDelta Deep

600-phil_collen600-phil_collen / Nature Snooper
Zipper1

デフ・レパード(Def Leppard)のギタリスト、フィル・コリン(Phil Collen)がブルース・べースのサイド・プロジェクト・バンド、Delta Deepを始動。デビュー・アルバム『Delta Deep』をMailboat Recordsから6月23日発売されます。

deltadeep.jpg


メンバーはフィル・コリンのほか
Delta Deep

bassist: Robert DeLeo (Stone Temple Pilots)
singer: Debbi Blackwell-Cook (Luther Vandross, Michael Buble)
drummer: Forrest Robinson (India Arie, Joe Sample)



DefLeppard4 / Sezzles

アルバムはオリジナル曲とカヴァー曲で構成されるとのこと。

ゲストとしてセックス・ピストルズのポール・クックが参加してます。マンレイズ(MANRAZE)で一緒に活動している縁でしょうね。

他にデフ・レパードのジョー・エリオット(Joe Elliott)やホワイトスネイク(Whitesnake)のデイヴィッド・カヴァデール(David Coverdale)など豪華なメンツです。

Phil Collen / Ingy The Wingy

▼フィル・コリンとDebbi Blackwell-Cook のDelta Deepとしてのラジオ


▼こちらはアルバム収録曲「Bang The Lid」のサンプル音源


引用:amass

関連記事:Def Leppardのフィル・コリンの人生を変えたアルバム 10枚ピストルズ選出!

▼ポール・クックは最高だけどそれ以外のバンドも探してみてください!DO IT YOURSELF!
にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村

| NEWS | 00:26 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

5月10日はシド・ヴィシャス誕生日!

UK Festival of Fireworks by Dave CarterUK Festival of Fireworks by Dave Carter / EpicFireworks
Zipper1
今日5月10日はシド・ヴィシャス誕生日です。

1957年5月10日生まれ、昭和でいったら32年生まれになります。
SID_v_bass.jpg


Birthday Cake / Will Clayton

天国に行ってしまいましたがおめでとう!シド!

ちなみにU2のボノも同じ今日誕生日です。(1960年5月10日生まれ)

サングラスを取った違和感あるボノBono without Glasses / jurvetson


▼シドへの誕生日プレゼントにはこの手の本をあげたいです。
「薬物・アルコール依存症からの回復支援ワークブック」
薬物・アルコール依存症からの回復支援ワークブック

俺はたくさん年を取る前に死んじまうと思う。
何故だかわからないけど、そんな気がするんだ。
シド・ヴィシャス


(涙)生きてこそ!

パンクのやんちゃ坊主シド・ヴィシャスも生きてれば58歳!想像できません。


参考:シド・ヴィシャスと同じ1957年(昭和32年)生まれの有名人
森永卓郎、天童 よしみ、ラモス瑠偉、木之内 みどり、夏目 雅子、野呂 一生(カシオペア)、秋野 暢子、柴門 ふみ、スパイク=リー、桑野 信義 (ラッツ&スター)山下 泰裕 (柔道)、名取 裕子、増田 恵子(ピンク・レディー)、うじき つよし(子供ばんど)、大沢 誉志幸、田口 トモロヲ、シーラ・E
年収300万円時代を生き抜く経済学 給料半減が現実化する社会で「豊かな」ライフスタイルを確立する! 天童よしみベスト・ビデオ大全集 Vol.1 [DVD] ラモスの黙示録 木之内みどり プロマイド 75 マガジンハウス・アーカイヴス 永遠の女 FEMME FATALE 夏目雅子メモリアルブック


シド、森永卓郎さんや天童 よしみさんと同年代・・・・とにかくおめでとう!

想像できません。

Fireworks / maf04


▼PISTOLSは最高だけどそれ以外のバンドも探してみてください!DO IT YOURSELF!
にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村

| NEVER MIND WIKI | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

日本コロムビア当時広告その名も「性の拳銃!!!」

ピストルズ日本コロムビアからのデビュー・アルバム発売告知の広告です。

反逆の嵐を吹き上げながら、今ロンドンから登場する、その名も「性の拳銃!!!」
セックス・ピストルズ独占契約


「性の拳銃!!!」という言葉は残念ながら!!!と3つもビックリマークをつけて強調したわりに広まりませんでした。
nmtbhsp.jpg
全英1位に輝いた衝撃のシングル!「God Save The Queen
God Save The Queen

あたりまえですがこの時点でピストルズを脱退しているグレン・マトロックは写真使用されていません。メンバーのライヴ写真を多用している中、ポールの写真だけすこぶるダサいです。

アルバム2大予約特典として①特大カラーポスターと②オリジナルバッジが付いてくると書かれています。

一番下にはプリティーヴェイカント(Pretty Vacant)シングルの予告もあり。
Pretty Vacant [7 inch Analog]

関連記事:日本盤ゴッド・セイブ・ザ・クィーン日本コロムビア YK-90-AX
関連記事:日本コロムビア当時広告「処女アルバム!犯すのは君だ!!」

▼PISTOLSは最高だけどそれ以外のバンドも探してみてください!DO IT YOURSELF!
にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村

| NEVER MIND WIKI | 21:28 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |