NEVER MIND THE SEX PISTOLS

SEX PISTOLSの有益な情報をお届けいたします。 パンクというロックのカテゴリーのバンドです。 ANARCHY!

2017年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ジャー・ウォブル、アルバム『The Usual Suspects』がSpotifyで全曲試聴可

ユージュアル・サスペクツ (USUAL SUSPECTS)
Zipper1

ジャー・ウォブル&ザ・インヴェイダーズ・オブ・ザ・ハート(Jah Wobble and The Invaders Of The Heart)名義の最新アルバム『The Usual Suspects』がSpotifyで配信中。全曲リスニング可

Spotify試聴こちら

40年の歳月をかけて、ウォーブルと長年のバンド、インベーダー・オブ・ザ・ハートがパブリック・イメージの曲L「Public Image」(1978年デビューアルバム『Public Image: First Issue』収録)にダブ・ジャズのアレンジで蘇らせてます。

「数年前に古いPiLのナンバーを演奏するなんてを考えたことはありませんでした。
それは神聖で犯すことのできないことだと思っていました。
しかし、私たちがこれを演奏するとなったとき私は「やってみよう」といいました。
そして、私たちは洗練されたマイナーキーバージョンを完成させました。
それはホントに好きな曲です。
オリジナルと同じくらい新鮮な音色になってますが、別の方法で音が鳴っています」
ジャー・ウォブル
JahWobble.jpg



レコーディングは数ヶ月にわたってイースト・ロンドンのスモークハウス・スタジオで行われています。

アルバム全23曲入り

『The Usual Suspects』
ユージュアル・サスペクツ (USUAL SUSPECTS)

参加ミュージシャン
・Marc Layton-Bennett (drums, percussion & backing vocals)
・Martin Chung (guitars)
・George King (keyboards & backing vocals)
・Steve Rigby (beats, programming & backing vocals)
・Sean Corby (trumpet & flugelhorn)
・Aurora Dawn (vocals)
・Holly Macve (backing vocals)

アルバムの日本盤は6月21日発売。リリース元はDISKUNION。海外盤は6月30日発売。リリース元は3Ms Music。

関連記事:ジャー・ウォブルNEWアルバム『The Usual Suspects』発売 PiLの曲も収録!

▼PISTOLSは最高だけどそれ以外のバンドも探してみてください!DO IT YOURSELF!
にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村

| John Lydon PIL | 23:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ジョンライドン、クリフ・リチャードを擁護「小学生の魔女の捜索だ」

Cliff RichardCliff Richard / The Nick Page
Zipper1

セックスピストルズ・PILのヴォーカリスト・ジョン・ライドンは、クリフ・リチャードに対する小児性愛の疑いが「小学生の魔女の捜索」だと批判しています。

2014年8月14日のニュース。


児童性的虐待の疑いでクリフ・リチャード氏の自宅を家宅捜索されています。

警察は14日、イギリス歌手クリフ・リチャード氏が所有するイングランド南東部バークシャーの物件を家宅捜索しました。
児童性的虐待の疑いにとのこと。

警察の発表によると、1980年代にイングランド北部サウス・ヨークシャーで発生した16歳以下の少年に対する性的虐待への関与が疑われている。

Cliff Richard & The Shadows, Melbourne, Feb 13th 10 / MandyHallMedia



この件に関してジョン・ライドンは、クリフ・リチャードの児童性的虐待は無罪だと語っています

「歴史的な児童性的虐待に関与している疑いについて、警察の調査が終わり、事件性がないと判断することを望むね。
魔女狩りでは、みんな罪をなすりつける傾向があるが、証明されるまでは無実なんだ」
ジョン・ライドン


また、ライドンは、クリフとデュエットをしたいと望んでいたことを明らかにした。

「オレは『デビルウーマン Devil Woman』(クリフのヒット曲)が好きだった。
数年前なんだけど、彼がオレに連絡してくれたとき、それは心温まるものだったんだ。
チャンスがあったならオレは彼と一緒に仕事しただろう」



Cliff Richard / Music News Australia


またライドンは、1978年に小児性愛者DJジミー・サヴィルを暴露しようとしたら、BBC上層部がブラックリストに載せたと主張してます。

DJジミー・サヴィルはBBCの人気司会者で、少年や少女への性的虐待が死後に発覚しています。


ジョンライドンは1978年当時、ラジオ1でサヴィルについてインタビューを受けてます。

「偽善野郎だ...あらゆる種類の悲しみに...オレたちが話すことは許されちゃいないんだよ」
ジョンライドン1978年


身をもって経験したのはトップオブザポップスに行った若い女の子たちが「彼が触って、気味の悪い、怖かった」ってオレに泣きついてきたってことなんだよ
オレはそれについてすべて知っていて、そう言ったらBBCから出禁になったんだ。
オレが良心ある唯一の男だってことがわかるだろ」
ジョン・ライドン
ジョン・ライドン 新自伝 怒りはエナジー


クリフ・リチャードの無実が晴れるといいですね。

「僕は取り調べを受ける以前から容疑者に挙げられていたんです。
それは僕にしてみれば『生き餌』にされたも同然です」
クリフ・リチャード



Jaguar E type roadster once owned by Cliff Richard / andreboeni


想像つかないジョンライドンとクリフ・リチャードのデュエット聴いてみたいです。

▼ジョンライドンが好きなクリフ・リチャード「デビルウーマン Devil Woman」


ソース:express

関連記事:クリフ・リチャード「Move It!」ジョンライドン「5歳のオレに良い印象を残したんだよ」
関連記事:ジョンライドン生まれて初めてのライヴは「クリフリチャードだ、かなり怖かったけど」

▼PISTOLSは最高だけどそれ以外のバンドも探してみてください!DO IT YOURSELF!
にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村

| Interview | 21:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

チープ・トリックのリック・ニールセン「私の好きなビートルズ・ソング 10」「ピストルズの前のピストルズのようなものなんだよね」

We Are the Paintermen
Zipper1

チープ・トリック/Cheap Trickのギタリスト、リック・ニールセン/Rick Nielsenが「私の好きなビートルズ・ソング 10」をセレクト。イギリスの音楽誌Classic Rockサイトの企画です。

リック・ニールセンは、1964年にエリート・サリバン・ショーでビートルズを初めて見ました。

「彼らは音楽を完全に変えたんだ、特にアメリカでね」
彼らは私までも変えたんだよ。 それまではドラマーだったんだ。
私は彼らの大ファンになった。
アメリカで他の誰かがビートルズを聞く前に私はビートルズのシングル「Please Please Me」を持ってたんだよ」



Rick Nielsen (Cheap Trick) / Alberto Cabello Mayero


リック・ニールセン名曲「ヘルター・ケーター」をセックスピストルズを使って説明しています。

●ルーシー・イン・ザ・スカイ・ウィズ・ダイアモンズ /Carry That Weight/The End

●ヘルター・スケルター/Helter Skelter 1968年

私はビートルズの旋律的なものだけじゃなく、ジョン・レノンのヘヴィーでクレイジーなのも本当に好きだね。
あなたはビートルズを知らない人にもその曲を弾くことができる。
「なんてこった!、彼らはできない!」と言うでしょう。
それはセックス・ピストルズの前のセックス・ピストルズのようなものなんだよね。
リック・ニールセン




●ルーシー・イン・ザ・スカイ・ウィズ・ダイアモンズ /Lucy In The Sky With Diamonds1967年

●サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド/Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band 1967年

●ア・デイ・イン・ザ・ライフ A Day In The Life 1967年

●恋を抱きしめよう/We Can Work It Out1965年

●トゥモロー・ネヴァー・ノウズ/Tomorrow Never Knows 1966年


●ヤー・ブルース/Yer Blues 1968年

●タックスマン /Taxman1966年

●シー・セッド・シー・セッド/She Said, She Said1966年


イマイチアメリカで人気が出なかったチ-プトリック。「チープ・トリック・ライヴ」at武道館でブレイクしました。

武道館でのライヴすることののブランド化に火をつけてます。


以前海外で「最近の武道館はとうだい?」と訊かれることにうんざりとコメントしてました。

Rick Nielsen / teakwood

ソース:teamrock

関連記事:スティーヴ・ジョーンズ参加していいのか?ロックの殿堂記念ライヴ2016チープトリック受賞

▼PISTOLSは最高だけどそれ以外のバンドも探してみてください!DO IT YOURSELF!
にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村

| I♥PISTOLS コメント | 21:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「ベスト・デビュー・アルバム TOP100」UK音楽誌Uncut発表ピストルズ19位

Velvet Underground - With Nico Framed Mini Poster - 10.2x14.7cm
Zipper1

「ベスト・デビュー・アルバム TOP100」を英国の音楽誌Uncutが発表してます。このランキングは元々同誌2006年8月号に掲載された特集記事をサイトで再録したものです。

セックス・ピストルズは19位ランクインです。

こちらがTOP100リスト

100 アーケイド・ファイア/ARCADE FIRE/Funeral (2005)
Funeral (180Gram Vinyl) [Lp] Suede
99 スエード/SUEDE・Suede (1993)

98 フー・ファイターズ/ FOO FIGHTERS・Foo Fighters (1995)
Foo Fighters [12 inch Analog] Just Another Diamond Day
97 VASHTI BUNYAN・Just Another Diamond Day (1970)

96 PJ ハーヴェイ/PJ HARVEY・Dry (1992)
Dry + bonus Demonstration tracks White Stripes
95 THE WHITE STRIPES・The White Stripes (1999)

94 マーキュリー・レヴ/MERCURY REV・Yerself Is Steam (1991)
Yerself Is Steam Prayers on Fire
93 THE BIRTHDAY PARTY・Prayers On Fire (1981)

92 スピリチュアライズド/SPIRITUALIZED・Lazer Guided Melodies (1992)
Lazer Guided Melodies Throwing Muses
91 スローイング・ミュージズ/THROWING MUSES・Throwing Muses (1986)

90 フランツ・フェルディナンド/FRANZ FERDINAND・Franz Ferdinand (2004)
フランツ・フェルディナンド ELASTICA
89 エラスティカ/ELASTICA・Elastica (1995)

88 ム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ/TOM PETTY & THE HEARTBREAKERS・Tom Petty & The Heartbreakers (1976)
Tom Petty & The Heartbreakers ダウン・バイ・ザ・ジェティー
87 ドクター・フィールグッド/DR FEELGOOD・Down By The Jetty (1974)

86 アンダー・トーンズ/THE UNDERTONES・The Undertones (1979)
Undertones Elvis Presley
85 エルヴィス・プレスリー /ELVIS PRESLEY・Elvis Presley (1956)

84 トリッキー/TRICKY・Maxinquaye (1995)
Maxinquaye Little Feat
83 リトル・フィートLITTLE FEAT・Little Feat (1971)

82 ポップ・グループ/THE POP GROUP・最後の警告Y (1979)
Y(最後の警告) Ten
81 PEARL JAM・Ten (1991)

80 チープ・トリック/CHEAP TRICK・Cheap Trick (1977)
Cheap Trick ジャクソン・ブラウン・ファースト
79 JACKSON BROWNE・ジャクソン・ブラウン・ファーストJackson Browne (1972)

78 リバティーンズ/THE LIBERTINES・リバティーンズ宣言Up The Bracket (2002)
リバティーンズ宣言 Slim Shady
77 EMINEM・The Slim Shady LP (1999)

76 ガンズ・アンド・ローゼズ/GUNS N’ ROSES・Appetite For Destruction (1987)
Appetite for Destruction ラーズ(+8)
75 ラーズ/THE LA’S・The La’s (1990)

74 ケイト・ブッシュ/KATE BUSH・The Kick Inside (1978)
The Kick Inside Slanted & Enchanted Luxe & Reduxe
73 PAVEMENT・Slanted And Enchanted (1992)

72 ザ・ストロークス/THE STROKES・Is This It (2001)
Is This It ソングス・トゥ・リメンバー
71 スクリッティ・ポリッティ/SCRITTI POLITTI・Songs To Remember (1982)

70 JUDEE SILL・Judee Sill (1971)
ジュディ・シル Crocodiles
69 ECHO & THE BUNNYMEN・Crocodiles (1980)

68 バズコックス/BUZZCOCKS・Another Music In A Different Kitchen (1978)
Another Music in a Different Kitchen [Analog] Suicide (First Album)
67 SUICIDE・Suicide (1977)

66 ビースティ・ボーイズ/BEASTIE BOYS・Licensed To Ill (1986)
Licensed to Ill 若き魂の反逆児を求めて
65 デキシーズ・ミッドナイト・ランナーズ/DEXYS MIDNIGHT RUNNERS・Searching For The Young Soul Rebels (1980)

64 NEU!・Neu! (1972)
Neu Modern Dance
63 PERE UBU/The Modern Dance

62 THE ASSOCIATES The Affectionate Punch
Affectionate Punch by Universal I.S. 【並行輸入品】 レナード・コーエンの唄
61 LEONARD COHEN・レナード・コーエンの唄The Songs Of Leonard Cohen (1968)

60 リチャードヘル&ザ・ボイドイズ/RICHARD HELL & THE VOIDOIDS・Blank Generation
Blank Generation Boy
59 U2・Boy (1980)

58 TIM HARDIN・Tim Hardin 1 (1966)
1/2 Come on Pilgrim
57 ピクシーズ/PIXIES・Come On Pilgrim (1987)

56 ボブ・ディラン/BOB DYLAN・Bob Dylan (1962)
Bob Dylan New Boots & Panties by CODE 90 RECORDS UK 【並行輸入品】
55 イアン・デューリー/IAN DURY・New Boots & Panties!! (1977)

54 RANDY NEWMAN・Randy Newman (1968)
Randy Newman 3 Feet High & Rising
53 デ・ラ・ソウル/DE LA SOUL・3 Feet High And Rising (1989)

52 ABC・ルック・オブ・ラヴThe Lexicon Of Love (1982)
ルック・オブ・ラヴ Moby Grape: High Sign
51 モビー・グレープ/MOBY GRAPE・Moby Grape (1967)

50 ジーザス&メリーチェイン/THE JESUS AND MARY CHAIN・Psychocandy (1985)関連記事
サイコ・キャンディ サイコ・キラー’77
49 トーキング・ヘッズ/TALKING HEADS・77サイコ・キラー’77 (1977)

48 プリテンダーズ/THE PRETENDERS・Pretenders (1980)関連記事
Pretenders コンプトンの無法者たち
47 NWA・ コンプトンの無法者たちStraight Outta Compton(1989)

46 スリッッ/THE SLITS・Cut (1979)関連記事
カット グレース
45 JEFF BUCKLEY・Grace (1994)

44 オレンジ・ジュース/ORANGE JUICE・You Can’t Hide Your Love Forever (1982)
キャント・ハイド・ユア・ラヴ・フォーエヴァー 香港庭園(ホンコンガーデン)
43 スージー・アンド・ザ・バンシーズ/ SIOUXSIE AND THE BANSHEES・The Scream (1978)

42 ザ・モダン・ラヴァーズ/THE MODERN LOVERS・The Modern Lovers (1976)関連記事
Modern Lovers Yo Bum Rush the Show
41 パブリック・エナミー/PUBLIC ENEMY・Yo! Bum Rush The Show (1987)

40 WIRE・Pink Flag (1977)
Pink Flag Greetings From Asbury Park Nj
39 ブルース・スプリングスティーン/ BRUCE SPRINGSTEEN・Greetings From Asbury Park, NJ (1973)

38 CAPTAIN BEEFHEART AND HIS MAGIC BAND・セイフ・アズ・ミルクSafe As Milk (1967)
セイフ・アズ・ミルク リアル・ライフ
37 マガジン/MAGAZINE・Real Life (1978)

36 アークティック・モンキーズ/ARCTIC MONKEYS・Whatever People Say I Am, That’s What I’m Not (2006)
ホワットエヴァー・ピープル・セイ・アイ・アム、ザッツ・ホワット・アイム・ノット Black Sabbath
35 ブラック・サバス/BLACK SABBATH・Black Sabbath (1970)

34 スティーリー・ダン/STEELY DAN・Can’t Buy A Thrill (1972)
Can\'t Buy a Thrill Entertainment
33 GANG OF FOUR・Entertainment! (1979)

32 MC5・Kick Out The Jams (1969)
キック・アウト・ザ・ジャムズ My Aim Is True
31 エルビスコステロ/ELVIS COSTELLO・My Aim Is True (1977)関連記事

30 オアシス/OASIS・Definitely Maybe (1992)
Definitely Maybe ファイヴ・リーヴス・レフト
29 ニック・ドレイク/NICK DRAKE・Five Leaves Left (1969)

28 ドアーズ/THE DOORS・The Doors (1967)
Collection -Box Set (6cd) Isn\\\'t Anything
27 マイ・ブラッディ・ヴァレンタイン/MY BLOODY VALENTINE・Isn’t Anything (1988)

26 バッファロー・スプリングフィールド/BUFFALO SPRINGFIELD・Buffalo Springfield (1967)
Buffalo Springfield Freak Out
25 THE MOTHERS OF INVENTION・Freak Out! (1966)

24 ビッグ・スター/BIG STAR・#1 Record (1972)
#1 Record Gilded Palace of Sin / Burrito Deluxe
23 THE FLYING BURRITO BROTHERS・The Gilded Palace Of Sin (1969)

22 R.E.M.・Murmur (1983)
マーマー Smiths
21 スミス/THE SMITHS・The Smiths (1984)

20 ザ・スペシャルズ/THE SPECIALS・The Specials (1979)
Specials Never Mind the Bollocks (2012 Remaster)

19 THE SEX PISTOLS・Never Mind The Bollocks, Here’s The Sex Pistols (1977)

18 パティ・スミス/PATTI SMITH・Horses (1975)
ホーセス プリーズ・プリーズ・ミー
17 ビートルズ/THE BEATLES・Please Please Me (1963)

16 ニューヨーク・ドールズ/NEW YORK DOLLS・New York Dolls (1973)
ニューヨーク・ドールズ Rolling Stones
15 THE ROLLING STONES・The Rolling Stones (1964)

14 ピンクフロイド/PINK FLOYD・The Piper At The Gates Of Dawn (1967)
Piper at the Gates of Dawn ミスター・タンブリン・マン(紙ジャケット仕様)【2012年1月23日・再プレス盤】
13 バーズ/THE BYRDS・Mr Tambourine Man (1965)

12 ラモーンズ/RAMONES・Ramones (1976)
ラモーンズの激情 (紙ジャケットCD) マイ・ジェネレイション+12
11 THE WHO・My Generation (1965)

10 ザ・ストゥージズ/THE STOOGES・The Stooges (1969)
Stooges Roxy Music
9 ROXY MUSIC・Roxy Music (1972)

8 ジョイ・ディヴィジョン/JOY DIVISION・Unknown Pleasures (1979)
Unknown Pleasures Led Zeppelin 1 [DELUXE EDITION 2CD]
7 LED ZEPPELIN・Led Zeppelin (1969)

6 クラッシュ/THE CLASH・The Clash (1977)
白い暴動(紙ジャケット仕様) Music From Big Pink
5 ザ・バンド/THE BAND・Music From Big Pink (1968)

4 ザ・ストーン・ローゼズ/THE STONE ROSES・The Stone Roses (1989)
Stone Roses (20th Anniversary Special)
3 ザ・ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンス/THE JIMI HENDRIX EXPERIENCE・Are You Experienced (1967)
Are You Experienced?
2 テレヴィジョン/TELEVISION・Marquee Moon (1977)
マーキー・ムーン
1 ヴェルヴェット・アンダーグラウンド・アンド・ニコ/THE VELVET UNDERGROUND & NICO・The Velvet Underground & Nico (1967)
ヴェルヴェット・アンダーグラウンド・アンド・ニコ(45周年記念 ニュー・デラックス・エディション)

堂々の1位はヴェルヴェット・アンダーグラウンド・アンド・ニコでした。プロデュースもこなしたアンディウォーホルのジャケットも含めて確かに名盤です。
たった4日間で録音、3,000ドルに満たない予算で制作されたバナナ・アルバムです。


Andy Warhol, Self-Portrait, 1986 / Sharon Mollerus


Dressed in Black / Iburiedpaul


Lou Reed and Velvet Underground / -Jeffrey-

「R&Rってのはひどく見下されていて、とても大人のきく音楽じゃないとされていた。
俺はだからその中に大人の問題も加えようと思った。
ドラック、暴力、ニューヨーク、そういったことさ。
俺はまさしく正しい時期に正しい場所に居たと思うね。
ウォーホル人気とぶつかって。
何て運のいい設定だったろうと思うよ」
ルーリード名言
トランスフォーマー
引用:ロッキングオン1987.2




こちらと比較すると面白いですよ→ローリングストーン誌「歴代最高のデビュー・アルバム TOP100」ピストルズ7位

引用:uncut.co
引用:amass

▼PISTOLSは最高だけどそれ以外のバンドも探してみてください!DO IT YOURSELF!
にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村

| NEVER MIND WIKI | 21:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

THE TOMBOYS逆輸入ミニアルバム「TO THE DREAM」発売決定!

thetomboys.jpgZipper1

グレンマトロックがプロデュースした日本のガールズバンドTHE TOMBOYS。

当初は誰?と思いましたが聴いてみるとキャッチ-でポップでロックしていて魅力的なバンドでした。

そんなTHE TOMBOYSの新作3rdミニアルバム「TO THE DREAM」がを8月23日に発売されます。!

今回もセックスピストルズのオリジナルベーシストグレンマトロックがプロデュース、レコーディングエンジニアはエイミー・ワインハウスAMY WINEHOUSEやTHE KOOKSを手掛けたJon Moonとロンドン産の音源です。

グレン・マトロックとTHE TOMBOYSの共演した神戸ステージでは、グレン・マトロック、THE TOMBOYSに敬意を表しTHE TOMBOYSばりのステップを決めながらギターを弾いてました。

glen-thetomboys.jpg

逆輸入って洋楽コンプレックスがある身としては、なんかカッコいいですね。

▼神戸のライヴ会場にもCDが売られていなかったTHE TOMBOYS。これでお手軽にアマゾンからも購入できるようになりました。
TO THE DREAM
TO THE DREAM
THE TOMBOYS「TO THE DREAM」

1. Tell Me Why
2. どこ行くの
3. Heip me on somebody
4. I GATTA GO
5. ボーナストラック
[CD] 2017年8月23日発売 / 1620円 / PCI MUSIC / FVMI-0012

「Tell Me Why」日本独特の切ない旋律とロックが融合していて名曲です。

以前のトムボーイズのCDはこちらで購入できます



関連記事:グレンマトロック・プロデュースTHE TOMBOYS「Please Remember Me」


▼THE TOMBOYSは最高だけどそれ以外のバンドも探してみてください!DO IT YOURSELF!
にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村

| NEWS | 20:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

クリエーション「ペインターマン」ピストルズカバー予定曲「何となく尻つぼみになってしまった」

We Are the Paintermen
Zipper1

ジョニーロットンが加入しバンドの方向性を模索している頃のピストルズのお話

ある日マネージャーのマルコムマクラーレンはセックスピストルズの為に1枚のレコードを差し出します。

イギリスのガレージバンド、クリエーションCreationの「ペインターマン/Painter Man」でした。
Creation-Painter Man

この曲は1967年発売され、イギリスチャート36位まで登っています。

マルコムはそのバンドのエピソードをメンバーに話しています。

「クリエーションはギタリストがソロを弾いてる最中、アクションペインティングをしてその絵に火をつける」

いかにもアートスクール出身のマルコムが興味を持つ内容です。

ピストルズのメンバーはそのレコードを聴き興味を示します。

しばらくは、その曲をやるつもりだったが何となく尻つぼみになってしまった」
グレン・マトロック
Glen_Matlock_face.jpg
引用オレはセックスピストルズだった




その後ボニーMがこの曲のニューバージョンをだし、グレンは採用しなくてよかったと語っています。

ピストルズバージョンの「ペインターマン」どんな感じになったんでしょうか。


▼Creation - Painter Man


▼ディスコ調のボニーMバージョン


▼PISTOLSは最高だけどそれ以外のバンドも探してみてください!DO IT YOURSELF!
にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村

| NEVER MIND WIKI | 21:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

スティーヴジョーンズがthe Hollywood Walk of Fame登録決定!ハリウッドの星殿堂入り

jonesy-hollywood-walk.jpgZipper1

なんとピストルズのギタリスト、スティーヴ・ジョーンズがthe Hollywood Walk of Fameに名前が刻まれます。

6月22日Cumulus Media-Los Angeles は95.5 KLOS“Jonesy’s Jukebox”のホスト・スティーヴ・ジョーンズが ハリウッド・ウォーク・オブ・フェームの星に登録されると発表しています。

トップ画像は受賞したスティーヴ・ジョーンズの番組を持つKLOSサイト。

ハリウッド商工会議所の名誉勲章選考委員 of Fame Selection Committee)は、今日、映画、テレビ、ライブ・シアター/ライブ・パフォーマンスのカテゴリーで、名誉賞の全リストを発表しました、

Walk of Fame Hollywood / Christian Haugen


The Hollywood Walk of Fame Class of 2018殿堂入り
映画部門:
ジャック・ブラック/Jack Black, キルスティン・ダンスト/Kirsten Dunst, ジェフ・ゴールドブラム/Jeff Goldblum, F・ゲイリー・グレイ/F. Gary Gray, マーク・ハミル/Mark Hamill, ジェニファー・ローレンス/Jennifer Lawrence, ジーナ・ロロブリジーダ/Gina Lollobrigida, ミニーマウス/Minnie Mouse, ニック・ノルティ/Nick Nolte and ゾーイ・サルダナ/Zoe Saldana.
テレビ部門:
Anthony Anderson, Gillian Anderson, Lynda Carter, サイモン・コーウェル/Simon Cowell, RuPaul Charles, Taraji P. Henson, Eric McCormack, Ryan Murphy, Niecy Nash, Mandy Patinkin, Shonda Rhimes, and posthumously, Steve Irwin.
レコーディング部門:
メアリー・J. ブライジ/Mary J. Blige, リチャード・ブランソン/Sir Richard Branson, ペトゥラ・クラーク/Petula Clark, ハリー・コニック・ジュニア/Harry Connick, Jr., アイスT/Ice T, スヌープ・ドッグ/Snoop Dogg, キャリー・アンダーウッド/Carrie Underwood andアル・ヤンコビック/ “Weird Al” Yankovic.
ラジオ部門:
スティーヴ・ジョーンズ/Steve Jones.
ライブ・シアター/ライブ・パフォーマンス部門:
Charles Aznavour, リン・マニュエル・ミランダ/Lin-Manuel Miranda, and posthumously,故バーニー・マック/ Bernie Mac

セックス・ピストルズとレコード契約をしたヴァージンのリチャード・ブランソンも一緒に殿堂入りしています。


Looking down on the walk of fame / Bonita la Banane




The Hollywood Sign / Christian Haugen

このブログでも時々紹介してますがスティーヴのこのラジオ番組アメリカでは予想以上に好評価のようです。
ピストルズのギタリストとしての功績ではなくその後のラジオDJとしての受賞です。

「オレは自分の仕事が好きで、1日2時間費やしてるんだが大好きなんだ。
ハリウッド商工会議所や名声選考委員会に非常に感謝しているよ」
スティーヴジョーンズ



ロンドンの片隅にいたチンピラ少年がハリウッドに名前を刻むまでになっています。

おめでとうスティーヴ。





▼PISTOLSは最高だけどそれ以外のバンドも探してみてください!DO IT YOURSELF!
にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村

| Steve Jones | 14:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ザ・ストゥージズ映画『ギミー・デンジャー』予告編ナレーション永瀬正敏

ギミー・デンジャー~ストーリー・オブ・ザ・ストゥージズ
Zipper1

セックスピストルズはストゥージズの「アイ・ワナ・ビー・ユア・ドッグ」をカバーしました。

「オレはザ・ストゥージズをアーリーパンクとして見たことなんかないね。
そいつはメディアの操作だ。
オレは彼らのことが大好きだったんだけど、いつもその長い髪の毛にぞっとしていたんだよ」
ジョンライドン・ジョニーロットン
Anger-johnlydon.jpg



そんなパンクにも影響をあたえたストゥージズの映画『ギミー・デンジャー』がジム・ジャームッシュ監督作品として完成。

もともとジムジャームッシュ監督自身がイギーポップの大ファンで自身の作品でジョニー・デップ主演の『デッドマン』や2003年の作品『コーヒー&シガレッツ』などにイギーを起用、出演しています。
デッドマン スペシャル・エディション [DVD] コーヒー&シガレッツ [DVD]


イギーはジャームッシュに「俺たちストゥージズの映画を撮って欲しい」とオファーしたことから始っています。

この映画はストゥージズのメンバーと本当に身近な関係者のみを取材して制作されています。

デヴィッド・ボウイとの出会いや再結成にも触れられているようです。

今回アップされた映画予告編では永瀬正敏さんがナレーションを担当。

「“ジム・ジャームッシュ×イギー・ポップ&ストゥージズ”その組合せを聞いただけでもワクワクしたが、観終わった今もその胸の高まりがおさまらない! 最高!!」
永瀬正敏
アクターズ・ファイル 永瀬正敏


永瀬さん2ndアルバム『Vending Machine』でイギー・ポップから曲提供されています。(このアルバムジョーストラマーも参加しています)
Vending-Machine.jpg

またジム・ジャームッシュ作品『ミステリー・トレイン』に出演していますし、次回作にも出演予定の絡みでのことみたいです。

この映画は史上最高のロックン・ロールバンドに宛てたラヴレターだ
ジム・ジャームッシュ監督



映画『ギミー・デンジャー』
監督:ジム・ジャームッシュ
出演:イギー・ポップ、ロン・アシュトン、スコット・アシュトン、ジェームズ・ウィリアムスン 他
2016年/アメリカ/英語/108分/アメリカンビスタ/カラー、モノクロ/5.1ch/原題: GIMME DANGER

カンヌと、北米ではトロント国際映画祭で上映されています。

全米では10月28日公開。
日本では9月2日より新宿シネマカリテほかで全国順次公開されることが決定していて、7月15日~8月18日にわたって開催される「カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション 2017」のクロージング作品として先行上映されることも決定しています。

▼映画『ギミー・デンジャー』予告編



▼PISTOLSは最高だけどそれ以外のバンドも探してみてください!DO IT YOURSELF!
にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村

| NEWS | 22:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

グレン・マトロック、ロバート・エルムズのラジオに『The Anarchy Arias』宣伝出演?

Pretty Vacant (Instrumental)
Zipper1

グレンマトロックが6月12日、BBCロバート・エルムズのラジオに出演しました。

番組内で、グレンマトロックは「アナーキーアリア」と歴史家のイアン・モーティマーの著作The Time Traveller's Guide to Restoration Britain'.についt語っています。

当日放送された曲

The Sound Stylistics/The Taking Of Peckham 343
The Taking Of Peckham 343


The Mindbenders/A Groovy Kind Of Love
Groovy Kind of Love


Texas/Midnight
JUMP ON BOARD

Marc Cohn/Walking In Memphis
Walking In Memphis

ジミークリフ-Jimmy Cliff/Wild World
In Concert: Best of

ポールサイモン-Paul Simon/You Can Call Me Al

ティアーズ・フォー・フィアーズ-Tears for Fears/Everybody Wants To Rule The World
Everybody Wants To Rule The World - Urban Mix

Sheryl Crow/Be Myself
BE MYSELF


ロッド・スチュアート&ジェフ・ベック/-Rod Stewart & Jeff Beck/I've Been Drinking

ホール&オーツ-Hall & Oates/Abandoned Luncheonette
Abandoned Luncheonette

Chris Stapleton/Either Way
FROM A ROOM VOL.ONE

T. Rex/Ride A White Swan
Ride A White Swan

Janet Kay/Silly Games
Silly Games

リアン・キャロル-Liane Carroll/In The Neighbourhood

Peter Perrett/An Epic Story

Nina Simone/Ain't Got No - I Got Life

The Anarchy Arias/Pretty Vacant グレンマトロックのニュープロジェクトより2曲。
Pretty Vacant

The Anarchy Arias/No More Heroes
Pretty Vacant

Southside Johnny & The Asbury Jukes/The Fever
Fever Anthology 1976-1991 by Southside Johnny & The Asbury Jukes (2008-05-13) 【並行輸入品】




グレンマトロック9日に発売された『The Anarchy Arias』の宣伝出演とおもわれます。

『The Anarchy Arias』絶賛発売中です。
Anarchy Arias
Anarchy Arias

▼ストラングラーズのオリジナルとずいぶん違うアレンジですAnarchy Arias No More Heroes One Show 2017 05 19


関連記事:グレンマトロックNEWプロジェクト『The Anarchy Arias』オペラ+オーケストラ+パンク

▼PISTOLSは最高だけどそれ以外のバンドも探してみてください!DO IT YOURSELF!
にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村

| Glen Matlock | 21:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

グレンマトロック2人の息子を語る「ひげを生やすことを提案してくれた」

Weyfest 2014Weyfest 2014 / williamsdb
Zipper1

グレン・マトロックがtheguardianサイトで自身の2人の息子さんについて語っています。

血筋なのか、なんと2人とも音楽家として活動しているそうです。


「私の2人の少年は音楽家としてうまくやってるよ。
彼らは私の影響を離れ静かに自分のことをやってる。
24歳の私の年上の少年は、かなり率直な奴で、20歳の下の息子は、より慎重だね。
私は彼らの業績に誇りを持っているよ。
彼らは最近、契約を締結したんだ。
夜中にセッションをしていたんだけどアスピリンのパケットとともにお祝いのカードを渡してね。
私はそれをどのように行ったのか尋ねました。
彼らはこう言った「悪くないね。でも何を知ってるんだい、お父さん?
ボクたちはこれらの曲をすべて録音し、契約書に署名したんだよ。
彼らはボクたちがグレンマトロックの子供だって知らないんだよ!」
私たちは一緒に演奏したことはないんだけど、数年前にギタリストを探していてね。
私の若い人はこう言っていました「僕はできると思うよ」
私はそれについて考えたんだけど、彼は私が古すぎるように感じたんだ。
彼はひげを生やすことを提案してくれた。
彼らがステージ上の私を見ると、こう言います。「もうちょっとジャンプしてよ、お父さん!」ってね」
グレンマトロック
glensexybeast.jpg


昨年ぐらいからひげを生やし始めてますが息子さんからの提案だったとは。

2007年の再結成ピストルズ時、この2人の息子のためにグレン・マトロックはジョニー・ロットンにステージで汚い言葉を使わないでと願いしています。
glen-son.jpg

グレン・マトロック、良いお父さんしています。

ソース:theguardian
誤訳あったらスミマセン。

▼PISTOLSは最高だけどそれ以外のバンドも探してみてください!DO IT YOURSELF!
にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村

| Glen Matlock | 22:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ピストルズ13位NME選出「史上最高の作家アルバム100 」

Waiting For The Floods [LP]
Zipper1

1985年に発表されたNEMの「史上最高の作家アルバム100 」です。1985年ということでグランジもブリッとポップもまだ興る前のランキングです。

100アルバムとうたわれていましたが発表時45位が抜けていて全99のアルバムとなっています。その後読者投票で"Songs For Swinging Lovers" フランクシナトラ/ Frank Sinatraが選ばれて全100アルバムとなったようです。

クラッシュは4位、ピストルズは13位に選ばれています。

1. What’s Going On - マーヴィン・ゲイ/Marvin Gaye (1971)

2. Astral Weeks - ヴァン・モリソン/Van Morrison (1968)
3. Highway 61 Revisited - ボブ・ディラン/Bob Dylan (1965)
4. The Clash - ザ・クラッシュ/The Clash (1977)
5. Marquee Moon - テレヴィジョン/Television (1977)

6. Swardfishtrombones - トム・ウェイツ/Tom Waits (1983)
7. The Band - バンド/The Band (1969)
8. Blond On Blond - ボブ・ディラン/Bob Dylan (1966)
9. John Lennon/Plastic Ono Band - ジョンレノン/John Lennon (1970)
10. Unknown Pleasures - ジョイ・ディヴィジョン/Joy Division (1979)

11. Revolver - ザビートルズ/The Beatles (1966)
12. The Sun Collection - エルヴィスプレスリー/Elvis Presley (1975)
13. Never Mind The Bollocks... - セックス・ピストルズ/The Sex Pistols (1977)
Never Mind the Bollocks [12 inch Analog]
14. Forever Changes - Love (1967)
15. Low - デヴィッド・ボウイ/David Bowie (1977)

16. The Velvet Underground And Nico - The Velvet Underground (1967)
17. Solid Gold - ジェームス・ブラウン/James Brown (1977)
18. Horses - パティー・スミス/Patti Smith (1975)
19. Live And Lowdown At The Apollo - ジェームス・ブラウン/James Brown (1962)
20. Pet Sounds - ビーチ・ボーイズ/The Beach Boys (1966)

21. Kind Of Blue - マイルス・デイヴィス/Miles Davis (1959)
22. Bringing It All Back Home - ボブ・ディラン/Dylan (1965)
23. Otis Blue - オーディス・レディング/Otis Redding (1966)
24. The Doors - ザ・ドアーズ/The Doors (1967)
25. Exile On Main Street - ローリング・ストーンズ/The Rolling Stones (1972)

26. Anthology - The Temptations (1974)
27. Greatest Hits - アレサ・フランクリン/Aretha Franklin (1977)
28. Are You Experienced - ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンス/The Jimi Hendrix Experience (1967)
29. The Modern Dance - ペル・ウブ /Pere Ubu (1978)
30. King Of The Delta Blues Singers - ロバートジョンソン/Robert Johnson (1972)

31. Imperial Bedroom - エルヴィス・コステロ&ジ・アトラクションズ/Elvis Costello & The Attractions
32. Anthology - スモーキー・ロビンソン&ザ・ミラクルズ/Smokey Robinson & the Miracles (1974)
33. The Beatles - ザ・ビートルズ/The Beatles (1968)
34. Searching For The Young Soul Rebels - デキシーズ・ミッドナイト・ランナーズ/Dexys Midnight Runners (1980)

35. White Light/White Heat - ヴェルヴェット・アンダーグラウンドThe Velvet Underground (1968)

36. Young Americans -デヴィッド・ボウイ/ David Bowie (1975)
37. The Poet - Bobby Womack (1982)
38. Trans-Europe Express - クラフトワーク/Kraftwerk (1977)
39. Darkness On The Edge Of Town - ブルース・スプリングスティーンBruce Springsteen (1979)
40. This Years Model - エルヴィス・コステロ&ジ・アトラクションズElvis Costello & The Attractions (1978)

41. Another Green World - ブライアン・イーノ/Brian Eno (1975)
42. Trout Mask Replica - キャプテン・ビーフハート・アンド・ヒズ・マジック・バンド/Captain Beefheart & The Magic Band (1969)
43. The Man Machine - クラフトワーク/Kraftwerk (1978)
44. The Mothership Connection - パーラメント/Parliament (1975)
45. The Cream Of Al Green - Al Green (1980)

46. Let’s Get It On - マーヴィン・ゲイ/Marvin Gaye (1973)
47. There’s A Riot Going On - スライ&ザ・ファミリー・ストーン/Sly And The Family Stone (1971)
48. Rocket To Russia - ラモーンズ/The Ramones (1977)
49. Greatest Hits - スライ&ザ・ファミリー・ストーンSly And The Family Stone (1970)
50. Big 16 - インプレッションズ/The Impressions (1965)

51. Blood On The Tracks - ボブ・ディラン/Bob Dylan (1974)
52. Alan Vega/Martin Rev - スーサイド/Suicide (1980)
53. Another Music In A Different Kitchen - バズコックス/Buzzcocks (1978)
54. Closer - ジョイ・ディヴィジョン/Joy Division (1980)
55. Mad Not Mad - マッドネス/Madness (1985)

56. For Your Pleasure - ロキシー・ミュージック/Roxy Music (1973)
57. The Scream - スージー・アンド・ザ・バンシーズ/Siouxie & The Banshees (1980)
58. The Harder They Come - サウンドトラック-ジミー・クリフ/Soundtrack Featuring Jimmy Cliff
59. Entertainment! - ギャング・オブ・フォー/Gang Of Four (1980)
60. The Velvet Underground - ヴェルヴェット・アンダーグラウンドThe Velvet Underground (1969)

61. 3+3 - アイズレー・ブラザーズ/The Isley Brothers (1973)
62. The Hissing Of Summer Lawns - ジョニ・ミッチェル/Joni Mitchell (1975)
63. “Heroes” - デヴィッド・ボウイ/David Bowie (1977)
64. Meat Is Murder - ザ・スミス/The Smiths (1985)
65. Station To Station - デヴィッド・ボウイ/David Bowie (1976)

66. Clear Spot - キャプテン・ビーフハート・アンド・ヒズ・マジック・バンド/Captain Beefheart And The Magic Band (1972)
67. Get Happy! - エルヴィス・コステロ&ジ・アトラクションズ/Elvis Costello & The Attractions (1980)
68. Fear Of Music - トーキングヘッズ/Talking Heads (1979)
69. Lust For Life - イギーポップ/Iggy Pop (1977)
70. Berlin - ルー・リード/Lou Reed (1973)


71. 20 Greatest Hits - バディ・ホリー&ザ・クリケッツ/Buddy Holly & The Crickets (1967)
72. Music From Big Pink - バンド/The Band (1968)
73. Hard Day’s Night - ザ・ビートルズ/The Beatles (1964)
74. Roxy Music - ロキシー・ミュージック/Roxy Music (1972)
75. Leave Home - ラモーンズ/The Ramones (1977)

76. A Love Supreme - ジョン・コルトレーン John Coltrane (1957)
77. Golden Decade Vol 1 - チャック・ベリー/Chuck Berry (1972)
78. The Very Best Of.. - ジャッキー・ウィルソン/Jackie Wilson
79. In A Silent Way - マイルス・デイヴィス/Miles Davis (1969)
80. Stranded - ロキシー・ミュージック/Roxy Music (1973)

81. Talking Heads ‘77 - トーキング・ヘッズ/Talking Heads (1977)
82. The Correct Use Of Soap - マガジン/Magazine (1980)
83. Born In The USA - ブルース・スプリングスティーンBruce Springsteen (1983)
84. Court And Spark - ジョニ・ミッチェル/Joni Mitchell (1974)
85. Strange Days - ザ・ドアーズ/The Doors (1967)

86. More Songs About Buildings And Food - トーキング・ヘッズ/Talking Heads (1978)
87. LA Woman - ザ・ドアーズ/The Doors (1971)
88. Chess Masters - ハウリン・ウルフ/Howling Wolf (1981)
89. Armed Forces - エルヴィス・コステロ&ジ・アトラクションズ/Elvis Costello & The Attractions (1979)
90. Steve Mcqueen - プリファブ・スプラウト/Prefab Sprout (1985)

91. Paris 1919 - ジョン・ケイル/John Cale (1973)
92. Forward Onto Zion - アビシニアンズ/The Abyssinians (1977)
93. My Aim Is True - エルヴィス・コステロ/Elvis Costello (1977)
94. Rattlesnakes - ロイド・コール・アンド・コモーションズ/Lloyd Cole & The Commotions (1984)
95. Best Of - ビーチ・ボーイズ/The Beach Boys (1968)

96. King Tubbys Meets The Rockers Uptown - オーガスタス・パブロ/Augustus Pablo (1976)

97. Rubber Soul - ザ・ビートルズ/The Beatles (1965)
98. Suicide - スーザイド/Suicide (1977)
99. The Undertones - The Undertones (1979)

NEMらしくパンク、ニューウエーブからも多く選出されています。コステロが高評価です。

「貴方自身の中に平和を見つけることが出来ないなら、貴方は何処にも平和を見つけることは出来ないでしょう」
1位になったマーヴィン・ゲイ 名言




▼ピストルズは最高だけどそれ以外のバンドも探してみてください!DO IT YOURSELF!
にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村

| RANKINGS | 21:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ジョン・マッギオーク一派のわけのわかんない奴?THE ARMOURY SHOW 「WAITING FOR THE FLOODS」

Waiting For The Floods [LP]
Zipper1

ジ・アーモリー・ショウ/THE ARMOURY SHOWはパンクの嵐も一段落した1983年結成のニューウエーヴバンド。

バンド名は、1913年のアメリカのニューヨーク、シカゴ、ボストンでの現代アート展から名づけられています。
Armoury-Show.jpg

ジ・アーモリー・ショウメンバーはパンクバンド、ザ・スキッズのジョブソン(ヴォーカル、ギター)、後期のザ・スキッズ加入のラッセル・ウェッブ(ベース・1992年のPILツアーにも参加)に加え元マガジン、スージー・アンド・ザ・バンシーズ、後にPILのジョン・マッギオーク(ギター)、こちらも元マガジンのジョン・ドイル(ドラムス)。
   

当時としてはかなり豪華メンバーです。

ザカルトのイアン・アストベリーのジ・アーモリー・ショウについてとおもわれる発言です。

「パンクはあまりにも多くの規制を設定した。
何がカッコ良くて何がダサいのか。
駆け出しのパンクロッカーとしちゃ、それに従うよね、当然。
ソウルが好きなんて駄目、レッドツェッペリンが好きだなんて認めちゃ駄目、誰もかれもが過敏になって、不安で、思ったものさ
―じゃあ一体、何なら好きになってもいいんだ?とね。
かくしてやむなくジョン・マッギオーク一派のわけのわかんない奴を好きになってみるわけだ」
イアン・アストベリー/THE CULT



イアンの「ジョン・マッギオーク一派のわけのわかんない奴を」とはこのバンドをさしているかどうか断言できませんが、ザ・スキッズのメンバーのいるこのバンドが順当なんじゃないでしょうか・・・このバンドじゃないとするとヴィサージ?

それを裏付けるかのように1985年発表のファーストは全英57位の惨敗に終わっています。
Waiting For The Floods [LP]

THE ARMOURY SHOW 「WAITING FOR THE FLOODS」
1 Castles In Spain
2 Kyrie
3 A Feeling
4 Jungle Of Cities
5 We Can Be Brave Again
6 Higher Than The World
7 Glory Of Love
8 Waiting For The Floods
9 A Sense Of Freedom
10 Sleep City Sleep
11 Avalanche

2013年このアルバムCD2枚組で再発されています。

意外なのは1986年からマッギオークの代わりにレイ・マクヴェイ(ザ・プロフェッショナルズ)がギターで加入してました。

▼デビューシングルArmoury Show - Castles In Spain

▼The Armoury Show - Waiting For The Floods (Full Album)

▼2010年ザ・スキッズ再結成時のArmoury Show「Castles In Spain」


▼ピストルズは最高だけどそれ以外のバンドも探してみてください!DO IT YOURSELF!
にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村

| John Lydon PIL | 20:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

あのスティーヴジョーンズが健康志向?衝撃写真がインスタグラムに!

ピストルズのギタリスト・スティーヴ・ジョーンズ、ツイッターだけじゃなくインスタグラムもやってます。

セックス・ドラッグ・ロックンロールを地でいっていたあのスティーヴ・ジョーンズの衝撃映像が6月15日アップされています。

近年はドラックから離れ、DJとバイクと女のイメージがありました。イギー・ポップも過去に「スティーヴ(ジョーンズ)はまだ女を乗っけてバイクをぶっ飛ばしている」と発言してました。


そんなスティーヴジョーンズの衝撃インスタグラム写真がこちらです!!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
steve-jones-bike.jpg
instagram jonesysjukeboxより転載

スティーヴ、山でマウンテンバイク乗ってます。スティーヴが好きなイタリアのバイク、ドゥカティ/Ducati のメインカラーと同じ赤のマウンテンバイクです。

過去と比較すると大違いです。
steve-jones-bike01.jpg

健康に気遣ってのことなんでしょうか?

痩せてはいませんが・・・


▼PISTOLSは最高だけどそれ以外のバンドも探してみてください!DO IT YOURSELF!
にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村

| NEWS | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

グレンマトロックは「私のママのあだ名はミセス・セックス・ピストルズだったんだよ」

Glen MatlockGlen Matlock / Returning the Screw
Zipper1

グレンマトロックは「私のママのあだ名はミセス・セックス・ピストルズだったんだよ」とguardianインタヴューで告白しています。

グレンマトロックが幼少の頃ロンドン中心のパディントンに住んでいました。

Paddington / c0t0d0s0


ピストルズ時代ジョニーロットンに中産階級のお坊ちゃんと攻撃されていたグレン・マトロックですが、本人いわく「あまり裕福な家庭ではなかった」ようです。

グレンの父親はRAFナショナルサービス、ロールスロイス工場でファントムの組み立て、黒いタクシーの運転手などをしていたようです。

母親はパウダーパフ工場で働いていました。「私は神経質なのよね」と内向的な性格の女性で、ひどい子宮摘出術を受けていました。
その為かグレンマトロックは一人っ子です。


「セックス・ピストルズがビル・グランディのテレビに出演した翌日、ママは工場で働いていたんだけど、彼女はミセス・セックス・ピストルズと呼ばれたんだ。
母はそのことを父に伝え、それから父とは1年間も話をしなかったのさ」
グレン・マトロック
glensexybeast.jpg


スキャンダラスな話題を振りまいたセックスピストルズ。イギリス全土からパッシングを受けてます。

メンバーのみならずその家族も大変だったようです。

ソース:theguardian



▼PISTOLSは最高だけどそれ以外のバンドも探してみてください!DO IT YOURSELF!
にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村

| Glen Matlock | 21:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ジョンライドン、ドラマー・ロバートウイリアムズに告訴される!TV番組「Judy Judy」

Judge Judy is RiggedJudge Judy is Rigged / Robotclaw666
Zipper1

1997年ジョンライドン、裁判形式の昼間のTV番組「Judy Judy」に出演しています。

パンクの帝王だった男がこんな感じのバラエティーに出演し当時は衝撃だったんじゃないでしょうか。

番組の裁判官はジュディー・シェインドリン。世界高所得司会者2016・第4位、所得4,700万ドル(52億円)の人物です。

judge-judy / JSF539


1997年のソロアルバム「Pyscho's Path」をサポートして一緒にツアーをしたドラマーのロバートウイリアムズ/Robert Williamsは、ジョンライドンを契約違反と暴行で5,000ドルを訴えています。

普段インタヴューでもまくしたてるジョンライドンが裁判官に制止させられるシーンはなかなか見ることができないシーンではあります。

有名な裁判官ジュディー・シェインドリンに打ちのめされましたが、ウィリアムズの訴訟は完全に却下されため、ジョンライドンは勝訴しています。

茶番ですが。

Judge Judy & Painting / fandayou_0088


この時期からジョンライドンのコメディアン的活動が徐々に活発になっていきバターのCM出演するまでになっています。


「俺のレコードをリリースしようともしない、俺の活動に資金も出してくれない、文字通り完全に機能停止状態に陥ったから、業界の外で金を稼いでこなくちゃならなくなったんだ
ジョンライドン



▼こちらが問題の映像です



▼PISTOLSは最高だけどそれ以外のバンドも探してみてください!DO IT YOURSELF!
にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村

| NEVER MIND WIKI | 21:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

KORN「パンクに入れあげた奴はいない」The Clash Tribute

IMG_9300Korn_1500IMG_9300Korn_1500 / macskapocs
Zipper1

KORNは1993年結成のヒップホップ的要素融合させたニューメタルバンド。

メンバーはジョナサン・デイヴィス(Vo)、マンキー(G)、ヘッド(G)、フィールディ(B)、レイ・ルジアー(D)。

IMG_9283Korn_1500 / macskapocs


KORNがパンクについてのコメントです。

「KORNの中でパンクにイレ上げたことのあるやつはいないぜ」
フィールディ


「1人もな。グリーンデイなんてほとんどポイズンみたいだよな」
ジョナサン・デイヴィス


ここでクラッシュのトリビュート参加を指摘。

クラッシュがパンクロックに入るかどうか疑問だぜ。
だって彼らは他のパンクバンドとは違う、もっと新しいことをやっていたからね。
だから俺たちはみんな、クラッシュは大好きなんだ。
これはメンバー全員一致してるんだよ」
フィールディ
引用クロスビート2006.11



Korn in Bangalore / Hrish 'dhempe' Thota


ということでKORN参加のトリビュートアルバムです。

Burning London: The Clash Tribute



The Mighty Mighty Bosstones (produced by X's John Doe) - "Rudie Can't Fail"
MXPX (w/Social Distortion's Mike Ness) - "Janie Jones"
Ranking Roger - "Rock The Casbah" Ice Cube, Mack 10, and Korn (remixed by Danny Saber) - "Should I Stay Or Should I Go"
No Doubt - "Hateful"
The Urge - "This Is Radio Clash"
311 - "White Man In Hammersmith Palais"
Rancid - "Cheat"
silverchair - "London's Burning"
Cracker - "White Riot"
Indigo Girls - "Clampdown"
Face To Face - "Tommy Gun"
Unwritten Law - "The Guns of Brixton"
Moby and Heather Nova - "Straight To Hell"

ランシドも参加しています。
たしかにクラッシュの音楽性の幅の広さが強調されたトリビュートアルバムです。

▼Ice Cube, Mack 10, and Korn (remixed by Danny Saber) - "Should I Stay Or Should I Go"


Burning London The Clash Tribute (Full Album)

▼Korn - Blind


▼PISTOLSは最高だけどそれ以外のバンドも探してみてください!DO IT YOURSELF!
にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村

| NEVER MIND WIKI | 21:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

プリティ・ヴェイカントジャケに使用映画「Klassen Feind」

Zipper1

「プリティ・ヴェイカントPretty Vacant」(ドイツ盤)ジャケットに使用された映画「Klassen Feind」「Class Enemy」です。

1983年ピーター・ステイン監督映画「Klassen Feind」。西ドイツの映画です。

Klassenfeind.jpg

監督:ピーター・ステイン/Peter Stein
Writers: Jürgen Klose, Peter Stein
Stars: Gregor Hansen, Stefan Reck, Jean-Paul Raths

なぜこの映画がピストルズのジャケットに使われたんでしょうか。

Pretty Vacant


▼PISTOLSは最高だけどそれ以外のバンドも探してみてください!DO IT YOURSELF!
にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村

| NEVER MIND WIKI | 18:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ジョニーロットン歯の美化広告塔に就任「あんたの歯を愛してくれ」

【Propaganda】SWEET TOOTH [コンテナ]  ホワイト WHITE
Zipper1

セックスピストルズのジョニーロットン(ジョンライドン)はミュンヘンに本拠を置く歯科衛生「HappyBrush」のフイルムで、腐った歯の人生について語っています。

ジョンライドンは、その歯の腐敗からジョニーロットン(腐ったジョニー)と名付けられてます。

そういう意味ではピッタリの人選です。

「あなたの歯を愛してくれ。さもなければ、そいつは虫歯に犯されてしまうよ。
痛みを伴い、本当に高価なんだぜ」
ジョンライドン


この広告はアムステルダム・ベルリンのMoritz Grubが制作。

現在腐ったジョニーの歯は2012年に手術をして腐っていません。


Tooth 01 / Tom Hilton


▼happybrush | Love Your Teeth


関連記事:歯を磨こう!と宣伝することがパンクVo.の条件?ジョー・ストラマー名言

▼PISTOLSは最高だけどそれ以外のバンドも探してみてください!DO IT YOURSELF!
にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村

| John Lydon PIL | 21:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

シドヴィシャス「イギリスのパンクバンドは全部Shit!プリーザーズなんてShitだ!」

(You Keep On Tellin' Me) Lies
Zipper1

シド・ヴィシャス、水上はる子氏による1978年頃の生前のインタビューです。

「今のパンクロックはピストルズの真似をしているだけで、イギリスのパンク・ロック・バンドは全部Shitさ。
特にプリーザーズなんて救いがたい。
オレはロックンロールをやっていくだけさ」
シド・ヴィシャス
sidnancy_201702152239364dc.jpg
引用:ジャム1979.1


ということでインタビューでシドにShitといわれたプリーザーズ/PLEASERS です。

プリーザーズのデヴューは1977年で、ネオ・モッズ・リヴァイヴァル・シーンからでてきた4人組パワーポップグループです。

メンバーはStephen Benham、Steve McNerney、Nick Powell、Dave Rotchelle。

"テムズビート" といわれるマージビートの新解釈で話題となり、アリスタから4枚のシングルを発表しています。(その前にアリオラで1枚発表)

1977年と78年にスタジオレコーディングされた作品は発売されず1996年にCD「Thamesbeat 」として日の目をみてます。(日本盤もボーナストラックを追加して2009年に発売)

Thamesbeat

プリーザーズここまで名指しで言われるとは、シド・ヴィシャスとなんかあったんでしょうか。

ジャムの2番煎じてきポジション?

▼ザフーの名曲カバー




▼PISTOLSは最高だけどそれ以外のバンドも探してみてください!DO IT YOURSELF!
にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村

| NEVER MIND WIKI | 21:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

映画「シド・アンド・ナンシ」オーディションにコートニーラヴ参加の真相

Grease Your Hips
Zipper1

海外で4K化が決まった映画『Sid And Nancy』(1988年日本公開)。

アレック・スコックス監督はルパート・エヴェレット(Rupert Everett,)、ナンシー役にはマドンナいとう構想がありました。
アナザー・カントリー [DVD] CHANEL/シャネル マドンナ Wears  プレミアム キャンパス ポスター

2人とも断られ最終的に配役はシド役には ゲイリー・オールドマン ナンシー役にはクロエ・ウェッブに落ち着いています。
シド・アンド・ナンシー 《IVC 25th ベストバリューコレクション》 [DVD]

またホールのコートニーラヴもこの映画のオーディションに参加しています。

コートニーはナンシースパンゲン役を希望していました。
Hole: In Conversation


コートニーラヴがナンシーと考えられていたのかの質問

「私が知り得る限り、彼女は演技経験が有ったと思うかい?いいや、彼女はなかった」
アレック・スコックス監督



コートニー・ラヴは14歳の時鑑別所に入り出所後16歳からストリッパーになりバンドのグルピーもやっていたようです。(このころフェイス・ノー・モアのヴォーカルににもついています)
The Real Thing


アレックス・コックス監督はビッチなナンシーを演じる女優さんを探していたんであって本当のビッチは要らなかったようです。一応コートニーはチョイ役で出演はしています。

ちなみにナンシースパンゲンはシドヴィシャスを自分のものにするためにドラックの力で虜にしたといいます。

コートニー・ラヴもナンシーのそれにならってドラックでカート・コバーンを落として結婚しています。

ナンシー役から落ちたコートニー・ラヴ、カート・コバーンまで落としています。
ポスター カート・コバーン LP-1943


シド・ヴィシャスもカートコバーンも出会う女性が違ったらあんな悲しい結末にならなかったかもしれません。

▼コートニーラヴ・オーディション風景




関連記事:映画シドアンドナンシーを観終わったカップルの生態観察
関連記事:『シド・アンド・ナンシー』最低最悪で純粋なラブストーリー

関連記事:Nirvanaカートコバーン 病める魂 まとめ
関連記事:ニルヴァーナ偽未発表曲にコートニーラヴが怒り弁護士と犯人捜査中!

▼PISTOLSは最高だけどそれ以外のバンドも探してみてください!DO IT YOURSELF!
にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村

| 映像作品 | 21:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ノエルギャラガー初ライヴ体験はザ・ダムド「あれで人生が変わった」@マンチェスター・アポロ

In The Heat Of The Moment (Remixies) (12inch Vinyl for RSD) [12 inch Analog]
Zipper1


弟でもあるリアムギャラガーより先月5月29日50歳の誕生日に、「50歳の誕生日おめでとう。いつまでも若くな」ツイートを受けたノエルギャラガー。

そんな 50歳になった元オアシスのノエルギャラガーの13歳時のパンク初体験。

初ライヴ体験はザ・ダムドだったそうです。

「80年にマンチェスターのアポロでね。
ちょうど『ブラック・アルバム』を出した後のツアーでね。
ブラック・アルバム
最高だったよ。
なんたって当時は13歳だったから、自分の背よりもステージが高くて、とにかく音はデカいわ、ライトは凄いわ、観に来てる人は凄いわで、最高だったね。
あれでい人生が変わったよ」
ノエル・ギャラガー
noel-gallagher01.jpg
引用:クロスビート200611


クラッシュの影響を語るユージシャンが多い中ノエルはダムドを挙げています。

1980年10月にダムドは4thアルバム『ブラック・アルバム』を発売。サイケ色が入ってきてパンクではくくれなくなってはいます。

この時期よりセカンド以降ソングライティングを担っていたキャプテン・センシブルはソロに移行していきます。


The Damned Slodge The Soft Boys - Hammersmith Palais 3rd March 1981 Framed Mini Poster - 18x20cm



▼Noel Gallagher and Gorillaz (2017) - We Got The Power live at The Graham Norton Show - 05 May 2017


▼PISTOLSは最高だけどそれ以外のバンドも探してみてください!DO IT YOURSELF!
にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村

| NEVER MIND WIKI | 21:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ザ・プロフェッショナルズNEWアルバム「What In The World」発売決定

TheProfessionals.jpgZipper1

セックス・ピストルズ解散後、ポール・クックとスティーヴ・ジョーンズが結成したザ・プロフェッショナル。

前回、

バンドの次のエキサイティングな章でお会いしましょう
ポール・クック、ポール・マイヤー&トム・スペンサー


と語っていました。

いよいよ次の章が見えてきました。

ファーストアルバムから35年の月日を経てNEWアルバム「What In The World」が発売されます。全10曲。
炸裂


上記トップ画像がPledgeMusicのプロフェッショナルズNEWアルバム販売サイトになります。

現在予約受付中です。

TheProfessional-new-album.jpg

参加ミュージシャンはポール・クイーンズ、ポール・マイヤーズ、コアグループのトム・スペンサーに加えて、マルコ・ピローニ(アダム&ザ・アントス)、ビリー・ダフィー(ザ・カルト)、ダフ・マッケイガン(ガンズ ' N 'Roses)、フィル・コリン(Def Leppard)、ミック・ジョーンズ(The Clash)、そしてもオリジナルメンバーだったスティーヴジョーンズ。

アルバムは2017年10月27日発売。バンドは翌日28日に発表会を行う予定です。

https://www.facebook.com/theprofessionalsband/videos/1960443984184594/


関連記事:本日再結成復活プロフェッショナルズ、コンプリート・コレクション・アルバム『The Complete Professionals』
関連記事:再結成The Professionals『Just Another Dream』動画がYoutubeにUP!
関連記事:SHAM PISTOLS幻の音源、海賊盤「Natural Born Killer」


▼PISTOLSは最高だけどそれ以外のバンドも探してみてください!DO IT YOURSELF!
にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村

| Paul Cook | 21:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

映画『シド・アンド・ナンシー』、海外で4Kにて修復されることが明らかに

シド・アンド・ナンシー 《IVC 25th ベストバリューコレクション》 [DVD]Zipper1

アレックス・コックス監督作品の名作「シド・アンド・ナンシー」が4Kで修復されることとなりました。

この映画はセックス・ピストルズのベーシスト、シド・ヴィシャスとその恋人ナンシースパンゲンの恋愛を史実をベースに独自解釈した映画です。
SidAndNancy4k.jpg

完成当時、映画のクォリティーは高いものの実際とはだいぶ違うためジョン・ライドンなどパンク関係者からはブーイングの嵐でした。

アレックスコックスは最初セックスピストルズを映画化しようとしていましたがスキャンダラスとおもわれたピストルズは普通のバンドと分かっていくうちにシドヴィシャスと、ナンシースパンゲンに興味が移っていったという経緯があります。

この映画を名作映画のソフト化で知られる「クライテリオン・コレクション」がブルーレイで8月22日にリリースすることを発表しています。

映像は4Kで修復され、映像特典として本作のメイキング作品『イングランズ・グローリー』や、各種の貴重なインタヴューも収録される予定。

最近この映画、やたらとにぎやかですがどうやら映画の権利が移ったたようです。

日本字幕版発売も期待です。



関連記事:『シド・アンド・ナンシー』最低最悪で純粋なラブストーリー
関連記事:シドアンドナンシー役は当初ルパート・エヴェレットとマドンナだった?
関連記事:映画シドアンドナンシーを観終わったカップルの生態観察
関連記事:シド・アンド・ナンシーに意外なカメオ出演!映画、アニメ色々なカメオ出演まとめ
関連記事:ジョーストラマーいつか絶対ミックジョーンズと曲を書くんだと語ったLOVE KILLS

▼PISTOLSは最高だけどそれ以外のバンドも探してみてください!DO IT YOURSELF!
にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村

| 映像作品 | 21:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

リアムギャラガー「ピストルズに加入するために、ジョニーロットンを追い出してやる」

sp:大きな写真、バンド「オアシス」ソファーの二人
Zipper1

元オアシスのリアムギャラガー/Liam Gallagher は「セックス・ピストルズに加入するために、ジョニー・ロットンを追い出してやる」と語っています。

先日5月30日マンチェスターで初のソロライヴをおこなったリアムですが自身のバンドについて「俺たち以上にセックスピストルズみたいな音を出してるバンドはいないぜ」と語っていました。

▼実際の映像ピストルズっぽいか確認してみてください



ピストルズ愛あふれるリアムギャラガーですがガーディアン誌のインタヴューで「俺の夢バンドは?」との質問に次のように答えてます。

「ピストルズにものすごく加入したいんだ」
そのためにはジョニー・ロットンを追い出すんだ。奴が去るんだよ
「出て行け、グーナー/Gooner(アーセナル・ファンのこと)とね。
ポール・クックはファッキン・メガだしな。
スティーヴ・ジョーンズもいい男だよ。
シド・ヴィシャスのベースは願い下げだけど、奴は死んでしまっているしな。
でも、ロットンは出ていくんだ。
悪いけどね。
俺は寝ながらもジョニー・ロットンになれるからね」
リアム・ギャラガー
oasis-liam.jpg
ソース:radiox



ジョニーロットンに対し強気の発言ではありますが、ピストルズ愛を感じます。
Sex Pistols Poster (61cm x 91,5cm)



関連記事:オアシスのリアムはジョンライドン、イアンブラウンとジョンレノンのMIX?
関連記事:OASIS リアム PISTOLSを語る
関連記事:ノエルギャラガーとモリッシー、スティーヴジョーンズINオアシスの楽屋

▼PISTOLSは最高だけどそれ以外のバンドも探してみてください!DO IT YOURSELF!
にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村

| I♥PISTOLS コメント | 21:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

グレンマトロック「忙しい少年」宣言2017サマーツアー

2017年5月グレンマトロックのジャパンツアーも終った直後7月7日にはライヴを行うと発表され驚かされました。

相変わらず活発だなーと思っていましたら更にツアーの発表です。

しばらく数ヶ月間は忙しい少年になるよ - come on down...
グレンマトロック


とのコメントと共に2017年サマーツアー告知が出されています。

glenmatlock-summer-tour.jpg
グレンマトロックツイッターより転載

グレンマトロック、80年代全く売れずイギーポップとの仕事ぐらいで、エックス・ピストルズ(ピストルズのパロディーバンド)でベースを弾いていたなどあまりいい噂は入ってきませんでした。

完全に「あの人は今」状態でした。セックスピストルズ再結成で再度スポットが当たりクリエーションからソロが発表。

活動がこのあたりから活発になっています。現在、創作活動の第2のピークが来ているかのようです。

グレン・マトロック・サマーツアー。

熱い夏になりそうです。

イギリスには観に行けませんが。

▼PISTOLSは最高だけどそれ以外のバンドも探してみてください!DO IT YOURSELF!
にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村

| Glen Matlock | 21:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ピストルズから始まった77年〜93年マンチェスターバンドの音源をまとめた全146曲入り7CDボックスセットが発売

Manchester: North Of England - A Story Of Independent Music Greater Manchester 1977-1993
Zipper1

1976年6月4日、セックスピストルズはマンチェスターレッサー・フリー・ホール/Manchester, Lesser Free Trade Hallライヴを行っています。観客にはバズコックス、ジョイデヴィジョンのイアンカーティス、ザスミスのモリッシーなど後のマンチェスターシーンに大きな影響を与えています。

マンチェスターシーンはピストルズから始まったといってもいいと思います。

そんなマンチェスターシーンをまとめたボックスセットが発売されます。


Penthouse View Of Manchester / KeithJustKeith


バズコックスからオアシスまで、1977年から1993年にかけての主要なマンチェスター・バンド/アーティストの音源をまとめた全146曲入りCD7枚組ボックスセット『Manchester North Of England: A Story Of Independent Music Greater Manchester 1977-1993』が7月28日Cherry Red Recordsより発売です。 

収録アーチストはバズコックス、マガジン、ジョイ・ディヴィジョン、ニューオーダー、ザ・フォール、ドゥルッティ・コラム、ア・サーティン・レイシオ、セクション25、ジェイムス、インスパイラル・カーペッツ、ハッピー・マンデーズ、モリッシー、ア・ガイ・コールド・ジェラルド、ストーン・ローゼズ、エレクトロニック、808ステイト、ザ・シャーラタンズ、ケミカル・ブラザーズ、オアシスなどの有名どころはもちろん、初CD化となるレアな音源も多数収録。パンクからファクトリー・レコード、ポスト・パンク、C86、マッドチェスター、インディーダンス、ブリットポップまで幅広く網羅されています。

『Manchester North Of England: A Story Of Independent Music Greater Manchester 1977-1993』

Buzzcocks / New York + Philly Live!

CD ONE:
1. BREAKDOWN (Demo) – Buzzcocks
2. CRANKED UP REALLY HIGH – Slaughter And The Dogs
3. AIN’T BIN TO NO MUSIC SCHOOL – The Nosebleeds
4. JUST WANT TO BE MYSELF (LP Version) – The Drones
5. PSYCLE SLUTS Pts. 1 & 2 – John Cooper Clarke
6. GOING STEADY – Jilted John
7. LOUIE LOUIE (Edit) – John The Postman
8. HEADS DOWN NO NONSENSE MINDLESS BOOGIE – Albertos Y Lost Trios Paranoias
9. THE LIGHT POURS OUT OF ME – Magazine
10. THE KILL – Spherical Objects
11. UP AND ABOUT – Steve Miro
12. MAN IN THE BOX – V2
13. MAYBE IT’S LOVE – The Distractions
14. STAY AWAKE – Grow-Up
15. VOICE IN THE DARK – Frantic Elevators
16. SHE’S LOST CONTROL – Joy Division
17. BAISER – Chris Sievey
18. TO YOU – The Smirks
19. MANCHESTER BOYS – Salford Jets
20. SNAP IT AROUND – 48 Chairs
21. DOWNPOUR – Foreign Press
22. WARREN ROW – She Cracked
23. ENGLISH BLACK BOYS (Edit) – X-O-Dus
24. DEM A SUS (IN THE MOSS) – Harlem Spirit


Mark E. Smith / The Fall @ SO36 / Libertinus

CD TWO:
1. ROWCHE RUMBLE – The Fall
2. THE KIDS JUST WANNA DANCE – Fast Cars
3. DOES IT MATTER IRENE? – The Mothmen
4. YESTERDAY’S LOVE – Any Trouble
5. BIG NOISE IN THE JUNGLE – The Tiller Boys
6. NO FORGETTING – Manchester Mekon
7. FAITH – Manicured Noise
8. EDWARD FOX – Smack
9. SOME LIKE IT HOT – Bet Lynch’s Legs
10. LIPS THAT WOULD KISS (FORM PRAYERS TO BROKEN STONE) – Durutti Column
11. THE FLOOD – Blue Orchids
12. I’M IN LOVE WITH THE GIRL ON THE MANCHESTER VIRGIN MEGASTORE CHECKOUT DESK – The Freshies
13. CLOUD OF FLIES – The Hamsters
14. ACID TABLA DUB – Suns Of Arqa
15. THE FOX – A Certain Ratio
16. DEAF – Crispy Ambulance
17. MY CHERRY IS IN SHERRY – Ludus
18. BRICKS – The Diagram Bros.
19. SUBLIMINAL – Eric Random
20. VALIUM GIRLS – Bee Vamp
21. IN SHREDS – The Chameleons


New Order Concert (24) / smaedli


CD THREE:
1. TEMPTATION (7” Version) – New Order
2. MARKING TIME – Syncopation
3. ROSEMARY – Dislocation Dance
4. SUGAR DADDY – Carmel
5. YOU’VE GOT ME BEAT – Swamp Children
6. DISCIPLINE – Gods Gift
7. PROCESSION – Nico & The Invisible Girls
8. COOL AS ICE (U.S. 7” Edit) – 52nd Street
9. SHARP TONGUE – The Passage
10. AAIR CARE – Biting Tongues
11. OF ALL – LEAVES WERE FALLING – Jane
12. WORKING AND SHOPPING – Tools You Can Trust
13. LOVE TEMPO (Benelux Edit) – Quando Quango
14. GRUNT CADILLAC HOTEL – Inca Babies
15. REACH FOR LOVE – Marcel King
16. LOOKING FROM A HILLTOP – Section 25
17. TELL ME – Life
18. ALL AT ONCE – Stockholm Monsters
19. SPIKE MILLIGAN’S TAPE RECORDER – The Membranes
20. KITCHEN SINK DRAMA – A Witness
21. LOVE AT THE HACIENDA – Graham Fellows

CD FOUR:
1. CHAIN MAIL – James
2. BELLE VUE – Miaow
3. WHISTLING IN THE DARK – Easterhouse
4. SCAR TISSUE – The Bodines 5. WHY POPSTARS CAN’T DANCE – Big Flame
6. CHINA DOLL – The Weeds
7. GET HIGH – Yargo
8. SHARP – Twang
9. ME AND MY MINI – Edward Barton
10. D’YOU THINK I LOOK LIKE ELVIS PRESLEY? – Big Ed & His Rocking Rattlesnakes
11. GARAGE FULL OF FLOWERS (Flexi Version) – Inspiral Carpets
12. DAYS OF THE WEEK – The Danny Boys
13. LET GO – Thirst
14. DRIVE DRIVE DRIVE (TWENTY TWO AND STILL IN LOVE WITH YOU) – The Man From Delmonte
15. FALLING UPSTAIRS – The Monkey Run
16. SPEND MY WHOLE LIFE LOVING YOU – Metro Trinity
17. TAKE ME DOWN – Mirrors Over Kiev
18. THIS IS HOW I FEEL – The Paperboys
19. A PECK ON THE CHEEK À LA POLITIQUÉ – The Great Leap Forward
20. KILL ALL THE BOYS – Tot
21. MEAT MOUTH IS MURDER – Meat Mouth
22. CARIÑO – T-Coy


Happy Mondays / mat_walker


CD FIVE:
1. 24 HOUR PARTY PEOPLE – Happy Mondays
2. MAN IN A SUIT – Ambitious Beggars
3. SKIN STORM – Bradford
4. TIME TO LOSE IT (John Peel Radio Session Version) – Laugh
5. HURRY ON DOWN (WHEN WILL I SEE YOU AGAIN) – Too Much Texas
6. PESSIMISTIC MAN – Fallover 24
7. THE DEEPEST – The Waltones
8. NICE TIME AT THE DISCO – Raintree Country
9. SUBWAY LIFE – Johnny Dangerously
10. IN SALFORD THE SUN DOESN’T SHINE – Jean Go Solo
11. PASSION IN THE AFTERNOON – The Desert Wolves
12. THE LAST OF THE FAMOUS INTERNATIONAL PLAYBOYS – Morrissey
13. FANCIABLE HEADCASE – King Of The Slums
14. C’EST LA VIE – The Sun And The Moon
15. CHORUS OF THE LOST – The Reegs
16. THE MAN WITH THE GOLDEN ARM – Barry Adamson
17. OOH! THIS FEELING – The Jazz Defektors
18. ALL THIS AND HEAVEN TOO (Radio Edit) – Chapter And The Verse
19. VOODOO RAY – A Guy Called Gerald
20. BORN IN THE NORTH – Us


The Stone Roses / spiral-stairs


CD SIX:
1. WHAT THE WORLD IS WAITING FOR – The Stone Roses
2. VEIN – What? Noise
3. SWERVE – Dub Sex
4. HOLD ON – The Train Set
5. WATERSKIN – The Jerks
6. AND THEN SHE SMILES – The Mock Turtles
7. 7 REASONS (Demo) – Revenge
8. GETTING AWAY WITH IT – Electronic
9. HOW SLEEP THE BRAVE (Jazz Mix Vocal Edit) – MC Buzz B
10. THE ONLY RHYME THAT BITES – MC Tunes vs 808 State
11. BIG – New Fast Automatic Daffodils
12. SHALL WE TAKE A TRIP – Northside
13. GET READY – The Rainkings
14. PERFUME – Paris Angels
15. BOX SET GO – The High
16. 18 DAZE – The Cygnet Ring
17. DAZED – Asia Fields
18. AND IT WASN’T A DREAM – Ruthless Rap Assassins
19. COMING THROUGH CLEAR – Krispy 3
20. LET OFF (7” Mix) – Kiss AMC featuring Ruthless Rap Assassins


The Charlatans / paulcarless


CD SEVEN:
1. SPROSTON GREEN – The Charlatans
2. GIANT SEA – Swirl
3. SONS OF THE STAGE – World Of Twist
4. DREAM BEAM (7″ Edit By Ben Chapman) – Hypnotone
5. CUBIK (Original Mix) – 808 State
6. SPACE FACE – Sub Sub
7. CAMPER VAN – The Adventure Babies
8. FLY – The Days
9. MURDER – Kill Laura
10. CATERPILLARS – Wonky Alice
11. SOUP – Robinson
12. LIONROCK – Lionrock
13. SONG TO THE SIREN – The Chemical Brothers
14. CAN YOU FLY LIKE YOU MEAN IT (GUNGADIN) – Intastella feat. Shaun Ryder
15. OFFSHORE – Puressence
16. DIRT AND SOUL – Bandit Queen
17. BARNY – Molly Half Head
18. COLUMBIA (Demo)- Oasis

Manchester: North Of England - A Story Of Independent Music Greater Manchester 1977-1993


7枚組ボックスジャケットにはモリッシー?と思わせるモデルを使用しています(本人?)。

モリッシーは収録されていますが、ザ・スミスが未収録なのは少し残念です。シンプリーレッドなんかも。



追記:ボックスセット『Manchester North Of England: A Story Of Independent Music Greater Manchester 1977-1993』トレーラー映像がアップされてます


▼PISTOLSは最高だけどそれ以外のバンドも探してみてください!DO IT YOURSELF!
にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ にほんブログ村

| NEWS | 20:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ジョンライドン英国ポストカードコンペティション審査員に「ポストカードは、送受信するのに最適なものだ」

TGBPC.jpgZipper1

ジョンライドンは、ロンドンの芸術大学(UAL)の代表でアーティストであるRichard DeDomeniciとともに、「英国ポストカードコンペティション/The Great Britishar Postcd Competition」のヘッドジャッジに就任したと発表されました。

これはSAXOPRINTが主催の大会でCEOからもコメントがでています。

セックスピストルズとパブリックイメージリミテッド(PiL)のフロントマン、ジョン・ライドン(元ジョニーロットン)が競技会のパネルに決定し真に喜ばしい限りです。
アート、デザイン、プリントの世界のエキスパートが参加するこの大会において、勝者を選ぶのは難しい仕事です」
Daniel Ackermann SAXOPRINTのCEO



「ポストカードは、送受信するのに最適なものだね。
良いものは雰囲気、感情や文化を取り込み、悪いのは陽気なひどさで魅了することができるんだよ」
ジョン・ライドン


ジョン・ライドン、以前ネット批判をし「FacebookとTwitterは俺の最大の敵だ」と断言してました。
通信手段としてポストカードがちょうどいいんでしょうね。

音楽外のタレントとしての活動です。

The Great Britishar Postcd Competitionサイト

▼MRロットンからのメッセージ


▼PISTOLSは最高だけどそれ以外のバンドも探してみてください!DO IT YOURSELF!
にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ にほんブログ村

| NEWS | 20:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マンチェスターテロにセックス・ピストルズで抗議!アリアナ・グランデ・コンサート

デンジャラス・ウーマン(通常盤)
Zipper1

イギリス、マンチェスターで5月22日午後10時35分、屋内競技場「マンチェスター・アリーナ」近くで大きな爆発があり、22人が死亡、59人がけがを負っています。

競技場では、歌手のアリアナ・グランデのコンサートが開かれている最中でした。

マンチェスター警察はテロリストによる事件と報道。

MEN Arena, Manchester / Matthew_Hartley


「ショック。心からお悔やみ申し上げます。言葉が出ません」
アリアナ・グランデ/ariana grande
ユアーズ・トゥルーリー~デラックス・エディション(初回限定盤)(DVD付)





このテロに対しミュージシャンからさまざまなリアクションがでています。

リアムギャラガーのマンチェスターのソロライヴチケット代はテロ爆破事件の犠牲者のためのチャリティ基金に寄付されることになり会場では追悼の意を込めてロウソク22本が灯されました。

「言葉もない」
ノエルギャガラー
インターナショナル・マジック・ライヴ・アット・ジ・02(初回限定盤) [Blu-ray]


「マンチェスターで誕生日を祝っている時にマンチェスター・アリーナが爆破されたというニュースを聞いた。その怒りはモニュメントだ。
こういう行為を止めるには一体どうすればいいんだい?」
モリッシー
ヴォックスオール・アンド・アイ(完全版)



マンチェスターの街角をとらえた画像です。画像転載:dravenstales

never_mind_the_terrorists.jpg

「Never Mind The Terrorists We Are Manchester」

ピストルズのジャケットを使用してテロに抗議の声明をしています。

アリアナグランデはテロ被害者への支援公演「ONE LOVE MANCHESTER」を明日6月4日開催します。

でもアリアナグランデのツアータイトルが「デンジャラス・ウーマン・ツアー」というのもなんだか皮肉な結果になってます。

テロ被害の方々、ご冥福申し上げます。


IMG_6850 / MelissaRose14



追記:ロンドンでまたしてもテロ事件が起こっています。 
6月3日午後10時(日本時間4日午前6時)すぎ、ロンドンの中心部にあるロンドン橋やその周辺で、車が暴走したうえ通行人が刃物で襲われる事件が起き、1名の死者、20名が病院搬送される被害が出ています。

▼PISTOLSは最高だけどそれ以外のバンドも探してみてください!DO IT YOURSELF!
にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村

| NEVER MIND WIKI | 21:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

グレンマトロックwith All Star bandイギリス100クラブでライヴ

興奮が冷めやらないグレンマトロックのジャパンツアーでしたがもうイギリスでライブです。

2017年7月7日、場所はピストルズ思い出の地100クラブ。

グレンマトロック・ウイズ・オールスターバンドとしてのライヴです。

glen_m_all_star.jpg

グレンマトロック、相変わらずコンスタントに仕事をしてます。

GlenMatlock to play 100 Club with All Star band 7th July in aid of Crohn's & Colitis UK.

追記
GLEN MATLOCK & his All Star Band ft. Neal X (Sigue Sigue Sputnik) + Chris Musto Drums (Johnny Thunders, Philistines)

第2のピストルズと騒がれたジグ・ジグ・スパトニックのニールXも参加する模様です。
siguesiguesputnik.jpg


▼PISTOLSは最高だけどそれ以外のバンドも探してみてください!DO IT YOURSELF!
にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村

| Glen Matlock | 23:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「ポールマッカートニーを好きになっちまった」とジョンライドン

IN THE 80'S-INTERVIEW
Zipper1

ポーズとはいえセックス・ピストルズはビートルズを攻撃の対象としていました。

ジョンライドンの新自伝にその中心人物ポールマッカートニー/Paul McCartneyが好きになったエピソードが語られています。

ポールマッカートニーはピストルズのグレン・マトロックのヒーローでした。

グレン・マトロックのピストルズ脱退時、マネージャーのマルコム・マクラーレンの出したマスコミ報道でも「ポール・マッカートにが好きだから」という理由でクビになったとされています。

そのことで何となくジョンライドンはポールを避けていました。

幼い頃母親にビートルズのマッシュルームカットのズラをかぶらされていたこともトラウマになっていたのかもしれません。

しかし何かの打ちあげパーティーで2人は一緒になります。

その時「ハロー、ジョン!」
CROSSBEAT Special Edition ポール・マッカートニー ソロ・ワークス (シンコー・ミュージックMOOK)


ポールマッカートニーのほうから挨拶してきてくれたとのこと。

「オレはもうただそれだけで彼を好きになっちまった」
ジョン・ライドン
ジョン・ライドン 新自伝 怒りはエナジー



ロバートデニーロの主催したパーティーでレゲイのカセットをかけたらルーリードに「うるさい!」と叱られたのとは対照的です。

そんなながれからこんな発言につながるんでしょうね↓
ポール・マッカートニーVSピストルズ「ロックの歴史であの位置にいるのは当然だ!」絶賛

いいものもある、だけど悪いものもある。

スネイクマンショー名言より。




関連記事:レノン派?orマッカートニー派?ジョンライドンの答えは
関連記事:うわさの真相の答えリンゴスター 「本物のポール・マッカートニーは1966年11月9日交通事故で死亡」替え玉説?
関連記事:PILに影響?ヨーコの心/プラスティック・オノ・バンド

▼PISTOLSは最高だけどそれ以外のバンドも探してみてください!DO IT YOURSELF!
にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村

| NEVER MIND WIKI | 21:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |