NEVER MIND THE SEX PISTOLS

SEX PISTOLSの有益な情報をお届けいたします。 パンクというロックのカテゴリーのバンドです。 ANARCHY!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ジョンライドンが関係否定「時計じかけのオレンジ」とパンク

時計じかけのオレンジ (字幕版) Zipper1

1971年に公開(日本では1972年4月)されたアメリカ映画『時計じかけのオレンジ』。

監督はスタンリー・キューブリックです。1962年発表のイギリスの小説家アンソニー・バージェスが原作。
大きな写真「時計じかけのオレンジ」シュールな一枚

舞台は近未来のロンドン。

ベートーヴェンをこよなく愛する15歳のアレックス・デラージ(Alex DeLarge)は“ドルーグ”の仲間と、今夜もコロヴァ・ミルク・バーでドラッグ入りミルク“ミルク・プラス”を飲みながら、いつものように夜の世界の無軌道的な暴力行為“ウルトラヴァイオレンス”の計画を立てていた。
SP:大きな写真「時計じかけのオレンジ」

アレックスたちは酔って寝ていたホームレスを棍棒でめった打ちに。

“デボチカ”少女を“フィリー”強姦しようとしている不良グループ(ビリーボーイズ)ボコボコニ。

乱闘中にサイレンの音が近づき、アレックスたちは逃走。

困窮を装って助けを求め、親切心から扉を開いた作家の家にマスクを被って押し入り「雨に唄えば」を歌いながら大暴れ、作家を押さえつけ目の前で奥さんを輪姦しちゃいます。
大きな写真「時計じかけのオレンジ」キューブリック監督

仲間と共に金持ちが住む一軒家へ強盗に。

アレックスは男性器をかたどったオブジェで老婦人を撲殺するが、仲間から裏切られ警察に逮捕。

アレックスは懲役14年の実刑判決を下され、収監されて2年が経とうとしていました。

牧師と懇意になるような模範囚を装っていたアレックスは、内務大臣にキリスト教への信仰心とクラシック音楽の趣味を見出され、さらに犯罪歴から野心を気に入られ、「ルドヴィコ療法(Ludovico technique)の実験台となることと引き換えに刑期短縮の機会を得ます。

ルドヴィコ療法とは拘束服で椅子に縛り付けまぶたを固定して残虐描写に満ち満ちた映像をただじっと鑑賞させ続けるというもの。
SP:大きな写真「時計じかけのオレンジ」マルコム・マクダウェル

治療は成功。アレックスは、性行為や暴力行為に及ぼうとすると吐き気を催すほどの嫌悪感を覚え何もできなくなってしまいます。

アレックスは、暴力に対して無防備となりそれに抗うことを選択する能力のない存在となりはてます。それはまるで中身が機械でできている人間、まさに『時計じかけの“オレンジ”』のようでした。

出所したアレックスを待ち受けていた世界は・・・・

救いようの無い暴力映画です。

「ドルーグ」の残忍な暴力描写とロンドンが舞台ということでたしかにロンドン・パンクス達とダブります。

大きな写真「時計じかけのオレンジ」キューブリック監督2

ただしそこに関してジョン・ライドンが否定してます。

「『時計じかけのオレンジ』と初期のパンクスに関連があるなんて、イージー過ぎるよ。
芸術的こじつけというか、出来あいの言い訳であって、真実じゃない」
ジョン・ライドン

John Lydon: Stories of Johnny: A Compendium of Thoughts on the Icon of an Era



ただしピストルズ親衛隊、ブロムリー軍団時代のスジー・スー(スージー・アンド・ザ・バンシーズ)のギザギザメイクは「時計じかけのオレンジ」から拝借してます。
Siouxsie-face.jpg

▼時計じかけのオレンジトレイラー


▼PISTOLSは最高だけどそれ以外のバンドも探してみてください!DO IT YOURSELF!
にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村
関連記事

| NEVER MIND WIKI | 21:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://nmtsexpistols.blog.fc2.com/tb.php/1010-b6f5b708

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT