NEVER MIND THE SEX PISTOLS

SEX PISTOLSの有益な情報をお届けいたします。 パンクというロックのカテゴリーのバンドです。 ANARCHY!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

大鷹俊一 編『パンク・レヴォリューション』「パンク・ロンドン」への日本からの返答

パンク・レヴォリューションZipper1 

パンクが生まれて40年目、本国イギリスではそれを記念して「パンク・ロンドン」という年間キャンペーンを催しています。

「パンク・ロンドン」の日本からの返答でしょうか。

パンクの巨大な影響をトータルに検証した書籍『パンク・レヴォリューション』(大鷹俊一 編)が河出書房新社から7月27日発売されます。

そのはかりしれない力はどこからうまれ、何をもたらしたのか。

バンド論、ディスクガイドなども。サエキケンゾウ氏や鳥居賀句氏の名前もあります。

この書籍当初は「パンクがすべてを変えた(仮)」というタイトルだったようです。

パンク・レヴォリューション
『パンク・レヴォリューション』
大鷹 俊一 編
単行本 A5 / 192ページ
ISBN:978-4-309-27739-4 / Cコード:0073
発売日:2016.07.27(予定)
予価1,944円(本体1,800円)

<著者>
大鷹 俊一 (オオタカ トシカズ)
ロック批評の第一人者。音楽誌などで活躍。『レコード・コレクター紳士録』(ミュージック・マガジン)、『ビートルズとその時代』(シンコー・ミュージック)など著書、編著など多数

「世間の大半の人間ってのはあれから20年たった後も、未だにパンクの真意が何だったのか解ってないって事だよ。
何々シーンとか何々ムーヴメントとかいう名目で何らかの集団に連帯した途端、それはもう軍隊システムと寸分違わないものになって、パンクとは最もほど遠いものになってしまう訳さ」
ジョニーロットン


パンクの真意がわかるかもしれません。

▼PISTOLSは最高だけどそれ以外のバンドも探してみてください!DO IT YOURSELF!
にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村

関連記事

| BOOK | 17:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://nmtsexpistols.blog.fc2.com/tb.php/1057-9ceafc62

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT