NEVER MIND THE SEX PISTOLS

SEX PISTOLSの有益な情報をお届けいたします。 パンクというロックのカテゴリーのバンドです。 ANARCHY!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

キース・レヴィン・ミーツ・ジョニーロットン「ピストルズが解散したら一緒にやろう!」

Keith-Levene-lydon.jpg
Zipper1

1976年7月4日 シェヒールド・ブラックスワンのパブ。ここでセックスピストルズとクラッシュのギグが行われています。キースレヴィンはこの時点ではクラッシュのギタリストでクラッシュにとってデヴュー・ギグでもありました。
Blackswan.jpg

観客は50人。

「俺たちは、シェフィールドのブラック・スワンで最初のギグを行ったんだ。
ここは後ろににゲートあってまるで古い軍のトラックのように開いてたんだよね。
ミック・ジョーンズ クラッシュ



ギグの後ジョニーロットンもキースレヴィンも取り巻きに囲まれて別々に座っていました。
キースレヴィンが席を立ちジョニー・ロットンに歩み寄ります。

「ブラックスワンで俺はジョン(ジョニー・ロットン)の悲惨な状況を見て、バンドメンバーから離れて奴の隣に座って覚えている。彼は俺たちバンドから離れたコーナーに座っていた。
俺はライドンのとこへ行って話をしたんだ。
俺たちはお互いライバルバンドだったから知っているようで知らなかった。
俺はこういったんだ
『ピストルズが解散したら一緒にやろう。
あんたは変えられるなら次のビートルズになるかもしれないぜ。
でも俺はスティーヴ・ジョーンズとバンドをやるつもりはないけどね。
別のバンドになるか、俺と一緒にセックス・ピストルズをやることなるだろうよ』てね」
キース・レヴィン
Keith-Levene-face.jpg



歴史が動きました。これがこの2人の最初の出会いです。

この日ラモーンズがロンドンで初ライヴを行っています。
あらゆるところでパンクの導火線に火がつけられています。

こうして2年後にはPILは結成されこの会話は実現されます。

「俺にとってピストルズは、最後のロックンロールバンドだ。
彼らは何のはじまりでもなかった。
だけどPILは本当に何か新しいものの始まりのように感じられた」
キース・レヴィン
引用:ポストパンクジェネレーション



▼The recorded Unreleased Tracks Live 1976 With Keith Levene Audio Only


▼PISTOLSは最高だけどそれ以外のバンドも探してみてください!DO IT YOURSELF!
にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村
関連記事

| John Lydon PIL | 20:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://nmtsexpistols.blog.fc2.com/tb.php/1077-adb2381b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT