NEVER MIND THE SEX PISTOLS

SEX PISTOLSの有益な情報をお届けいたします。 パンクというロックのカテゴリーのバンドです。 ANARCHY!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

BOLLOCKSはワイセツか?裁判の判例は・・「私は裁判例を楽しんだ」リャード・ヴランソン

bollcks
Zipper1

1977年10月28日セックスピストルズの歴史的名盤オリジナル「Never Mind the Bollocks, Here's the Sex Pistols邦題:勝手にしやがれ!!」が発売されたときのエピソード。

バージン・レコードからアルバムが発売されましたが、拒否されレコード店で置ける店がありませんでした。

そのためバージン・レコードの直営店のみで発売されています。
virgin_shop

そこのショーウインドウに張り出されたアルバムタイトルの『BOLLOCKS(キ○玉)』の言葉が問題になりました。

このアルバムタイトルはギターのスティーヴ・ジョーンズの口癖から取られたものです。

海賊盤Live Trondheim July 21st 1977インナーより
bollocks virgin shop

レコードショップは警察に踏み込まれ店長、クリストファー・シールは起訴されています。

ヴァージン・レコードの社長リャード・ヴランソンはすぐさま言語学専門の教授に相談。

「あなたのスタッフの一人が『BOLLOCKS』という言葉を表示したために逮捕されたのですか?
『BOLLOCKS』は18世紀の司祭のニックネームであり、その後司祭たちは説教の中で多くのナンセンスを話すので、しだいにゴミという意味になっていったんです」
ジェームス・キンスリー教授 ノッティンガム大学英語専攻

Trent Building Facade, University of Nottingham / Shamraze/Nuhaize



勝利を確信したリャード・ヴランソンはその後弁護士ジョン・モーティマー/John Mortimerを雇っています。

1977年11月にノッティンガム警察官が起訴した裁判で、リチャード・ブランソンは証人台にも立っています。

ピストルズのジョニー・ロートンも出席し裁判を傍聴しています。

Nottingham County Court / ☺ Lee J Haywood


こちらが『BOLLOCKS』についての裁判の判決です。

本日、25歳のレコード店店長、クリストファー・シールはノッテンガム裁判所の訴訟で、88年前に作られたわいせつ広告条例に基づく4つの罪状で、無罪を言い渡された。
ピストルズのレコード会社ヴァージン・レコードの直営店を経営するシールはレコード・ジャケットとポスターを自分の店のウインドウに飾ることではないと主張した。

裁判長はこうのべた「あなたとあなたの会社が、人間の最も悪い本能を、利益のためにいやしくも利用したことに関して、わたしも同僚も、非常に残念に思っています。
われわれは実に不本意ではありますが、4つの罪状に関して、あなたの無罪を認めます」  
セックスピストルズ インサイドストーリーより

セックス・ピストルズ・インサイドストーリーセックス・ピストルズ・インサイドストーリー





翌日の新聞の見出しには「私たちはあなたの最悪なお手軽で過酷な悪用を嘆いていますが、 無罪(ポスト紙)」。

ヴァージン・レコードのリャード・ヴランソンは「私は裁判例を楽しんだ」と語っています。

この裁判について傍聴もしたジョン・ライドン(ジョニー・ロットン)の後年のコメントです。

「正しくも間違って使用される単なる言葉だろ。
直接的な脅威としての使用には多くの害があるけど、言葉自体には害はないんだよ。
必ずしも言葉では、脅かさないんだよな」
ジョン・ライドン 2018
Anger-johnlydon.jpg





関連記事:金玉ガールズ デタラメ・マザコン・チェリーボーイ

▼PISTOLSは最高だけどそれ以外のバンドも探してみてください!DO IT YOURSELF!
にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村
関連記事

| NEVER MIND WIKI | 23:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://nmtsexpistols.blog.fc2.com/tb.php/114-7430f4d1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT