NEVER MIND THE SEX PISTOLS

SEX PISTOLSの有益な情報をお届けいたします。 パンクというロックのカテゴリーのバンドです。 ANARCHY!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ヘブン17とBritish Electric Foundationツアー・ フィーチャリング・グレンマトロック「気に入っていたので、考えることもなかったよ」

Penthouse & Pavement Zipper1

2016年10月20日からロンドンシェパーズ・ブッシュ・エンパイアの30日までの9公演行われたBritish Electric Foundation フィーチャリング・グレンマトロックツアー。 

ヘブン17と一緒に行われたツアーです。

British-Electric-Foundation-GlenMatlock-Heaven17.jpg

ヘヴン17/Heaven 17は、1980年代初頭にヒューマン・リーグから派生する形で結成されたシンセポップ・バンド。結成当初のコンセプトは『管理職のパワースーツを着たポニーテールのビジネスマン』。バンド名の由来は小説『時計じかけのオレンジ』の一節から。

Penthouse & Pavement: Special Edition Luxury Gap How Men Are プレジャー・ワン Live at Last

ヒューマン・リーグを脱退したマーティン・ウェアーとイアン・クレイグ・マーシュがグレン・グレゴリー(ヴォーカル)を誘い結成されてます。


Heaven 17 / Man Alive!


Heaven 17 / Andrew_D_Hurley


ヘヴン17の別プロジェクトがBritish Electric Foundation(B.E.F.)です。
B.E.F.にグレゴリーが参加することもあり、その場合はB.E.F.のゲストという形になっていることからB.E.F.が母体なんでしょうか。
(B.E.F.はヘヴン17のプロデューサーとしての立場も担っています)

British Electric Foundation フィーチャリング・グレンマトロックツアーについてのグレン・マトロックのインタヴューです。

「私は長い間マーティン・ウェアーを知っていました。
彼がヒューマン・リーグにいたときに出会ったんです。

私はイギーポップでプレイ、彼らは私たちをサポートしてくれました。
それは1979年に遡るんで、私たちはすいぶんと長い道のりを戻っていることになるね。
そして、私はヘヴン17が好きでした。
彼らのエージェントが電話をかけて、一緒にやらないかと尋ねてきてね。私は気に入っていたので、それは考えることもなかったよ」
グレン・マトロック




「(ツアーでは)ヘヴン17はやっていないよ。
ショーには2つの部分があるんだ。
ヘヴン17はショーでアルバム「Penthouse and Pavement」を行い、その後2番目はBritish Electric Foundation(B.E.F.)なんだ。
彼らは常に異なるアーティストと一緒に仕事をしている。
私はかれらと2~3回やっているんだけど、それは楽しいね。
良いショーだし、それは面白いんだけど、彼らは背後にちゃんとメッセージを持っているしね」
グレンマトロック
glen-matlock-rsd.jpg



▼British Electric Foundation Live O2 Academy Liverpoolグレン参加でPretty Vacant


▼British Electric Foundation - I Wanna Be Your Dog (feat. Boy George) ピストルズもカバーしたストゥージズの名曲


▼ヘヴン17- Penthouse And Pavement


▼PISTOLSは最高だけどそれ以外のバンドも探してみてください!DO IT YOURSELF!
にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村
関連記事

| Glen Matlock | 21:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://nmtsexpistols.blog.fc2.com/tb.php/1159-e54371d1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT