NEVER MIND THE SEX PISTOLS

SEX PISTOLSの有益な情報をお届けいたします。 パンクというロックのカテゴリーのバンドです。 ANARCHY!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ダムドのヴォーカルにシドヴィシャス?「オレはシドが大好きだった」とキャプテン・センシブル

My WayMy WayMy WayMy WayMy WayMy WayMy WayMy WayMy WayMy WayMy Way地獄に堕ちた野郎どもZipper1

シド・ヴィシャスは、ジョニー・ロットンがピストルズ・オーディションを受ける前に加入(この時点ではバンド名はスワンカーズ)を誘われています。

ヴィヴィアン・ウエストウッドがシドにぞっこんでスキンヘッドのシドがバンドイメージにピッタリだったようです。

残念ながらオーディションによばれた当日シドはポートベロ・ロードの露店で働く予定だったため参加できませんでした。

その後フラワーオブロマンス、スージー・アンド・ザ・バンシーズとピストルズ加入するまで渡り歩いています。

またシドはデイヴ・ヴァニアン加入前にシンガーとしてダムドにも誘われています。


「オレはシドが大好きだった。
奴はフロントマンはオモシロいんじゃないかと思ってたけど、俺たちはその銃弾を避けたんだ。
オレははいつもヴィシャスとは皮肉だなと思っていた、奴はタフガイだったが少しやせこけていなかった?
デイヴ・ヴァニアンは、 驚異的な声の持ち主で本当に驚異的なシンガーだが・・・・ ブタ だな」
キャプテン・センシブル ダムド
Power of Love



Captain Sensible and the Damned / deargdoom57


ダムドのヴォーカルにシドヴィシャスはイメージわきません。



▼PISTOLSは最高だけどそれ以外のバンドも探してみてください!DO IT YOURSELF!
にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村
関連記事

| Sid Vicious | 21:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://nmtsexpistols.blog.fc2.com/tb.php/1177-404a1484

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT