NEVER MIND THE SEX PISTOLS

SEX PISTOLSの有益な情報をお届けいたします。 パンクというロックのカテゴリーのバンドです。 ANARCHY!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ピストルズギタリスト、スティーブ・ジョーンズ義父に性的虐待を受けていた事実激白!!

Lonely Boy: Tales from a Sex PistolLonely Boy: Tales from a Sex PistolLonely Boy: Tales from a Sex PistolLonely Boy: Tales from a Sex PistolLonely Boy: Tales from a Sex PistolLonely Boy: Tales from a Sex PistolZipper1

スティーブ・ジョーンズが義父に性的虐待を受けていた事実を激白しています。

スティーブが10歳の時、61歳だった義理に義理に虐待され、それがトラウマになったのかロッカーになってセックス中毒者になり、愛情のある人間関係を維持できなくなったとのこと。

先日発売された自叙伝「ロンリーボーイ」(日本未翻訳)で男性と女性の両方との暗い性行為についてのすべてを明らかにしています。

スティーブはまた、義父との事件の後も、行きずりの男に性的行為を行うために現金を与えられたことを告白しています。

「俺は「虐待されたばかりです」と言ったバッジをつけてたようなもんじゃないんだよ。
でも、それが初めて起こったら、再び起こる可能性が高いことだと思うよ。
だって、頭の中にではこれは普通のことなんだっていう小さな声があるからなんだよ」
スティーブ・ジョーンズ
Steve_Jones_face1.jpg



過去にスティーブは列車の車中で若い男にセックス行為をさせ、「トラブルのために」と50ペンスを貰ったこともあったようです。

しかし、何年にもわたって男性との多くの性的出会いがあったにもかかわらず、自分のことをゲイと考えなかったと主張してます。

バンドの全盛期、彼はシドヴィシャスのガールフレンドのナンシースパンゲンを含むピストルズのバンドメイトのパートナーすべてと寝たとのことで、セックスにとても執着していたといいます。

「たくさん犯ったぜ。少なくとも、俺は犯った。
犯るために会場の裏側にある食器棚やトイレや路地とかね。


自身の性的虐待について

「このことは何年も人に話したことはなかったけど、これは本に書いときゃならないことなんだ。
でもさ、傷ついて...俺が感じた混乱は、俺みたいな境遇のやつらに、お前は一人じゃないって伝えたいんだよ


結構へヴィーな話ですが、ピストルズ時家に帰らず転々としていたエピソードとも繋がります。

たしかにセックス・ピストルはスティーブ・ジョーンズのことです。

Lonely Boy: Tales from a Sex Pistol Lonely Boy: Tales from a Sex Pistol

ソース:dailytelegraph

関連記事:スティーヴジョーンズ自伝発売「Lonely Boy: Tales from a Sex Pistol 」予約受付中!

▼PISTOLSは最高だけどそれ以外のバンドも探してみてください!DO IT YOURSELF!
にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村
関連記事

| Interview | 20:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://nmtsexpistols.blog.fc2.com/tb.php/1199-1e56a695

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT