NEVER MIND THE SEX PISTOLS

SEX PISTOLSの有益な情報をお届けいたします。 パンクというロックのカテゴリーのバンドです。 ANARCHY!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

クラフトワーク「人間解体」ジョンライドン「メンバーの一人に会って非常に驚いたんだよ」

The Man-Machine - EX
Zipper1

音楽ユニット、クラフトワークの1978年5月EMIよりリリースされたアルバム「人間解体/The Man-Machine」。

パンクからニュー・ウエーブに変わった時期に登場しています。

ジョン・ライドンは自信を形成した曲としてこの「クラフトワーク人間解体」を選んでいます。ジョン・ライドンことあるごとにクラフトワークを選んでいるので当たり前の結果ともいえます。

ジョン・ライドンは自身がクラフトワークに影響を与えていたことが驚きだったようです。

「オレは昨年、クラフトワークのメンバーの一人に会って非常に驚いたんだよね。
彼らはオレがアルバムカバーからどのように見ているのか想像していなかったんだ。
彼らにとってオレは『ビーチボーイズのシャツ』と呼ぶものと同じたぐいだったんだよ。
奇妙な、ねじれた方法でオレが彼らに影響を与えていると言っていたよ。
オレはそのことを信じられなかったけどね、まあ、そうなんだろうね。
Mix

オレは好きだったんだよ。
彼らの冷たくって感情のないポップソングの表現方法は、オレにとって面白かった。
奇抜で、シニカルで心温まるようなものだったね。
だからこそ時間がかかるんだよな」
ジョン・ライドン
John-lydon-smoking.jpg



クラフトワークKraftwerk: 人間解体/The Man-Machine
1. ザ・ロボッツ/The Robots - Die Roboter
2. スペースラボ/Spacelab - Spacelab
3. メトロポリス/Metropolis - Metropolis
4. ザ・モデル/The Model - Das Modell
5. ネオン・ライツ/Neon Lights - Neonlicht
6. ザ・マン・マシーン/The Man Machine - Die Mensch Maschine

▼クラフトワークKraftwerk: 人間解体/The Man-Machine


引用:pitchfork                                                                                                                                  
▼PISTOLSは最高だけどそれ以外のバンドも探してみてください!DO IT YOURSELF!
にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村
関連記事

| John Lydon PIL | 21:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://nmtsexpistols.blog.fc2.com/tb.php/1242-5b7a2586

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT