NEVER MIND THE SEX PISTOLS

SEX PISTOLSの有益な情報をお届けいたします。 パンクというロックのカテゴリーのバンドです。 ANARCHY!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スティーヴジョーンズ、teamrockにて「ギターを学ぶためのアルバム5枚」発表

LES-Paul-STEVE-JONESE.jpgZipper1

セックスピストルズのギタリスト、スティーヴ・ジョーンズの「ギターを学ぶためのアルバム5枚」をteamrockサイトが発表しています。

今でこそスティーヴ・ジョーンズは若いミュージシャンから多くのリスペクトを受けています。
元々、スティーヴはピストルズのボーカリストでした。本人の言葉を使うなら「俺は歌うことからギターに押し出されたんだよ」とギターに転向しています。

ロキシーミュージック/Roxy Music - Roxy Music (1972) & For Your Pleasure (1973)
Roxy Music フォー・ユア・プレジャー(紙ジャケット仕様)

「どっちのアルバムがいいかは言うまでもないけどね。
フィル・マンザネラはいいギタリストであり、良いプレイをしていた。

Phil Manzanaera / Phil Guest


彼はいくつかの良いソロを出してるけどロキシー2目枚収録の「Every Dream Home a Heartache」はゆったりとした不気味な曲なんだけど、終わり近くにはジミヘンのようなサイケデリックなリードソロになる。
そいつはギターの素晴らしい作品なんだ。
彼は面白いギタリストだった。 ヒッピーではなく、ファッションセンスのバンドに参加したヒッピーのようなものだったと思うんだけど、ブライアン・フェリーとブライアン・イーノが着ていたものを本当に着たいとは思ってなかったろうよ。
しかし、彼のギターの演奏はRoxy Musicと一緒に働いていた。
もし彼らが奇妙なギター・プレイヤーを加入させていたら同し結果にはなってないだろうな」






フェイセズ/The Faces - A Nod Is as Good as a Wink...to a Blind Horse (1971)
このアルバムはベースのグレンマトロックも挙げています

「ギターをやってる限り、オレはフェイセズの『A Nod Is as Good as a Wink...to a Blind Horse邦題:馬の耳に念仏』が大好きなんだ。ロン・ウッドのね。

Ron Wood signing autographs / kevin dooley


「オレは彼がフェイセズにいたとき彼の音が大好きだった。
彼はサウンドを持っていた - オレは彼がZemaitisギターでAmpegセットアップを使用したと思う。
オレはバンドの巨大なファンであり、素晴らしいライブだった。
彼の演奏は素晴らしく、完全な音だったね」


A Nod is As Good As a Wink to a Blind Horse



イギー&ザ・ストゥージズ/Iggy & the Stooges - Raw Power (1973)
ロー・パワー

「オレはこのアルバムでギターを弾くことを学んだ。 それはオレにとって大きなものだったんだ。
ジェームズ・ウィリアムソンは美しいギター・プレイヤーだ。
彼が持っていた本当にユニークなリフ。 ロン・アシュトンとは違う演奏だ。
技術的には、ロン・アシュトン/Ron Ashetonは最高のギタープレイヤーとはいえないけど、ホント素晴らしいよね

Ron Asheton photos / Jason Grote


彼のリフ、ソロ、そして彼の精神と彼が演奏したことはあまり良いものではない。
でも、ジェームズ・ウィリアムソンは技術的に優れたギター・プレイヤーなんだよ。
彼はたくさんのことをしてたけど、ドライブを取り除いていなかった。
まだ大きなドライブを持っていた。
彼は確かにギタリストなんだよ」


このアルバムはジョンライドンンのフェヴァリットアルバムでもあります。

ニューヨークドールズ/New York Dolls - New York Dolls (1973)
スティーヴジョーンズはジョニーサンダース直系のギタープレイをします。その秘密が解き明かされるコメントです。
New York Dolls

「New York Dollsのファーストアルバムは、オレがギターを弾くことを学んだもう1つのアルバムだ。
オレはスピードを取って何時間も奴らのレコードでプレイした。 私は自分が何をやっているのか分かってなかったが、Raw PowerとDollsのファーストアルバムの2枚のは、ギターを弾くのに役立つアルバムだったな」




クイーン/Queen - Queen (1973)
Queen (Deluxe Edition 2011 Remaster)

「オレはクイーンファーストアルバムが好きでね。
ギターアルバムについて語るとき、クイーンのファーストは非常に重要だ。
それはとてもうまくプロデュースされてて、最高に生かし偉大な曲だった。
オレは最初にそれを手に入れたときにそのアルバムを弾くのをやめることができなかったんだよ。
アルバムでは「このレコードにはシンセサイザーは使われていない」と言っていたことが気に入ってたんだ。
何んかの理由でそれが頭の中に残っていたんだな」
ブライアンメイ奏法 (プロフェッショナル・アプローチ)




ソース:teamrock

こういうアルバムをみるとパンクは突然変異で出てきた感がありますが、しっかりロックの歴史の一過程なのが分ります。

▼PISTOLSは最高だけどそれ以外のバンドも探してみてください!DO IT YOURSELF!
にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村
関連記事

| Steve Jones | 17:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://nmtsexpistols.blog.fc2.com/tb.php/1324-4f855594

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT