NEVER MIND THE SEX PISTOLS

SEX PISTOLSの有益な情報をお届けいたします。 パンクというロックのカテゴリーのバンドです。 ANARCHY!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「ポールマッカートニーを好きになっちまった」とジョンライドン

IN THE 80'S-INTERVIEW
Zipper1

ポーズとはいえセックス・ピストルズはビートルズを攻撃の対象としていました。

ジョンライドンの新自伝にその中心人物ポールマッカートニー/Paul McCartneyが好きになったエピソードが語られています。

ポールマッカートニーはピストルズのグレン・マトロックのヒーローでした。

グレン・マトロックのピストルズ脱退時、マネージャーのマルコム・マクラーレンの出したマスコミ報道でも「ポール・マッカートにが好きだから」という理由でクビになったとされています。

そのことで何となくジョンライドンはポールを避けていました。

幼い頃母親にビートルズのマッシュルームカットのズラをかぶらされていたこともトラウマになっていたのかもしれません。

しかし何かの打ちあげパーティーで2人は一緒になります。

その時「ハロー、ジョン!」
CROSSBEAT Special Edition ポール・マッカートニー ソロ・ワークス (シンコー・ミュージックMOOK)


ポールマッカートニーのほうから挨拶してきてくれたとのこと。

「オレはもうただそれだけで彼を好きになっちまった」
ジョン・ライドン
ジョン・ライドン 新自伝 怒りはエナジー



ロバートデニーロの主催したパーティーでレゲイのカセットをかけたらルーリードに「うるさい!」と叱られたのとは対照的です。

そんなながれからこんな発言につながるんでしょうね↓
ポール・マッカートニーVSピストルズ「ロックの歴史であの位置にいるのは当然だ!」絶賛

いいものもある、だけど悪いものもある。

スネイクマンショー名言より。




関連記事:レノン派?orマッカートニー派?ジョンライドンの答えは
関連記事:うわさの真相の答えリンゴスター 「本物のポール・マッカートニーは1966年11月9日交通事故で死亡」替え玉説?
関連記事:PILに影響?ヨーコの心/プラスティック・オノ・バンド

▼PISTOLSは最高だけどそれ以外のバンドも探してみてください!DO IT YOURSELF!
にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村
関連記事

| NEVER MIND WIKI | 21:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://nmtsexpistols.blog.fc2.com/tb.php/1420-30cfc913

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT