NEVER MIND THE SEX PISTOLS

SEX PISTOLSの有益な情報をお届けいたします。 パンクというロックのカテゴリーのバンドです。 ANARCHY!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

グレンマトロック参加 Sonny Vincent & Spite 「Spiteful」

Spiteful
Zipper1

1980年、Drive In Musicから7インチシングル「Time Is Mine/Together」を1枚の未発表して解散した伝説のNYパンクTESTOR。



そのフロントマン、ソニー・ヴィンセント/SONNY VINCENTの2014年発売のソロアルバムです。

Sonny Vincent & Spite Featuring Rat Scabies, Glen Matlock, Steve Mackay「Spiteful 」。

このアルバムにピストルズのグレン・マトロック、ザ・ダムドのドラマー、ラット・スケイビーズ/Rat Scabiesそしてザ・ストゥージズのサックス、スティーヴ・マッケイ/Steve Mackayがフィーチャーされています。

ソニー・ヴィンセント/Sonny Vincent - Testors - Vocals and Guitar
ラット・スケイビーズ/Rat Scabies - The Damned - Drums
グレンマトロック/Glen Matlock - Sex Pistols-Bass
スティーヴ・マッケイ/Steve Mackay - Stooges-Sax
SonnyVincentSpite.jpg

このアルバムの制作についてのコメントです。ソニー・ヴィンセントは19曲を書きあげラット・スケイビーズと共に録音しています。

「私たちは、セックスピストルズのオリジナルベースプレイヤーのグレン・マトロックに電話をすることにしました。
私とラットはともにグレン(マトロック)を知っていました。
私たちはそれがクールだと分かっていた。
グレンはブリュッセルに来てくれることに同意してくれた。
ロンドンからブリュッセルまでの列車代金を彼に送ったんだよ。
私はラットにさよならを言って、1日後グレンが現れた。
彼は煙を吐いて焼き付けた。
紳士的で完璧なベースプレイヤーだよ。良い時代が始まる!

そして新しいアイデアが生まれたんだ。
私は友人でストゥージズのスティーブ・マッケイに電話をかけ、サックスを演奏するように彼を誘ったんだ。
スティーブはサンフランシスコからブリュッセルまで飛んできたんだよ」
ソニー・ヴィンセント



1.Sidewalk Cracks
2.Wait
3.Bad Superstition
4.Beg For Love
5.Real Hard
6.Disinterested
7.Clouds
8.Macon
9.Dog On The Subway
10.Not The Same
11.Borders
12.Inside Your Head
13.Now That I Have You
14.DTK

全曲ソニー・ヴィンセント作詞作曲。

US盤とドイツ盤ではトラックが3曲違っています。US 盤は "Silver", "Shameless Face" and "Thief Of Words"
ドイツ盤は "Real Hard", "Inside Your Head" and "DTK"。

▼アルバムプロモ映像






▼PISTOLSは最高だけどそれ以外のバンドも探してみてください!DO IT YOURSELF!
にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
関連記事

| Glen Matlock | 00:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://nmtsexpistols.blog.fc2.com/tb.php/1463-cb340a7f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT