NEVER MIND THE SEX PISTOLS

SEX PISTOLSの有益な情報をお届けいたします。 パンクというロックのカテゴリーのバンドです。 ANARCHY!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

パンク・ロック・イン・ロンドン1977-1979 ピストルズ解散後全員集結グレンも

PUNK_ROCK_IN_LONDON_TOP
Zipper1
パンク・ロック・イン・ロンドン
ドキュメンタリー 1977-1979

二本木里美
ブロンズ社
1979年6月1日初版
PUNK_ROCK_IN_LONDON
この時代に日本人でパンクシーンを捉えた事実だけでもすごいです。

日本人目線でシーンを見ているのでギャラリーである一般のパンクスたちにもスポットを当てていて逆にロンドンパンクシーン全体が浮き出ています。

巻末に二本木氏の日記があるのですが1978年4月9日ラウンドハウスがすごいです。(ちなみに1978年1月14日がウィンターランドのラストライブ 解散3ヶ月後)

ジェネレーションX、レゲ・レギュラー・ジョルトのコンサートと書かれてりてジョンライドン、シド、ポール、スティーブ、グレンを客席に見つけています。ここにピストルズ新旧全メンバーが偶然にも集結しています。
Generation X

日本と違い横目で眺めるが、すがったり騒いだりはしないと国民性を説明しつつ

立ち話をしているロットンを撮ろうとすると、レスラーのような大男が目の前に立ちはだかる。「写真を取るには大層な金がかかるぜ」「持ってない」「じゃあダメだ」と押し問答。
中略
他の元ピストルズのメンバー、革ジャンのスティーブジョーンズ、痩せた小男のグレン・マトロック、ビールを片手にしたポールクックの後ろ姿も見える。会場に入るところでジョニーの前五、六歩小走りに彼らの前を歩く。振り返った時には、彼らは消えていた。



この後前方よりシドが歩いてくるのを見つけます。その尋常ではない、酔っぱらいとも違う表情に違和感を感じつつ、写真を撮るのを拒否されます。そしてこの後ナンシー殺害と結びつけその不気味さに納得されています。

1978年4月9日ラウンドハウスにグレンも含めピストルズ全員が観客席にいた事になりますね。

Round House, Covent Garden, WC2 / Ewan-M

この日記だけでも歴史的にも面白いです。

PUNK_ROCK_IN_LONDON_SELLECTION
この時代のこの場所にいたかったなー。


▼PISTOLSは最高だけどそれ以外のバンドも探してみてください!DO IT YOURSELF!
にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村
関連記事

| BOOK | 20:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://nmtsexpistols.blog.fc2.com/tb.php/174-eef51bcb

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT