FC2ブログ

NEVER MIND THE SEX PISTOLS

SEX PISTOLSの有益な情報をお届けいたします。 パンクというロックのカテゴリーのバンドです。 ANARCHY!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

PILドキュメント映画「The Public Image Is Rotten」世界公開決定


Zipper1

パブリックイメージリミッテッド初のドキュメンタリー映画『The Public Image is Rotten』。

素材集めが革新的でTabbert Fiiller監督によるとYoutubeや>Facebookから集めたようです。

「Facebookからファンに写真や映像を送ってもらうように依頼しました。
私たちはたくさんのものを手に入れました」

Tabbert Fiiller監督


pilirPoster.jpg

『The Public Image is Rotten』は2017年4月21日にトライベッカ映画祭で世界初上映されています。

その後の動向が注目されていましたがAbramoramaにより世界配給が決まりました。

ギリスで2018年6月3日にオデオン・カムデン・シネマで上映がされワールドワイドに公開されます。


「Abramoramaによる『The Public Image is Rotten』が完全な世界公開はとても嬉しいことです。
世界中のファンが真実のPiLとジョンライドンを今までに見たことがない。
世界中のファンが楽しめるよう、彼らの熱意と専門知識を戦略的に映画をリリースする能力を併せ持っています」
Tyler BrodieとHunter Grey 映画製作会社Verisimilitude



ジョンライドン映画「The Public Image is Rotten」についてのコメント。

オレたちはセックス・ピストルズの映像を大量に取り戻したんだ。
うまいこと利益をあげている奴らから権利を得るのに問題があってね。(マネージャーのマルコムマクラーレンとの裁判等)
オレの人生は他の奴らによって操作されているのは奇妙なことだな。
そいつにはイライラさせられる。
オレはこの映画が大好きだよ。
それはPiLを後世に伝える機会を与えるしな。
多くの奴らはオレが耐えなければならなかったことを知らない」
ジョンライドン
lydon_.jpg
ソース:Salon



この映画の企画はPiLを立て直していた2010年から始まっています。

「ハンターと呼ばれる男がオレたちに近づいてきて、PiLの映像を撮ると言ってきたんだ。
彼は何もしなかったんで、オレたちがその映像をコントロールしたのさ」
「インタビューを受けていることはずっと続いていたよ。
Tabbert [Fiiller]が監督になるまえに、何人かの別の監督がいたんだ。
オレたちはまったく意見が合わなかった」
「彼らの中には、最初の2枚のアルバムで撮りたい奴もいた。それはばかげているよね。
後のものを除外することはできないんだよ。
映画はどんどん進んでいったんだ」
ジョン・ライドン



日本での公開が楽しみです。

▼「The Public Image Is Rotten」プレミアインタヴュー2017 前半は監督インタヴュー


映画「Public Image is Rotten」は、夏にイギリスとヨーロッパの都市の映画館で公開され、秋には北米の劇場が続きます



追記

▼ジョンライドン The Five Count radio showのインタビューが公開



▼「The Public Image Is Rotten」は最高だけどそれ以外のバンドも探してみてください!DO IT YOURSELF!
にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村
関連記事

| NEWS | 22:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://nmtsexpistols.blog.fc2.com/tb.php/1788-230013d8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT