NEVER MIND THE SEX PISTOLS

SEX PISTOLSの有益な情報をお届けいたします。 パンクというロックのカテゴリーのバンドです。 ANARCHY!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Led Zeppelin‎ロバート・プラント VS ピストルズ

【Amazon.co.jp限定】LEGENDS of LEGENDS DOCUMENTARY LED ZEPPELIN [DVD]
Zipper1
レッド・ツェッペリン ‎ロバート・プラントの1975年時のインタビュー。

ロバート・プラントは黒魔術の研究、実践家の「世界最悪の変人」アレイスター・クロウリーの家に住んでました。(オジー・オズボーンの楽曲「ミスター・クロウリー」のモチーフやビートルズのサージェント・ペパーズのジャケに登場している人物)

もともとその家は教会で信者もろとも焼き打ち荒れたところとのこと。

以前そこで首打ちになった人もいたそうで、首が転がる音を聞いた霊感のない‎ロバート・プラントの友人もいるそうです。

クロウの後の住人でも自殺や精神病院に入ったりと不吉なことが続いたいわく付の家とのこと。
In Search of Great Beast 666: Aleister Crowley [DVD] [Import]

そんな家のどこに魅力があるかの質問にロバートは

あの不可解なところだなあ。僕は不可解なものに惹かれるけど、それなりに予防線も張ってあるわけだからね。いくらなんでもずかずか乗り込んでいくようなことはしないよ。


しかし身の危険は感じないと語っています。

僕としては、そういう家にいると不思議と落ち着くもんだから本当に驚いてしまう。
‎ロバート・プラント 引用:ロッキングオン1997年12月号



その何年か後のパンクの嵐が吹き荒れるなかロバート・プラントは不可解なもの、「ジョニー・ロットン」に興味を持ったみたいです。

ロバート・プラントがクラブのロキシ―へピストルズのボーカリスト、ジョニー・ロットンに会いにきたときの話しです。

ロバート・プラントがクラブのロキシ―に来たときなんて、100万人ぐらいのボディーガードに囲まれていたよ。
で、その中の1人が俺に近づいてきていったんだ。
「ロバートがあんたと話がしたいそうだ。まさかここでモメ事を起こす気はないよな。どうだ?」って。
でっかい屈強な男が何人も、俺があいつのところに行くのを待ちかまえてえいるんだぜ。
2倍ぐらいあるような連中がね。
どうしようもないだろ?
The Roxy
俺はロバートをチラッと見た程度だったけど、あいつはマジで何も知らない北部の田舎者みたいでさ。
ちょっと可哀そうになっちまうぐらいだったな。
一体そんな奴に、どうやって敬意を払えっていうんだ?
ジョニー・ロットン


この時のロバート・プラントの予防線は100万人ぐらいのボディーガードだったということでしょうか。話し盛りすぎです、ジョン。

Led Zeppelin / p_a_h



当時のThe Roxyは現在水着で有名なSPEEDOショップになってます。

41-43 Neal Street - Speedo/The Roxy / musicpilgrimages.com

The Roxy London WC2: A Punk History

The Roxy跡のストリートビューこちら

関連記事:レッド・ツェッペリン「セックス・ピストルズはほんとにいい音楽だった」とジミー・ペイジ
関連記事:ピストルズあの曲が33位「最も素晴らしいギターリフ TOP100」←ツェッペリン ‎のあの曲が1位です
関連記事:ピストルズ十番勝負 セックスピストルズと揉めた?ミュージシャン達!
関連記事:I LOVE PISTOLS  影響を受けた人達

▼PISTOLSは最高だけどそれ以外のバンドも探してみてください!DO IT YOURSELF!
にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村
関連記事

| NEVER MIND WIKI | 17:59 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ジョークだろ

| ジョンライドン アイ ラブ ユー | 2016/05/13 18:15 | URL |

Re: タイトルなし

でしょうね。

| ビシャ男 WITH PUBLIC IMAGE COMPANY | 2016/05/13 22:10 | URL |














TRACKBACK URL

http://nmtsexpistols.blog.fc2.com/tb.php/277-ff5b640d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT