NEVER MIND THE SEX PISTOLS

SEX PISTOLSの有益な情報をお届けいたします。 パンクというロックのカテゴリーのバンドです。 ANARCHY!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

シャム69vsセックス・ピストルズ乱闘事件の全貌!

IF THE KIDS ARE UNITED
Zipper1
SHAM 69はイギリスサリー州ハーシャムで1976年に結成されたパンク・バンド。

「Walton & Hersham 69」の消えかかった落書きをジミー・パーシー Jimmy Pursey が残っていた「sham 69」の部分だけが残っていてバンド名に使用したことから始まっています。

77年9月にロンドンのクラブヴォルテックスの開店記念ライブに出演した際客のスキンズとバンドの親衛隊(シャムアーミー)が暴動をおこし、警官隊100名が動員されジミー・パーシーが治安妨害罪で逮捕されるという事件が起こります。
Live at the Vortex  If the Kids Are United

その後もライブで暴動が起こりつづけ、バンドは名曲『If the Kids Are United』 全英9位を発表し[俺たちが一緒に立ち上がれば、それが始まりになるはずだ 若者たちが団結すれば、決してバラバラになることはない」というケンカ撲滅のメッセージを訴えました。

(河合奈保子の「けんかをやめて」のプロトタイプともいえますね。)

78年のレディングフェスでは暴動の中ジミー・パーシー「俺の歌の内容がわかるならケンカするな」と涙ながらにシャウトまでしています。(本人否定)

SHAM 69、フリーガンやナショナルフロントに荒されつづけ限界に達したバンドは79年1月に解散。(解散ライヴも喧騒により20分で終了・・・)
Jimmy Pursey

そんなケンカに振り回され続けたたジミー・パーシー、

2005年8月5日、セックス・ピストルズのジョン・ライドンとアメリカ大使館で殴り合いのケンカを始めたそうだ。

US Embassy / CGP Grey


70年代から仲の悪かった2人。ピストルズ解散後、スティーブ、ポールがジョン・ライドンの後釜にジミー・パーシーを迎え入れSHAM PISTOLSを結成したりと何かと因縁があります。

ジミー・パーシーはニューヨークへCBGBクラブの援助のギグのためビザ申請のためにアメリカ大使館に行き、そこでビザ申請のジョン・ライドンと対面。

ジョニー(ライドン)と俺は、ウマがあったためしがない。
でも、あの脱色ヘア野郎には25年も会ってなかった。奴が姿を見せたときに、マズイって思ったんだ。
でも“過去のことは水に流そうぜ”って握手を求めたら、奴は“うせろ!”ってコーヒーをぶちまけやがったんだ
ジミー・パーシー 

Sham 69 / Man Alive!

『The Sun』紙


その後、殴り合いのケンカが始まったとのこと。

しかしながら、ライドンはパーシーの話を“ウソだ”と否定しています。

安っぽい作り話だな。あいつが俺と同類のわけないだろ。
モックニー(ロンドンの訛りコックニーを真似た話し方)で喋るニセモノの言うことを信じるのか?
ジョン・ライドン


パーシーは蹴ることにより応戦、2人は大使館に配属された警官によって引き離された模様。

ジミー・パーシーケンカと縁が深いです。

▼トップ・オブ・ザ・ポップス時のsham 69


引用:BARKS

関連記事:ジミー・パーシー弟の幻のバンドKIDZ NEXT DOOR にスティーブ・ジョーンズベースで参加! PUNK
関連記事:ピストルズ十番勝負 セックスピストルズと揉めた?ミュージシャン達!
関連記事:I LOVE PISTOLS  影響を受けた人達
関連記事:シャム69vsセックス・ピストルズ乱闘事件の全貌!
関連記事:SHAM69ジミーパーシ―は本当に泣いたのか?READING FESTIVAL 1978

▼PISTOLSは最高だけどそれ以外のバンドも探してみてください!DO IT YOURSELF!
にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村
関連記事

| Interview | 18:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://nmtsexpistols.blog.fc2.com/tb.php/342-278f7445

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT