NEVER MIND THE SEX PISTOLS

SEX PISTOLSの有益な情報をお届けいたします。 パンクというロックのカテゴリーのバンドです。 ANARCHY!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

グレンマトロック激白「クリッシーハインドはセックスショップを見つけちょっと入ってみない?といった」

IMG_5093IMG_5093 / Marko Maras
Zipper1

クリッシーハインドはプリテンダーズデビュー前、NME記事を書きながらマルコムマクラーレンの店の追っかけをしていました。
Learning to Crawl

クリッシーハインドはある日、当時店員だったピストルズ初代ベーシスト、グレンマトロックと店が終わり一緒に店を出ました。

彼女はアンサマーズというセックスショップを見つけ

Sex Shop Kino / twicepix


クリッシーハインド:ちょっと待って、ちょっとだけ中に入ってみない?


グレンマトロック:どうするつもりさ



彼女は店に興味があるわけでなく、仕事を探すつもりでした。


Fields Avenue, Balibago. Angeles City / Blemished Paradise


Sex shop / jo.sau


Sex-Shop / blondetpatrice


イギリスでは異邦人で失業手当を当てにできないクリッシー・ハインドはいつもお金に困っていたとのこと。

基本的にいつも職探しをしていてしかもバンド結成に奔走していたため、職種なんてかまってられなかったんじゃないでしょうか。

しかしグレン、そこで職探しはやはり変と語ってます。

British sex shop / secretlondon123

こちらはクリッシー・ハインドが暴走族のメンバーに空き家でレイプされたことについての炎上発言

「どう考えても私の行動が原因で、すべては自分の責任だったわ……。
ブラブラしてちゃダメなのよ、特に『レイプ大好き』『俺の前にひざまずけ』なんて書かかれたバッジをつけてるような男と一緒になんて」
「もしも私が上品な服装で、人と関わらないようにしながら街を歩いてても、襲われたのなら、私に非はないわ。
でも、派手な服装で色気をふりまいて男を誘惑して、その結果、危ない男を引きつけちゃったら…それはしちゃダメよ。
ねえ! そんなの常識でしょう」
クリッシー・ハインド
引用:NME


反性暴力の慈善団体から「犯罪に対しての責任は一切感じるべきではない批判されたみたいですが、発言に自分の力で生き抜いていくという強い意志を感じます。

今の世の中、楽器をやる女なんてザラじゃない。
私が男っぽいわけでも何でもないわ。
例えば、「騒々しいアメリカ人」こんなのひどい通念よね。
私は騒々しいアメリカ人よ、最高に下品で、最高にみだら。
でもね、そんな風になりたかないわよ。
それは、みせかけ。
手にいれなきゃなんない物を手にするため、やることやってるだけ。
クリッシーハインド
引用:ロッキング・オン1980年8月号



The Pretenders Day on the Park / PeterTea


プリテンダーズが当たって良かったですね姉御。


British Sex Shop - Buyer Beware / malias


▼プリテンダーズの「恋のブラス・イン・ポケット」


関連記事:クリッシー・ハインドとミック・ジョーンズ「まったくの敗者だったわけよ」プリテンダーズ

▼プリテンダーズは最高だけどそれ以外のバンドも探してみてください!DO IT YOURSELF!
にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村
関連記事

| NEVER MIND WIKI | 21:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://nmtsexpistols.blog.fc2.com/tb.php/765-4b30dd7e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT