NEVER MIND THE SEX PISTOLS

SEX PISTOLSの有益な情報をお届けいたします。 パンクというロックのカテゴリーのバンドです。 ANARCHY!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

レミー・キルミスター自伝 「シド、オマエにベースは無理だな」「楽器のセンスはからっきしだった」

Lemmy_sid_book_top.jpg
Zipper1

2015年12月28日、モーターヘッドのフロントマンであるレミー・キルミスターが癌のために亡くなりました、享年70歳でした。

Motorhead / Jessica_Branstetter


レミーはシドヴィシャスと『結構懇意にしていた』といいレミーの自伝でシドビシャスにベースを教えた逸話が出てきます。

会話文のみ抜出します。

「ようレミー、俺にベースの弾き方教えてくれよ」
「ああいいよシド」
しかし教えたものの3日後には
「シド、オマエにベースは無理だな」
「ああそうだな」
シドは意気消沈して帰って行ったとのこと。

2か月後レミーとシドは遇然スピークイージーで出くわします。
「ようレミー、聞いてくれよ!俺、ピストルズに入ったんだぜ」
「どういう意味だ?」
「俺、ピストルズでベースやってんだよ!」「すげえだろ、な!」
「お前にベースは無理だ、シド」
「ああ、わかってる、わかっているよ、けど俺はピストルズやってんだ!」


Sid Lives
純粋なシドの人柄がこのやり取りからもにじみ出てます。

レミーは自伝の中でシドヴィシャスのことを「シドは人間的には十分いい奴の部類に入ったね」とコメントし、さらに

あの野郎達者なのは口だったからな。
けどあいつはイメージ的には抜群だったんだ。
ことイメージに関して言えば、あいつはピストルズ以上にピストルズを体現してやがったぜ!
レミー・キルミスター
Never Mind the Bollocks (2012 Remaster)


とも語っています。


Motorhead / Timm Williams


こんな感じで、半世紀もの間、ロックの世界を生き抜いたレミーならでは逸話が満載です。

レミー・キルミスター自伝 ホワイト・ライン・フィーヴァー (Loft BOOKS)レミー・キルミスター自伝 ホワイト・ライン・フィーヴァー (Loft BOOKS)
レミー・キルミスター自伝 ホワイト・ライン・フィーヴァー (Loft BOOKS)

関連記事:モーターヘッドのレミー70歳誕生パーティにスティーヴ・ジョーンズが参加!
関連記事:早死にしそうなのに未だ生き残っているミュージシャンベスト10 ジョン・ライドンも?←レミー4位
関連記事:God Save The Queen「モーターヘッドのベスト・カヴァー・パフォーマンス 10選」メタル雑誌Metal Hamme発表


▼レミーは最高だけどそれ以外のバンドも探してみてください!DO IT YOURSELF!
にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村
関連記事

| BOOK | 12:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://nmtsexpistols.blog.fc2.com/tb.php/902-0944a8c0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT