NEVER MIND THE SEX PISTOLS

SEX PISTOLSの有益な情報をお届けいたします。 パンクというロックのカテゴリーのバンドです。 ANARCHY!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

発売遅くない?『ジョン・ライドン 新自伝 怒りはエナジー』 3月30日やっと発売!←4月27日に変更って・・

ジョン・ライドン 新自伝 怒りはエナジー Zipper1

『Anger is an Energy: My Life Uncensored』の日本版 『ジョン・ライドン 新自伝 怒りはエナジー』2016年 3月30日発売です。

2014年発売ですからずいぶん待たされました。遂に発売です。

以前ABCニュース・ラジオの取材で7歳の頃に髄膜炎で昏睡状態に陥って、記憶が全くなくなっていたとコメントしてました。

記憶を無くしたジョンライドン少年に医師たちはジョンの脳の機能が回復するように居心地の悪さを感じさせたり怒らせたりすることで脳への刺激を与え続ける療法を勧めました。

「それによって記憶を取り戻すことを促し、脳の機能を回復させるということだったんだ。というわけで、怒りはエネルギーだっていうことなんだね」と発言しています。ここら辺の話がやっと解明されます。

これ以外にもピストルズ再結成、PIL、ソロ活動や、TVタレントとしてのブレイクした話など楽しみです。
サイコパス(紙ジャケット仕様) ロックパラスト1983 Best of British (Bonus CD)

最初の自伝で「あの馬鹿馬鹿しい裁判で使われた供述書もつかわせてもらう」といっておきながら掲載されていなかったマネージャーだったマルコム・マクラレンとの裁判の話もあるようです。

へたくそな訳でアップしないでよかったです。シンコーミュージックありがとう。

この本は基本的に真剣にリスクを引き受けようとする人間の生き様についてのものなんだ。
ジョンライドン



PiL / p_a_h


シンコーミュージック

¥ 3,564
A5上製判/608頁
発売日 : 2016-03-30

追記:発売4月27日に変更されてます。

これだけ待ったんですから1ヶ月ぐらいの延期は問題ないです。ゆっくり待ちましょう。

▼こちらは自伝『ジョン・ライドン 新自伝 怒りはエナジー』の邦訳版発売を記念したビデオ・メッセージ

「ハロー僕の名前はジョン。
俺本『ジョン・ライドン 新自伝 怒りはエナジー』 の日本版がシンコー パブリックハウスから出版されることとなってよろこんでいるところさ。
こいつは実に読みごたえがある本で惨めさ、憎しみ、没落、破壊そういうものが好きなら喜んでもらえるだろう。
俺の人生の物語だ。
我が転落の記録さ。
楽しんでくれ!バイバ~イ」


<目次>
序章 おまえの歩くべき道がその足元から現れんことを
第1章 生れた意味
第2章 初めての内便所
第3章 ジョニーは何だろうと好きな服を着る
第4章 地獄の中へ
第5章 俺は絶対に諦めない
第6章 不吉の影を振り払え
第7章 ハンマーとノミでパンドラの箱をこじ開ける
第8章 頭がおかしくなってたって、捕まらずに済むわけじゃない
第9章 変化ほど素晴らしいものはない
第10章 ガッカリなんてしてないぜ、ハッピーだ
第11章 ジョニー・クック
第12章 自信がつけば未来に目が向けられるようになる
第13章 自然が俺の真の姿を明らかにしてくれた
第14章 歴史と悲嘆……それは天からの贈り物
第15章 もっと沖を目指して

関連記事:「父母に孝行できなかった張り裂ける思いだよ」とジョンライドン自伝PR?
関連記事:ジョン・ライドン自伝続編 Still a punk2発売決定!
関連記事:偽プロモCD ジョン・ライドン「No Irish, No Blacks, No Dogs」
関連記事:PUNK 25th! STILL A PUNK―ジョン・ライドン自伝DESTROY
関連記事:ジョンライドン、パンクたる理由「怒りはエネルギー」昏睡状態に陥り・・

▼PISTOLSは最高だけどそれ以外のバンドも探してみてください!DO IT YOURSELF!
にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村
関連記事

| BOOK | 11:18 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

PILの新譜に関しては 全く興味ないけど(他にいっぱいある名盤を漁る事の方が先決^^) ロックに2回も革命をもたらした生き証人ジョンライドンの新自叙伝は 楽しみ。
(2回以上革命を起こしたのは他にビートルズ と マイルスデイビス ぐらいしか思い浮かばない。)

| | 2016/04/05 19:54 | URL |

Re: タイトルなし

時代の先端を行っていた男が時代とのズレとどう戦っていくかという観点で面白いですよ。誠実ですし。
このブログもピストルズから色んなバンドを知ってほしいというコンセプトもあります。マイルスデイビス、チャンと聴いてみますね。

| ビシャ男 WITH PUBLIC IMAGE COMPANY | 2016/04/06 22:13 | URL |














TRACKBACK URL

http://nmtsexpistols.blog.fc2.com/tb.php/913-851c6e0f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT