NEVER MIND THE SEX PISTOLS

SEX PISTOLSの有益な情報をお届けいたします。 パンクというロックのカテゴリーのバンドです。 ANARCHY!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

The Exploited「Fuck the System」カナダモントリオールでの暴動

Fuck the System
Zipper1

エクスプロイテッドは1979年に結成されたスコットランドのハードコア・パンク・バンド。

「パンクス・ノット・デッドPunk's Not Dead」(パンクは死にやしねえの意味)を標榜に、ピストルズ解散以降のUKパンク・ムーブメント重要バンドの1つです。

Punk Not Dead! (The Exploited , Sensa Yuma, Zorras Adolescentes) / gaudiramone


「Fuck the System」2002年10月Dream Catcher Recordsから発売されたエクスプロイテッドの8枚目のアルバムです。

タイトルがタイトルの為"F*** the System"とトラックにも検閲が入っています。その為クリアーヴァージョンも存在しています。

このアルバムのツアーの2003年10月14日、カナダのケベック州モントリオールでのライヴでメンバーの一人が前科のために入国拒否にあい公演が中止に。

これに怒った500人のファンが店を破壊したり、車をひっくり返し火を放つ暴動を起こしています。

▼その時の暴動を伝えるニュース映像


ピストルズと同名タイトルの「Holiday in the Sun」という曲が存在しています。まったくの別曲です。

1Fuck the System
2 Fucking Liar
3 Holiday in the Sun
4 You're a Fucking Bastard
5 Lie to Me
6 There Is No Point
7 Never Sell Out
8 Noize Annoys
9 I Never Changed
10 Why Are You Doing This to Me
11 Chaos Is My Life
12 Violent Society
13 Was It Me
14 Adding to Their Fears (Bonus)
15 Death Before Dishonour (Bonus)
16 Drive Me Insane (Bonus)
17 Pulling Us Down (Bonus)

全ての曲がいモヒカンがトレードマークのヴォーカルのワッティー・バカンWattie Buchan作詞作曲。

Aseos / Daquella manera


The Exploited公式サイト



▼The Exploited - Holiday In The Sun (Live @ Punk & Rock Festival, Estonia 16.07.2016


▼PISTOLSは最高だけどそれ以外のバンドも探してみてください!DO IT YOURSELF!
にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村

| NEVER MIND WIKI | 20:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アレックス・マクダウェル、UKパンクシーンから『スター・ウォーズ エピソード9』アートディレクターへ

ポスター STAR WARS S Poster S2665 S2665
Zipper1

ピストルズのベーシスト、グレン・マトロックはピストルズ周辺にいたアート関係者に誇りを持っているといいます。

「私が最も誇りに思うのは、ピストルズだけではなく、全体の動きの一部のことです」



ピストルズ周辺には音楽、ファッション、芸術、写真など何かをしたい約20人の人々がいました。

誰もが何らかの結果を出すことになったといいます。

「初めてのセックス・ピストルズのショーをブッキングした私の友人、アレックス・マクダウェル/Alex McDowellは、新しいスターウォーズ映画のアートディレクターになっているしね」
グレンマトロック
Glen m


アレックス・マクダウェル/Alex McDowell1955年4月11日生まれ
Alex_McDowell.jpg

幼少から絵画家になりたいと願っていたアレックス・マクダウェルは1975年に彼とセバスチャン・コンランとセックス・ピストルズのロンドンのセント・マーティンズスクールでの最初のヘッドライン・コンサートをブッキングしています。

その後ロンドンのパンクシーンに夢中になり、マルコムマクラーレンとヴィヴィアンウエストウッドの伝説のキングスロードのショップ『Sex』のTシャツをデザインしました。

ピストルズを脱退したグレン・マトロックと共に1978年にグラフィック・スタジオ・ロッキング・ロシアン・デザインを設立。

アレックス・マクダウェルはリッチキッズ/Rich Kids、スージ&ザ・バンシーズ/Siouxsie&Banshees、クラッシュ/The Clash、イギーポップ/Iggy Popなど幅広いミュージシャンのためのアルバム・カバーをデザインしています。

1979年に、マクダウェルはイギーポップの「Soldier」アルバムをデザインすることを依頼されます。

その時イギーはミュージックビデオも作りたかったため、MTV誕生の1年前に、マクダウェルはプロダクション・デザイナーにもなってます。ここから映像作品も次第に手掛け始めます。

彼はティム・ポープ/Tim Pope監督とともに、The Cureの有名なシリーズのビデオをデザイン。

その後ベルリンの壁でデペッシュモード/Depeche Mode、ミュンヘンでクイーン、そしてカリフォルニアでニールヤングとビデオを制作しています。

次第にプロダクションデザイン作品はグラフィックデザイナーとしての仕事より評価されるようになり、1986年にはロサンゼルスに活動の拠点を移してます。

1980年代後半から1990年代にかけて、マドンナ、マイケル・ジャクソン、ZZトップ、エアロスミスなど100本以上のミュージックビデオのセットをデザインしハリウッドのミュージックビデオやコカコーラ、リーバイスなどのコマーシャル業界で活躍しました。

映画ではマイノリティーリポート/Minority Report (2002)ターミナル/The Terminal (2004)などの美術監督を務めてます。
 

現在、マクダウェルは南カリフォルニア大学で教授も務めています。

そして『スター・ウォーズ エピソード9』(Star Wars: Episode IX)アートディレクターに就任です。

ピストルズと共に活動したUKパンクシーンからスターウォーズまで世界が広がっています。

Pancakes x Star Wars / jonolist


▼Alex McDowell - World Building


▼PISTOLSは最高だけどそれ以外のバンドも探してみてください!DO IT YOURSELF!
にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村

| NEVER MIND WIKI | 21:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「ベスト・デビュー・アルバム TOP100」UK音楽誌Uncut発表ピストルズ19位

Velvet Underground - With Nico Framed Mini Poster - 10.2x14.7cm
Zipper1

「ベスト・デビュー・アルバム TOP100」を英国の音楽誌Uncutが発表してます。このランキングは元々同誌2006年8月号に掲載された特集記事をサイトで再録したものです。

セックス・ピストルズは19位ランクインです。

こちらがTOP100リスト

100 アーケイド・ファイア/ARCADE FIRE/Funeral (2005)
Funeral (180Gram Vinyl) [Lp] Suede
99 スエード/SUEDE・Suede (1993)

98 フー・ファイターズ/ FOO FIGHTERS・Foo Fighters (1995)
Foo Fighters [12 inch Analog] Just Another Diamond Day
97 VASHTI BUNYAN・Just Another Diamond Day (1970)

96 PJ ハーヴェイ/PJ HARVEY・Dry (1992)
Dry + bonus Demonstration tracks White Stripes
95 THE WHITE STRIPES・The White Stripes (1999)

94 マーキュリー・レヴ/MERCURY REV・Yerself Is Steam (1991)
Yerself Is Steam Prayers on Fire
93 THE BIRTHDAY PARTY・Prayers On Fire (1981)

92 スピリチュアライズド/SPIRITUALIZED・Lazer Guided Melodies (1992)
Lazer Guided Melodies Throwing Muses
91 スローイング・ミュージズ/THROWING MUSES・Throwing Muses (1986)

90 フランツ・フェルディナンド/FRANZ FERDINAND・Franz Ferdinand (2004)
フランツ・フェルディナンド ELASTICA
89 エラスティカ/ELASTICA・Elastica (1995)

88 ム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ/TOM PETTY & THE HEARTBREAKERS・Tom Petty & The Heartbreakers (1976)
Tom Petty & The Heartbreakers ダウン・バイ・ザ・ジェティー
87 ドクター・フィールグッド/DR FEELGOOD・Down By The Jetty (1974)

86 アンダー・トーンズ/THE UNDERTONES・The Undertones (1979)
Undertones Elvis Presley
85 エルヴィス・プレスリー /ELVIS PRESLEY・Elvis Presley (1956)

84 トリッキー/TRICKY・Maxinquaye (1995)
Maxinquaye Little Feat
83 リトル・フィートLITTLE FEAT・Little Feat (1971)

82 ポップ・グループ/THE POP GROUP・最後の警告Y (1979)
Y(最後の警告) Ten
81 PEARL JAM・Ten (1991)

80 チープ・トリック/CHEAP TRICK・Cheap Trick (1977)
Cheap Trick ジャクソン・ブラウン・ファースト
79 JACKSON BROWNE・ジャクソン・ブラウン・ファーストJackson Browne (1972)

78 リバティーンズ/THE LIBERTINES・リバティーンズ宣言Up The Bracket (2002)
リバティーンズ宣言 Slim Shady
77 EMINEM・The Slim Shady LP (1999)

76 ガンズ・アンド・ローゼズ/GUNS N’ ROSES・Appetite For Destruction (1987)
Appetite for Destruction ラーズ(+8)
75 ラーズ/THE LA’S・The La’s (1990)

74 ケイト・ブッシュ/KATE BUSH・The Kick Inside (1978)
The Kick Inside Slanted & Enchanted Luxe & Reduxe
73 PAVEMENT・Slanted And Enchanted (1992)

72 ザ・ストロークス/THE STROKES・Is This It (2001)
Is This It ソングス・トゥ・リメンバー
71 スクリッティ・ポリッティ/SCRITTI POLITTI・Songs To Remember (1982)

70 JUDEE SILL・Judee Sill (1971)
ジュディ・シル Crocodiles
69 ECHO & THE BUNNYMEN・Crocodiles (1980)

68 バズコックス/BUZZCOCKS・Another Music In A Different Kitchen (1978)
Another Music in a Different Kitchen [Analog] Suicide (First Album)
67 SUICIDE・Suicide (1977)

66 ビースティ・ボーイズ/BEASTIE BOYS・Licensed To Ill (1986)
Licensed to Ill 若き魂の反逆児を求めて
65 デキシーズ・ミッドナイト・ランナーズ/DEXYS MIDNIGHT RUNNERS・Searching For The Young Soul Rebels (1980)

64 NEU!・Neu! (1972)
Neu Modern Dance
63 PERE UBU/The Modern Dance

62 THE ASSOCIATES The Affectionate Punch
Affectionate Punch by Universal I.S. 【並行輸入品】 レナード・コーエンの唄
61 LEONARD COHEN・レナード・コーエンの唄The Songs Of Leonard Cohen (1968)

60 リチャードヘル&ザ・ボイドイズ/RICHARD HELL & THE VOIDOIDS・Blank Generation
Blank Generation Boy
59 U2・Boy (1980)

58 TIM HARDIN・Tim Hardin 1 (1966)
1/2 Come on Pilgrim
57 ピクシーズ/PIXIES・Come On Pilgrim (1987)

56 ボブ・ディラン/BOB DYLAN・Bob Dylan (1962)
Bob Dylan New Boots & Panties by CODE 90 RECORDS UK 【並行輸入品】
55 イアン・デューリー/IAN DURY・New Boots & Panties!! (1977)

54 RANDY NEWMAN・Randy Newman (1968)
Randy Newman 3 Feet High & Rising
53 デ・ラ・ソウル/DE LA SOUL・3 Feet High And Rising (1989)

52 ABC・ルック・オブ・ラヴThe Lexicon Of Love (1982)
ルック・オブ・ラヴ Moby Grape: High Sign
51 モビー・グレープ/MOBY GRAPE・Moby Grape (1967)

50 ジーザス&メリーチェイン/THE JESUS AND MARY CHAIN・Psychocandy (1985)関連記事
サイコ・キャンディ サイコ・キラー’77
49 トーキング・ヘッズ/TALKING HEADS・77サイコ・キラー’77 (1977)

48 プリテンダーズ/THE PRETENDERS・Pretenders (1980)関連記事
Pretenders コンプトンの無法者たち
47 NWA・ コンプトンの無法者たちStraight Outta Compton(1989)

46 スリッッ/THE SLITS・Cut (1979)関連記事
カット グレース
45 JEFF BUCKLEY・Grace (1994)

44 オレンジ・ジュース/ORANGE JUICE・You Can’t Hide Your Love Forever (1982)
キャント・ハイド・ユア・ラヴ・フォーエヴァー 香港庭園(ホンコンガーデン)
43 スージー・アンド・ザ・バンシーズ/ SIOUXSIE AND THE BANSHEES・The Scream (1978)

42 ザ・モダン・ラヴァーズ/THE MODERN LOVERS・The Modern Lovers (1976)関連記事
Modern Lovers Yo Bum Rush the Show
41 パブリック・エナミー/PUBLIC ENEMY・Yo! Bum Rush The Show (1987)

40 WIRE・Pink Flag (1977)
Pink Flag Greetings From Asbury Park Nj
39 ブルース・スプリングスティーン/ BRUCE SPRINGSTEEN・Greetings From Asbury Park, NJ (1973)

38 CAPTAIN BEEFHEART AND HIS MAGIC BAND・セイフ・アズ・ミルクSafe As Milk (1967)
セイフ・アズ・ミルク リアル・ライフ
37 マガジン/MAGAZINE・Real Life (1978)

36 アークティック・モンキーズ/ARCTIC MONKEYS・Whatever People Say I Am, That’s What I’m Not (2006)
ホワットエヴァー・ピープル・セイ・アイ・アム、ザッツ・ホワット・アイム・ノット Black Sabbath
35 ブラック・サバス/BLACK SABBATH・Black Sabbath (1970)

34 スティーリー・ダン/STEELY DAN・Can’t Buy A Thrill (1972)
Can\'t Buy a Thrill Entertainment
33 GANG OF FOUR・Entertainment! (1979)

32 MC5・Kick Out The Jams (1969)
キック・アウト・ザ・ジャムズ My Aim Is True
31 エルビスコステロ/ELVIS COSTELLO・My Aim Is True (1977)関連記事

30 オアシス/OASIS・Definitely Maybe (1992)
Definitely Maybe ファイヴ・リーヴス・レフト
29 ニック・ドレイク/NICK DRAKE・Five Leaves Left (1969)

28 ドアーズ/THE DOORS・The Doors (1967)
Collection -Box Set (6cd) Isn\\\'t Anything
27 マイ・ブラッディ・ヴァレンタイン/MY BLOODY VALENTINE・Isn’t Anything (1988)

26 バッファロー・スプリングフィールド/BUFFALO SPRINGFIELD・Buffalo Springfield (1967)
Buffalo Springfield Freak Out
25 THE MOTHERS OF INVENTION・Freak Out! (1966)

24 ビッグ・スター/BIG STAR・#1 Record (1972)
#1 Record Gilded Palace of Sin / Burrito Deluxe
23 THE FLYING BURRITO BROTHERS・The Gilded Palace Of Sin (1969)

22 R.E.M.・Murmur (1983)
マーマー Smiths
21 スミス/THE SMITHS・The Smiths (1984)

20 ザ・スペシャルズ/THE SPECIALS・The Specials (1979)
Specials Never Mind the Bollocks (2012 Remaster)

19 THE SEX PISTOLS・Never Mind The Bollocks, Here’s The Sex Pistols (1977)

18 パティ・スミス/PATTI SMITH・Horses (1975)
ホーセス プリーズ・プリーズ・ミー
17 ビートルズ/THE BEATLES・Please Please Me (1963)

16 ニューヨーク・ドールズ/NEW YORK DOLLS・New York Dolls (1973)
ニューヨーク・ドールズ Rolling Stones
15 THE ROLLING STONES・The Rolling Stones (1964)

14 ピンクフロイド/PINK FLOYD・The Piper At The Gates Of Dawn (1967)
Piper at the Gates of Dawn ミスター・タンブリン・マン(紙ジャケット仕様)【2012年1月23日・再プレス盤】
13 バーズ/THE BYRDS・Mr Tambourine Man (1965)

12 ラモーンズ/RAMONES・Ramones (1976)
ラモーンズの激情 (紙ジャケットCD) マイ・ジェネレイション+12
11 THE WHO・My Generation (1965)

10 ザ・ストゥージズ/THE STOOGES・The Stooges (1969)
Stooges Roxy Music
9 ROXY MUSIC・Roxy Music (1972)

8 ジョイ・ディヴィジョン/JOY DIVISION・Unknown Pleasures (1979)
Unknown Pleasures Led Zeppelin 1 [DELUXE EDITION 2CD]
7 LED ZEPPELIN・Led Zeppelin (1969)

6 クラッシュ/THE CLASH・The Clash (1977)
白い暴動(紙ジャケット仕様) Music From Big Pink
5 ザ・バンド/THE BAND・Music From Big Pink (1968)

4 ザ・ストーン・ローゼズ/THE STONE ROSES・The Stone Roses (1989)
Stone Roses (20th Anniversary Special)
3 ザ・ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンス/THE JIMI HENDRIX EXPERIENCE・Are You Experienced (1967)
Are You Experienced?
2 テレヴィジョン/TELEVISION・Marquee Moon (1977)
マーキー・ムーン
1 ヴェルヴェット・アンダーグラウンド・アンド・ニコ/THE VELVET UNDERGROUND & NICO・The Velvet Underground & Nico (1967)
ヴェルヴェット・アンダーグラウンド・アンド・ニコ(45周年記念 ニュー・デラックス・エディション)

堂々の1位はヴェルヴェット・アンダーグラウンド・アンド・ニコでした。プロデュースもこなしたアンディウォーホルのジャケットも含めて確かに名盤です。
たった4日間で録音、3,000ドルに満たない予算で制作されたバナナ・アルバムです。


Andy Warhol, Self-Portrait, 1986 / Sharon Mollerus


Dressed in Black / Iburiedpaul


Lou Reed and Velvet Underground / -Jeffrey-

「R&Rってのはひどく見下されていて、とても大人のきく音楽じゃないとされていた。
俺はだからその中に大人の問題も加えようと思った。
ドラック、暴力、ニューヨーク、そういったことさ。
俺はまさしく正しい時期に正しい場所に居たと思うね。
ウォーホル人気とぶつかって。
何て運のいい設定だったろうと思うよ」
ルーリード名言
トランスフォーマー
引用:ロッキングオン1987.2




こちらと比較すると面白いですよ→ローリングストーン誌「歴代最高のデビュー・アルバム TOP100」ピストルズ7位

引用:uncut.co
引用:amass

▼PISTOLSは最高だけどそれ以外のバンドも探してみてください!DO IT YOURSELF!
にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村

| NEVER MIND WIKI | 21:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

クリエーション「ペインターマン」ピストルズカバー予定曲「何となく尻つぼみになってしまった」

We Are the Paintermen
Zipper1

ジョニーロットンが加入しバンドの方向性を模索している頃のピストルズのお話

ある日マネージャーのマルコムマクラーレンはセックスピストルズの為に1枚のレコードを差し出します。

イギリスのガレージバンド、クリエーションCreationの「ペインターマン/Painter Man」でした。
Creation-Painter Man

この曲は1967年発売され、イギリスチャート36位まで登っています。

マルコムはそのバンドのエピソードをメンバーに話しています。

「クリエーションはギタリストがソロを弾いてる最中、アクションペインティングをしてその絵に火をつける」

いかにもアートスクール出身のマルコムが興味を持つ内容です。

ピストルズのメンバーはそのレコードを聴き興味を示します。

しばらくは、その曲をやるつもりだったが何となく尻つぼみになってしまった」
グレン・マトロック
Glen_Matlock_face.jpg
引用オレはセックスピストルズだった




その後ボニーMがこの曲のニューバージョンをだし、グレンは採用しなくてよかったと語っています。

ピストルズバージョンの「ペインターマン」どんな感じになったんでしょうか。


▼Creation - Painter Man


▼ディスコ調のボニーMバージョン


▼PISTOLSは最高だけどそれ以外のバンドも探してみてください!DO IT YOURSELF!
にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村

| NEVER MIND WIKI | 21:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ジョンライドン、ドラマー・ロバートウイリアムズに告訴される!TV番組「Judy Judy」

Judge Judy is RiggedJudge Judy is Rigged / Robotclaw666
Zipper1

1997年ジョンライドン、裁判形式の昼間のTV番組「Judy Judy」に出演しています。

パンクの帝王だった男がこんな感じのバラエティーに出演し当時は衝撃だったんじゃないでしょうか。

番組の裁判官はジュディー・シェインドリン。世界高所得司会者2016・第4位、所得4,700万ドル(52億円)の人物です。

judge-judy / JSF539


1997年のソロアルバム「Pyscho's Path」をサポートして一緒にツアーをしたドラマーのロバートウイリアムズ/Robert Williamsは、ジョンライドンを契約違反と暴行で5,000ドルを訴えています。

普段インタヴューでもまくしたてるジョンライドンが裁判官に制止させられるシーンはなかなか見ることができないシーンではあります。

有名な裁判官ジュディー・シェインドリンに打ちのめされましたが、ウィリアムズの訴訟は完全に却下されため、ジョンライドンは勝訴しています。

茶番ですが。

Judge Judy & Painting / fandayou_0088


この時期からジョンライドンのコメディアン的活動が徐々に活発になっていきバターのCM出演するまでになっています。


「俺のレコードをリリースしようともしない、俺の活動に資金も出してくれない、文字通り完全に機能停止状態に陥ったから、業界の外で金を稼いでこなくちゃならなくなったんだ
ジョンライドン



▼こちらが問題の映像です



▼PISTOLSは最高だけどそれ以外のバンドも探してみてください!DO IT YOURSELF!
にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村

| NEVER MIND WIKI | 21:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT