NEVER MIND THE SEX PISTOLS

SEX PISTOLSの有益な情報をお届けいたします。 パンクというロックのカテゴリーのバンドです。 ANARCHY!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

グレンマトロックは「私のママのあだ名はミセス・セックス・ピストルズだったんだよ」

Glen MatlockGlen Matlock / Returning the Screw
Zipper1

グレンマトロックは「私のママのあだ名はミセス・セックス・ピストルズだったんだよ」とguardianインタヴューで告白しています。

グレンマトロックが幼少の頃ロンドン中心のパディントンに住んでいました。

Paddington / c0t0d0s0


ピストルズ時代ジョニーロットンに中産階級のお坊ちゃんと攻撃されていたグレン・マトロックですが、本人いわく「あまり裕福な家庭ではなかった」ようです。

グレンの父親はRAFナショナルサービス、ロールスロイス工場でファントムの組み立て、黒いタクシーの運転手などをしていたようです。

母親はパウダーパフ工場で働いていました。「私は神経質なのよね」と内向的な性格の女性で、ひどい子宮摘出術を受けていました。
その為かグレンマトロックは一人っ子です。


「セックス・ピストルズがビル・グランディのテレビに出演した翌日、ママは工場で働いていたんだけど、彼女はミセス・セックス・ピストルズと呼ばれたんだ。
母はそのことを父に伝え、それから父とは1年間も話をしなかったのさ」
グレン・マトロック
glensexybeast.jpg


スキャンダラスな話題を振りまいたセックスピストルズ。イギリス全土からパッシングを受けてます。

メンバーのみならずその家族も大変だったようです。

ソース:theguardian



▼PISTOLSは最高だけどそれ以外のバンドも探してみてください!DO IT YOURSELF!
にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村

| Glen Matlock | 21:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

グレンマトロック「忙しい少年」宣言2017サマーツアー

2017年5月グレンマトロックのジャパンツアーも終った直後7月7日にはライヴを行うと発表され驚かされました。

相変わらず活発だなーと思っていましたら更にツアーの発表です。

しばらく数ヶ月間は忙しい少年になるよ - come on down...
グレンマトロック


とのコメントと共に2017年サマーツアー告知が出されています。

glenmatlock-summer-tour.jpg
グレンマトロックツイッターより転載

グレンマトロック、80年代全く売れずイギーポップとの仕事ぐらいで、エックス・ピストルズ(ピストルズのパロディーバンド)でベースを弾いていたなどあまりいい噂は入ってきませんでした。

完全に「あの人は今」状態でした。セックスピストルズ再結成で再度スポットが当たりクリエーションからソロが発表。

活動がこのあたりから活発になっています。現在、創作活動の第2のピークが来ているかのようです。

グレン・マトロック・サマーツアー。

熱い夏になりそうです。

イギリスには観に行けませんが。

▼PISTOLSは最高だけどそれ以外のバンドも探してみてください!DO IT YOURSELF!
にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村

| Glen Matlock | 21:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

グレンマトロックwith All Star bandイギリス100クラブでライヴ

興奮が冷めやらないグレンマトロックのジャパンツアーでしたがもうイギリスでライブです。

2017年7月7日、場所はピストルズ思い出の地100クラブ。

グレンマトロック・ウイズ・オールスターバンドとしてのライヴです。

glen_m_all_star.jpg

グレンマトロック、相変わらずコンスタントに仕事をしてます。

GlenMatlock to play 100 Club with All Star band 7th July in aid of Crohn's & Colitis UK.

追記
GLEN MATLOCK & his All Star Band ft. Neal X (Sigue Sigue Sputnik) + Chris Musto Drums (Johnny Thunders, Philistines)

第2のピストルズと騒がれたジグ・ジグ・スパトニックのニールXも参加する模様です。
siguesiguesputnik.jpg


▼PISTOLSは最高だけどそれ以外のバンドも探してみてください!DO IT YOURSELF!
にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村

| Glen Matlock | 23:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

グレンマトロック「シドにベースを教えてもいいよ」

Better
Zipper1


本日シドヴィシャスの誕生日です。

生きていれば60歳!どんなジジイになっていたんでしょうか。
[NextBlue] 大人の ハッピーバースデイ 誕生日 アルミ バルーン 飾り シャンペンボトル グラス ケーキ ハート 風船


またグレンマトロックはジャパンツアーで本日六本木VARITでライヴです。

セックスピストルズのベーシスト、グレンマトロックの後任だったシドヴィシャス。2人のエピソードです。

ジョニーロットンと険悪な状態になりバンドのミーティングで撤回できないことをすべてぶちまけたグレンマトロック。

その後マネージャーのマルコムマクラーレンはグレンに
「バンドはシドと練習を始めた」
と伝えます。

この時点でグレンはリッチキッズを立ち上げていますが全く先が見えていない状態でした。

この返答がグレンマトロックの人柄を表しています。

「もし、連中が望むなら、シドにベースを教えてもいいよ、俺は気にしないよ」
グレン・マトロック
Glen_Matlock_face.jpg



この後シドとグレンはロキシーでばったり出くわしています。

「ベースはどうだい、うまくやれてるかい?」

「調子悪いよ」
SID-vicious-face.jpg

「だったら教えてやってもいいぜ」

「ほんとかい」

「ほんとだとも」

「お前の代わりにオレが入ったのに、怒ってないのか?」

「別に何とも思っちゃいないよ」

グレンはなんかあったら電話をくれといいましたが結局シドから電話は来なかったとのこと。

その後もグレン・マトロックシドのバックもThe Vicious White Kidsとして務めたりしています。

Live at the Electric Ballro


MRいい人グレン・マトロックです



引用:オレはセックスピストルズだった



▼グレンもシドもは最高だけどそれ以外のバンドも探してみてください!DO IT YOURSELF!
にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村

| Glen Matlock | 22:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

グレンマトロック来日神戸078「Daytime ROCK MUSIC」みなとのもり公園野外ステージ2017

GLEN-078kobe.jpg
Zipper1

5月6日(土)神戸078「Daytime ROCK MUSIC」みなとのもり公園野外ステージ。

神戸078その2
078time.jpg

THE TOMBOYSの後にこいちのステージ。

そしていよいよ14時からグレンマトロックの登場です。

前回の来日時もバックを務めたギタリストの鈴木さんがセッティング中、グレンがステージに。

客席が盛り上がるも時計を指さしまだ早いよとジェスチャーをし退場。

14時過ぎグレン・マトロック「コニチハー」とカタコトの日本語で登場。
glen-matlock-078kobe.jpg

(後日セットリストアップします)

THE TOMBOYSがステージに呼ばれます。
tomboys-glen.jpg

ピストルズのレパートリーだったモンキーズカバー「Steppin' Stone」。THE TOMBOYSがコーラス参加です。

必ず演奏すると予想された「Pretty Vacant」でたたみかけます。

会場全体が「Pretty Vacant」の大合唱で終了。

グレンマトロック、TOMBOYSのメンバーが落としていった帽子をみつけ、かぶってそのまま退場。
glen-cap.jpg

30分のステージでピストルズ、ソロとまんべんなく網羅した選曲でした。

この後、ZIGGY、WAVERが登場。どちらも演奏抜群の安定感です。

今回天候が心配されましたが途中雨も降りましたが無事終わりました。



この後オフステージでグレンマトロックに直接お会いでき、記念写真をとってもらいました。
back-stage-078.jpg

一番うれしかったのがこのブログをスマホで紹介できたことです。

「オー、セックスピストルズ・・・」とのコメントを頂いてます。

「NEVER MIND THE SEX PISTOLS」もうすぐ5年になります。紆余曲折ありましたが弱小のピストルズのファンサイトをやりつづけピストルズのメンバーの1人にその存在を知っていただけたのはうれしいことです。

ザ・ローリング・ストーンズと共演した布袋寅泰氏のコメント

昨今のザ・ローリング・ストーンズと一緒にステージでプレイできるなんて、ミュージシャンとしてこれ以上の幸せはない。
いまだに夢の中にいるようだ。この至福の夢をかなえてくれたストーンズの皆さんに心から感謝している。
この日のことは一生忘れません
布袋寅泰


規模こそ全然違いますが布袋さんの気持ちが少しわかります。




▼グレンマトロックは最高だけどそれ以外のバンドも探してみてください!DO IT YOURSELF!
にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブロ

| Glen Matlock | 22:05 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT